The Motley Fool

カナダから見て魅力的な不動産投資3銘柄

モトリーフール・カナダ支局、2019年6月7日投稿記事より

カナダでも不動産は最も人気のある代替資産の一つです。

しかし、誰もが住居用または商業用不動産を直接購入して、管理するための時間、専門知識、資金を持っているわけではありません。

不動産に投資するためのよい方法は、そのような資産に特化したREIT(不動産投資信託)や株を所有することです。

それでは、不動産投資において、魅力的な3つの銘柄を見てみましょう。

Brookfield Property Partners

世界的に幅広く不動産を所有・管理するBrookfield Property Partners(TSX:BPY.UN)(NASDAQ:BPY)は、Brookfield Asset Managementの不動産部門です。

当社は、ホテル、オフィスビル、学生寮、倉庫、工場など、多くの分野をカバーしています。

米国ナスダックにも上場しており、本拠はバミューダにあります。

株の配当利回りは現在5%で、不動産投資としてはかなり良いリターンでしょう。

RioCan REIT

RioCan REIT(TSX:REI.UN、以下「RioCan」)は、カナダ最大のショッピングモールの所有者として知られています。

同社のテナントの中には、オンラインショッピングの時代に生き残るために実店舗の削減を進めている会社があり、近年、2、3の有名テナントが姿を消しました。

しかし、全体としてRioCanは安定したテナントのポートフォリオを持ち、総収入の5%以上を占める大口顧客は1社もありません。

同社は、非中核物件のうち20億カナダドル分を売却しようとしています。

その売却益は、バランスシートの強化、投資持分の買い戻し、および小売スペースと住宅スペースを組み合わせた複合施設開発に使用される予定です。

当REITの年間分配金利回りは5.4%です。

Colliers International Group

Colliers International Group(TSX:CIGI、以下「Colliers」)はカナダ最大のグローバル商業不動産会社であり、最近カナダのトップ100社のうちの1つとして名前を挙げられました。

当社は、企業や投資家があらゆる種類の商業用不動産を売買、リース、管理するのを支援します。

Colliersはまた、昨年ハリソン・ストリートの買収により投資運用セグメントに参入しました。

それは、将来的に力強い利益成長につながるはずです。

2019年第1四半期の売上高は堅調で、前年同期の5億5200万カナダドルに対し、6億3500万カナダドルでした。

調整後1株当たり利益は、13%増の0.51カナダドルでした。

株価は2018年の高値108カナダドルから現在90カナダドル前後に下落しています。配当利回りは0.15%です。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

モトリーフール社は、Brookfield Asset Management株とColliers International Group株を保有しています。元記事の筆者Andrew Walkerは、記事で言及されている株式を保有していません。ストック・アドバイザー・カナダでは、Brookfield Property Partners株とColliers株を推奨しています。

最新記事