The Motley Fool

カナダREITで欧州投資

モトリーフール・カナダ支局、2019年6月7日投稿記事より

カナダの多くの投資家は、不労所得手段として賃貸用不動産への投資を考えています。

賃貸用不動産を所有することは、テナント収入、税額控除などのメリットがあります。

しかし、それには多くの面倒な仕事が待っています。高額なメンテナンス費用、テナントのクレーム対応、空室リスクなどです。

そのような問題を心配せずに不動産に投資する簡単な方法は、質の高いREITを購入することです。

中でも、カナダ国外の不動産が含まれているDream Global REIT(TSX:DGR.UN、以下「Dream Global」)が注目されます。

国際的な分散投資

カナダの株式市場は世界の株式市場のほんの一部に過ぎず、S&P / TSX総合指数の半分以上は、金融およびエネルギー部門が占めています。

しかし、Dream Globalは、高品質の西ヨーロッパのオフィスへの投資を可能にします。

同REITは、ベルギー、オランダ、オーストリア、ドイツにまたがる216の不動産を所有し、そのうちの94%がオフィス用不動産で構成されており、総賃貸可能面積は180万平方メートルにのぼります。

Dream Globalの2019年第1四半期の決算は堅調でした。

稼働率は91.7%で、前年同期を2.3パーセントポイントも上回りました。

EBITDA(支払い利息・税金・償却控除前利益)は前年同期比2%増の6,060万カナダドルとなりました。

特筆すべきは純利益の2億8,100万カナダドルで、前年同期の2.7倍となりました。

同REITのこの堅調な業績は、高い稼働率、高いリース料金、および付加価値の高いプロジェクト組入れに起因するとみられます。

その強固な財務力を反映して、負債比率は39%、インタレスト・カバレッジ・レシオ(※)は5.1倍となりました。

(※)((営業利益 + 金融収益)÷ 支払利息)のこと。

Dream Globalをポートフォリオに加える主な理由は、その事業が西ヨーロッパと同地域の最大の経済国であるドイツに集中しており、ポートフォリオと北米金融市場との相関を減らしながら国際的な分散をもたらすためです。

魅力的な投資対象

同REITのさらなる魅力は、純資産価値(以下「NAV」)が1投資口当たり16.36カナダドルにもかかわらず、17%のディスカウントで取引されているということです。

NAV以下で取引されている高品質のREITはめったにないため、同REITが急上昇する前に購入すべきとの見方があります。

Dream Globalは1投資口当たり0.07カナダドルの定期的な分配金を支払っています。

これは1年間当たり0.80カナダドルとなり、同REITに6%の利回りをもたらします。

さらに重要なのは、資産を増やそうとしている長期投資家のために、Dream Globalには分配金を受け取らずに再投資できるオプションがあります。

再投資した場合、現金分配金の4%相当をボーナスとして得ることができます。

これにより、投資家は複利の力を利用して投資持分の成長を加速させ、より良いリターンを得ることができると考えられます。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Matt Smithは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール・カナダは、Dream Globalを推奨しています。

最新記事