The Motley Fool

投資初心者でも始められるJ-REITとは?不動産投資信託の特徴を解説

投資に興味を持って色々と勉強しても、実際にやってみようとするのは勇気が必要になります。

株式や債券、FXと投信運用は幾つも方法があり、どれから始めるべきなのか迷ってしまいます。

そんな投資初心者にこそおすすめなのがJ-REITです。

J-REITは不動産投資と投資信託を合わせた投資運用になり、投資初心者にとって始めやすい投信運用になります。

そこで今回は、J-REITの特徴やメリット、注意点などを解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

J-REITとは

J-REITとは、多くの投資家が出した資金でマンションや商業施設などの不動産を購入し、賃貸収入や売買益を分配する投資方法になります。

つまり、不動産で行う投資信託になります。

元々はアメリカでスタートした投資方法で、J-REITのREITとは「Real Estate Investment Trust」の略称になります。

日本語に訳すると、不動産投資信託とそのままの意味となり、頭文字のJはJapan(日本)を意味しています。

分類としては投資信託になりますが、証券取引所に上場しているため、普通の株式と同様に証券会社を通じて売買ができます。

J-REITの特徴

J-REITの仕組み

J-REITは法律に基づき、不動産投資法人として登録されています。

つまり、一般的な会社と同じなのです。

株式会社なら株式を発行しますが、J-REITの場合は投資証券を発行し、投資家は投資証券を売買します。

投資証券を保有し続けていれば、J-REITは預かった資金を元手に不動産投資を行い、物件の賃貸収入や売買の収益を投資家に還元します。

株式でいう所の配当金に当たります。

つまり、不動産投資における不動産の選定や賃貸契約の締結、不動産の価値を高める修繕などの面倒な作業は、J-REITが肩代わりしている事になります。

投資家はJ-REITに投資するだけで、分配金を受け取ったり、あるいは投資証券の売買で利益を手に入れる事が出来ます。

J-REITの価格と分配金

J-REITの価格は、証券取引所に上場しているため、投資家の需要と供給によって決まります。

そのため、投資家の注目を浴びたり人気が出れば高くなり、人気が下がれば価格も下がります。

J-REIT事に違いますが、基本的に分配金は年2回支払われます。

一般的な株式会社の場合、得た所得に対して法人税が発生し、必要経費や内部保留を差し引いた残りが配当金となります。

しかし、J-REITの場合は収益の90%以上を分配するなどの条件を満たすと、法人税が発生しません。

そのため、得た収益がそのまま分配金となるため、一般的な株式に比べて、投資家に分配金が発生しやすい安定した投信運用方法と言えます。

J-REITのメリット

J-REITは不動産と投資信託の2つを掛け合わせた投信運用です。

そのため、それぞれのメリットが合わさっています。

少額からスタートできる

不動産を購入しようとすると、場所にもよりますが1000万円以上必要になる場合もあります。

投資初心者にとって、それだけの資産を費やすのは抵抗があります。

ですが、J-REITは投資信託のため、少ない資産からでもスタートできます。

分散投資がしやすい投資信託

投資の鉄則として、資産を1つの投資先に費やさないという物があります。

1カ所に集中させて価格が上昇すれば大きな儲けも手に入りますが、反対に価格が下がれば損失となってしまいます。

そこで重要なのが複数の投資先を選ぶ、分散投資になります。

分散投資なら、どこか1つが下落しても、他の投資先でカバーできます。

ただ、分散投資は複数の運用先の選定や手続き、資産などが必要になってきます。

個人の投資家が行うのは現実的に難しいです。

しかし、J-REITだと個人では難しい分散投資が可能になります。

リスクを軽減したい方におすすめです。

不動産に対する知識を持った専門家が売買する

不動産投資の難しいポイントは、儲かる不動産を売買するためには、情報と経験と人脈が必要になる点です。

一般人が不動産投資に乗り出しても、失敗するケースが多いのは、これらが不足しているからです。

J-REITなら、不動産投資に詳しいプロが運用をします。

確かな知識と経験を持ったプロが、物件の維持や入居者の募集などを行うため、安心して任せられます。

換金性・流動性が高い

J-REITは証券取引所に上場しているのが大きな強みです。

不動産は、株式や債券に比べれば流動性が低く、売買の価格も分かりにくいです。

そのため、不動産投資を行うファンドはクローズドエンド型と呼ばれる仕組みを用います。

クローズドエンド型は中途解約できない投資信託などですが、J-REITの発光する投資証券もこれに含まれています。

しかし、J-REITは証券取引所に上場する事で発行した投資証券を売買しやすくしています。

投資証券自体は中途解約できませんが、投資証券自体を売り買いできるため、クローズドエンド型なのに換金性・流動性が高く、いつでも現金に変える事ができます。

分配金が発生しやすい

上記でも触れましたが、J-REITは収益の大半を投資家に分配する仕組みになっています。

そのため、保有しているだけでも一定の分配金を貰えます。

J-REITの注意点

複数のメリットを持つ一方で、J-REITには注意点もあります。

経済に影響される

J-REITは不動産投資と証券投資の2つを合わせた投資方法になります。

そのため、不動産市場が下落すれば分配金が減り、経済全体が不調だと価格が下落する可能性があります。

元本保証はされていない

J-REITは流動性の高い商品のため、購入した時点の元本は保証されていません。

上記のような状況に陥れば、価格が下落し、購入した時の金額を下回る可能性は十分あり得ます。

不動産の価値が下落する災害や事故などがある

不動産投資において注意すべきなのが、予測できない地震や災害、偶発的に起きた火災です。

これらの事態によって、J-REITが保有する不動産に大きなダメージがあれば、分配金が著しく減る場合はあります。

J-REITの上場廃止や倒産

J-REITは法人会社になるため、経営状況によっては倒産する場合があります。

あるいは上場基準を下回れば、上場廃止になるかもしれません。

その場合は、保有しているJ-REITの投資証券の価値は下がってしまいます。

まとめ

以上が、J-REITの解説になります。

J-REITは普通の株式と同じ方法で購入でき、投資信託のように保有していれば分配金が発生します。

投資を始めたばかりの初心者でも扱いやすい投信運用といえます。今回の記事を読んで、投資への興味が深まれば幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事