The Motley Fool

【米国株動向】アドビ、コンセンサス上回る決算で株価は史上最高値更新

モトリーフール米国本社、2019年6月18日投稿記事より

画像編集ソフト大手のアドビシステムズ(NASDAQ:ADBE)の第2四半期(3月~5月)決算は、アナリストのコンセンサス予想を上回る増収決算となりました。

製品ポートフォリオの拡大が業績を後押ししました。

18日火曜夕方に発表された決算を受け、株価は19日に5.2%上昇し、史上最高値を更新しました。

第2四半期決算の概要

財務指標 2019年度第2四半期

(3月~5月)

2018年度第2四半期 前年同期比
売上高 27億4,400万ドル 21億9,500万ドル 25%
GAAPベースの純利益 6億3,260万ドル 6億6,320万ドル -4.6%
GAAPベースの希薄化後1株当たり利益 1.29ドル 1.33ドル -3%

出典:アドビシステムズ。GAAP(米国一般会計原則)

・買収コストなどを除く調整後(非GAAP)ベースでは、純利益は9億ドル、1株当たり利益は1.83ドルでした。

・画像編集ソフトなど主力のデジタルメディア部門の売上は前年同期比22%増の18億9,000万ドルで、会社予想の20%増を上回りました。

・マーケティング支援ソフトなどのデジタルエクスペリエンス部門の売上は34%増の7億8,400万ドルで、会社予想の32%増を上回りました。

・営業キャッシュフローは11億1,000万ドルで、250万株を6億5,900万ドルで買い戻しました。

今後の見通し

決算に関する電話会議で、アドビCEOのシャンタヌ・ナラヤンは「2019年度上期の勢いが下期以降も続くと予想している」と述べました。

第3四半期(6月~8月)の見通しについては、売上高が28億ドルで、デジタルメディア部門売上の20%増、デジタルエクスペリエンス部門売上の34%増を見込んでいます。

調整後1株当たり利益は1.95ドルと予想しています。

なお、アナリスト予想は、売上高が28億3,000万ドル、調整後1株当たり利益が2.05ドルです。

2019年度の通期予想は変更しておらず、引き続き売上高は111億5,000万ドル、調整後1株当たり利益7.80ドルです。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Steve Symingtonは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、アドビシステムズを推奨しています。

最新記事