The Motley Fool

投資信託の説明書、「目論見書」とは?投資信託をはじめる前に知っておきたいこと

投資をはじめるにあたり、まず気になる存在が「目論見書」ではないでしょうか。

初心者が目論見書を読んでみても内容が難しく、理解しにくい文書ではあります。

しかし、これから投資をしていくうえで、欠かせないもののひとつなのです。

今回は、そもそも目論見書とは何なのか、なぜ必要なのか、どこに注目して読めば良いのかを解説していきます。

目論見書が読めるようになると、投資信託(ファンド)の中身がわかるようになり、今後の自分自身の投資目的に合うかどうかが判断できるようになります。

この機会にぜひマスターしましょう。

目論見書とは

目論見書とは、「もくろみしょ」と読み、ファンドを購入する際に必ず交付される文書です。

目論見書には、ファンドをわかりやすく解説している説明書のような存在で、いくつかチェックしておきたいポイントが書かれています。

また、目論見書には「交付目論見書」と「請求目論見書」の2種類があります。

まずは2つの目論見書の違いについて理解しておきましょう。

交付目論見書と請求目論見書の違い

交付目論見書には、ファンドの目的や特色、リスク、運用実績、投資対象、手数料などがわかりやすくコンパクトに記載されています。

ファンドを購入する際には、投資家へ交付することが法律によって義務付けられています。

目論見書は、記載されている項目がすべて統一されているため、どの目論見書であっても、一度内容が理解できれば他の目論見書もスラスラと読めるようになります。

一方の請求目論見書は、投資家から請求があった場合に交付しなければならない文書です。

交付目論見書よりさらに詳細な情報が書かれており、ファンドの沿革や経理状況が記載されています。

気になるファンドがあれば、より詳細な情報を入手するために、証券会社や郵便局などの販売会社に請求してみましょう。

ここから先は、交付目論見書について解説していきます。

目論見書はなぜ必要なのか

目論見書には、前述の通りファンドの目的や特色、リスク、運用実績、投資対象、手数料などが記載されています。

その情報に基づいて、投資家がそのファンドの購入の可否を判断します。

万一、目論見書にウソの表示があったり、重要な事実の表示を記載がなかったりした場合、投資家がそれらを知らずにファンドを購入して損害を被ると、発行者や販売会社は損害賠償責任を負うことになります。

そのため、目論見書は、金融商品取引法によって交付が義務付けられています。

このように、目論見書はとても重要な文書ですので、ファンドを購入する場合は目論見書をよく読むようにしましょう。

とはいえ、初めて読む目論見書は、どこに注目して読むべきなのかわらないと思いますので、目論見書の読み方について詳しく解説していきます。

目論見書の読み方

買いたいファンドを見分けるために、目論見書は必ずチェックしておきましょう。目論見書には、次のような情報が記載されています。

  • ファンドの目的・特色
  • 投資のリスク
  • 運用実績
  • 手続・手数料等

ファンドの目的・特色

ファンドの目的は、主要投資対象と、目指している投資成果の目標が書かれています。

特に1ページ目には「何に投資をするファンドなのか」という投資対象とするファンド名が書かれていますので必ずチェックしておきましょう。

また、その投資対象の投資比率も「国内株式が25%」「国内債券が20%」という基本の割合が表で記載されています。

ただ、なかには投資比率が記載されていない目論見書があります。その場合は、運用会社が報告している月次レポートで比率をチェックしておきましょう。

さらに、ファンドの仕組みが記載されています。

ファンドはファミリーファンド方式で運用されている場合、そのファンド同士の関係も記載されています。

ファミリーファンド方式とは、投資家からの資金をまとめてベビーファンドとし、大元であるマザーファンドに投資して実質的な運用をマザーファンドでおこなう仕組みです。

これらは、図解で初心者にもわかりやすく記載されていますのでしっかりチェックしておきましょう。

投資信託のファミリーファンドとは?ファンドオブファンズとの違いも解説

投資のリスク

ファンドは預貯金とは異なり、元本保証や利回りの保証はありません。

そのため、目論見書で投資のリスクについて必ずチェックしておきましょう。

株式なら株式投資リスク、外貨建て資産には為替変動リスク、カントリーリスクなどの主な変動要因が詳しく書かれています。

その他にも、債券の発行元が財政難や資金繰り悪化等の理由により、債券の価格が下落する信用リスクや、市場に十分な需要と供給がない場合に取引がおこなえなくなる流動性リスクなどもありますので、忘れずに目を通しておきましょう。

運用実績

目論見書に記載されている運用実績は過去の実績です。

ファンドを購入する際には最新の実績をチェックするべきですが、目論見書の基準価格や純資産の推移、年間収益率の推移なども参考になるため、よく目を通しておきましょう。

また、運用実績の後半には、マザーファンドの状況も詳しく書かれています。

たとえば、国内株式や外国株式の組入上位銘柄がわかりますので、「この企業にも投資しているのか」などと興味深く読むことができるでしょう。

手続・手数料

運用にかかるコストもチェックは必須です。

投資者が直接的に負担するファンドの「購入時手数料」換金時にかかる「換金時手数料」が書かれています。

また、投資者が信託財産で間接的に負担する費用として、運用管理費用や監査費用、その他手数料の内訳が記載されています。

その他にも、分配時の税金や換金および解約、償還時には、どれだけの税金がかかるのかということも記載されています。

目論見書はどこから入手できる?

目論見書は、ファンドを販売している販売会社である証券会社や郵便局などの店舗の他、ネット証券会社なら、ホームページから閲覧またはダウンロードが可能です。

また、購入したいファンドが、どこで販売されているのかがわからないときは、一般社団法人投資信託協会の「投信総合検索ライブラリー」から検索して閲覧またはダウンロードが可能です。

目論見書は、手数料や投資比率などの記載内容に変更があれば、その都度新しいものに更新されます。

ほとんどの目論見書の表紙には、「使用開始日」が記載されています。その日付が更新されていれば、新しいものに目を通しておきましょう。

まとめ

目論見書とはいったい何なのか、なぜ必要なのか、どこに注目して読めば良いのかを解説してきました。

最初は難しいと思っていた目論見書も、数種類読めば注目するべきポイントがわかってきます。

それぞれのファンドの性質を知ると、今度は自分自身の投資目的にあうかどうかがわかります。

これから投資信託を購入したいなら、目論見書を読み解く力は、今後必ず役に立つでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事