MENU

ETFを選択するための5つの簡単なステップ

モトリーフール ・シンガポール支局、2018年9月19日投稿記事より

膨大なETFの選択肢から、どうすれば自分に一番合ったETFを選べるのでしょうか?この記事では、最良のETFを選択するための5つの簡単なステップを紹介します。

 1.ETFの種類

 まず、投資するETFの種類を選択しなければなりません。ポートフォリオを世界中の企業の配当株で占めたいですか?あるいは、地元の大企業を保有したいですか?あなたの投資に対する考え方によって、どのようなETFを選択すべきか決まります。

2.エクスペンスレシオ

エクスペンスレシオは、投資家がETFの運用やその他の経費で支払う費用のことです。これには、経営、コンプライアンス、分配、管理、およびその他の関連費用などが含まれます。 

ETFは、運用しやすく並程度のパフォーマンスを目指すパッシブ運用であり、通常、投資信託よりも手数料が低く、魅力的です。ウォーレン・バフェットは、コストを理由にヘッジファンドに資金を投入するのではなく、低コストのインデックスファンドに投資することを推奨しています。

3.トラッキングエラー

トラッキングエラーは、ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの乖離の大きさを示す指標です。トラッキングエラーはさまざまな理由で発生します。例えば、ETFには有価証券の売買費用がかかってくるため、ETFのパフォーマンスに影響します。また、受け取りが決まっていますが、まだ投資家に分配されていない配当もトラッキングエラーを引き起こす原因にもなります。

ETFの対象指標やそのリターンが可能な限り正しい数値で測れるよう、我々はトラッキングエラーが低いETFを選択すべきです。

トラッキングエラーは、ETFの目論見書またはファクトシートに記載されています。

4.流動性と幅

ETFには、価格と流動性が確実に提供されるために裁定取引を絶え間なく行うマーケットメーカーという機関が存在します。しかし、マーケットメーカーがETFの価格を送り続けることができない場合があります。その場合、買い手や売り手は、ETFを手頃な価格で即座に売買することができない可能性があります。

ETFに投資する際は、十分に流動性があることを確認する必要があります。

5.シンプルが一番

最もシンプルなETFは、インデックスの構成要素に投資することによって対象指標を直接複製するものです。複製の方法は、ETFの目論見書に記載されています。

派生商品を利用して対象指標のリターンを拡大することにより、レバレッジを提供するETFがいくつかあります。例えば、インデックスの3倍のリターンを約束するETFもあります。よく聞こえるかもしれませんが、このようなETFは、下落した際にかなりのロスを受ける可能性もあり、リスクが高く長期投資として適しません。「ウルトラ」という言葉が付いたETFは通常、レバレッジETFを指します。

シンプルなETFに投資することが長期的に富を構築していくために最適な手段です。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事