The Motley Fool

モトリーフールからのお知らせ

モトリーフール米国本社、2019年6月12日投稿記事より

私たちは1990年代に米国でモトリーフールのオンラインサービスを開始し、当時最大の個人投資家コミュニティを立ち上げました。

当時、私たちはユニークな社名(モトリーフールとは「宮廷の道化師」のこと)と高貴なミッションを掲げました。「賢く、楽しみながら、お金を稼ごう!」と。

モトリーフールは社会的使命を重んじる企業です。ちなみにグーグルやサウスウエスト航空も社会的使命を重んじる企業です。

およそ8年前、私たちはミッションを再検討し、慎重に見直した結果、「世界の個人投資家のお手伝いをして、世界をよりよくしていく」と変更しました。

当時、このミッションは腑に落ちるもので、大いに役立ちました。

しかし、2018年までにモトリーフールも大きくなり、新規事業も増え、より幅広いミッションの必要性が出てきました。

そのため、モトリーフールが設立されてから25年以上経ったことで、私たちのルーツに立ち返り、そしてミッションを再検討しました。

その結果、モトリーフールの新たなミッション・ステートメントを作成しました。

それは、「世界をよりスマートに、より幸せに、そしてより豊かにする」です。

多くの企業は、よりスマートに、より幸せに、より豊かに、のいずれかをミッションに掲げていますが、モトリーフールでは3つすべてを追求します。

よりスマートに:長期投資の知見を分かりやすい言葉で広めることにより、長い目で見てスマートと言えるような投資を後押しします。

より幸せに:共に投資を学んでいく人々のコミュニティを支え、そして前向きな見方で皆さんを後押します。

より豊かに:投資を通してビジネスや社会を学ぶことで、人々がより豊かな人生を送れるようにお手伝いしていきます。

モトリーフールでは3つすべてを追求します。

今後、新たなミッションが、モトリーフールの会員への対応、投資コミュニティの構築・維持、そして世界に貢献できるかを見ていきます。

これからもモトリーフールにご期待ください。

トム・ガードナー、デイビッド・ガードナー

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。モトリーフール社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、アマゾン株、サウスウエスト航空株を保有し、そして推奨しています。

最新記事