The Motley Fool

アルファベット傘下のウェイモ、日産・ルノーと自動運転車開発で提携

モトリーフール米国本社、2019年6月20日投稿記事より

アルファベット(NASDAQ:GOOG) (NASDAQ:GOOGL)の自動運転車開発会社ウェイモは、日産自動車(NASDAQOTH:NSANY)およびルノー(NASDAQOTH:RNSDF)と自動運転車および関連ビジネスの開発で提携することになりました。

20日木曜に発表されたリリースによれば、グーグル傘下で自動運転車開発をリードするウェイモは、日産・ルノー連合と独占契約を結び、まず日本とフランスで自動運転タクシーや自動配達など自動運転技術を活用した幅広い可能性を探ります。

3社によれば、今回の提携は長期的なパートナーシップの第一歩です。

期間限定ですが、日産・ルノー連合は、日本とフランスにおいてウェイモの自動運転技術を独占的に使えるようになります。

今後は、中国を除く海外でもウェイモの技術を使った事業を検討する可能性があります。

アルファベット(Google)子会社のウェイモは自動運転技術で他社よりリードしている

ウェイモの提携拡大

ウェイモは、既に自動車関連会社数社と提携しており、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(NYSE:FCAU)、ジャガー・ランドローバー、ライドシェアリング(配車サービス)のリフト(NASDAQ:LYFT)、中古車大手のオートネーション(NYSE:AN)が含まれます。

しかし、今回の提携は初めて米国外での自動運転技術活用にフォーカスしたものとなります。

日産・ルノー連合にとっての今回の提携

今後数十年にわたり、電気自動車と自動運転システムが自動車業界の様相を一変させるとみられており、主要自動車企業は独自開発や外部提携を進めています。

日産・ルノー連合には電気自動車開発の蓄積があります。

日産のリーフとルノーのゾエは、ここ数年世界で最も売れている電気自動車です。

しかし、同連合には強力な自動運転車開発計画がなく、方策を模索していました。このため、今回の提携により、自動運転車分野においても前進することになります。

なお、日産・ルノーは最先端の自動運転技術にアクセスできるようになるものの、ウェイモは今後重要な「移動のサービス化」関連データをすべて管理するとみられます。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者John Rosevearは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)を保有し、そして推奨しています。

最新記事