The Motley Fool

自分に合った優良株を見つけるための7つの主要原則

モトリーフール米国本社、2013年11月24日投稿記事より

モトリーフールの共同設立者であるデイビッド・ガードナーは過去10年以上、大化けした株式を含む数多くの素晴らしい銘柄選びの実績を持っています。私は10年以上にわたり彼の選んできた銘柄を追跡し、元の投資額の10倍以上になる株を見つけるための7つの重要な原則を発見しました。

2002年以来、デイビッドは兄弟のトムと一緒に、ストック・アドバイザー・ニュースレターの共同顧問を務めてきました。また、2004年以来、デイビッドはルール・ブレイカー・ニュースレターの顧問を務めてきました。過去5年間で、両方のニュースレターが推奨する株式は、株式市場の2倍の収益を叩き出しました。

成功への鍵:大化け株

デイビッドの素晴らしいパフォーマンスの理由は、10年で9つの大化け株を発見つけたからです。彼は、これらの大化け株をどのようにして見つけたのでしょう?

デイビッドの大化け株の推奨記事を詳しく調べてみることにしました。我々は株の推奨記事をすべて記録しているので、2002年以降の有料のニュースレター開始後、デイビッドの推奨記事すべてにアクセスしてみました。

大化け株を見つけるための7つの原則

そして、結果的に私は、あなたの投資に大きな利益をもたらす大化け株を見つけるための7つの原則を生み出しました。ここで紹介するルールのいくつかは、従来の投資の常識とは違うものもあります。

大化け株を探すのはかなりのリスクを伴うことも事実です。長期間、「過大評価されている」と言われている株に早期の段階から投資することになるからです。

また、大化け株は頻繁に現れるものではなく、成功も保証されていません。個人的に、数倍になった株はいくつか持っていますが、大化け株とは言えません(近い将来、あることを願っていますが)。それでは、7つの原則を紹介していきます。

1.あらゆる可能性と計り知れない素晴らしさを持った企業を見つける

顧客が好んでいる、または必要としている製品やサービスを提供している企業は、この「計り知れない素晴らしさ」を持っていると言えるでしょう。それがなくなった場合、人々は困り、そして非常に悲しむでしょう。このような企業を見つけるための方法は、あなた個人の生活を通してです。あなたの人生をより良くしている新しいサービスや製品はありますか?今存在しているビジネスだけではなく、将来を勝ち抜くためのあらゆる可能性を持っている計り知れない素晴らしい企業を見つけることが大切です。

デイビッドが2002年に推薦したマーベル・エンタープライズは、まさにこれに当てはまります。当時、この企業の財政は不安定でしたが、それの持つ知的財産の価値は、信じられないほど貴重なものでした。キャラクター、ストーリー、ブランド(スパイダーマン、アイアン・マン、エックス・メンなど)は他では見られないもので、おもちゃや漫画の範囲を超えて収益化する巨大なチャンスがありました。

その後、マーベル・エンタープライズは、映画のライセンスや制作を通じて大きな利益を上げ続け、マーベルの株はディズニーが買収した2009年には、2002年にデイビッドが推奨した時と比べて11倍になりました。

2.社会の流れに目を向け、先見性のあるリーダーを探す

株は平均して7%-8%の年間収益を生み出しています。株式市場での勝ち組は通常、業界の動向、ビジネスの経験、顧客の好みの変化や新規参入者から発生するものであり、これらは大化け株になるための必要条件です。新しい技術によってこれらはさらに加速します。ですので、イノベーションによって引き起こされている社会の変化を捉え、これからの社会の流れを予測することが重要です。社会の流れが見えてきたところで、これからの社会をリードする業界を探してみてください。

デイビッドは、電子取引、3-D印刷、クラウドコンピューティングなどいくつかの主要な社会の流れに気づいてきました。おそらく彼の最も成功した投資は、電子取引でしょう。 1997年、彼はアマゾンに$ 11,000を投資しました。彼は電子取引を大きな社会の流れと見なし、その業界すべての企業の中で、アマゾンが最も先見性を持っているとみなしました。みなさんご存知のとおり、これは大化け株となり、元々の投資の100倍以上となった今も、なお上がり続けています。

3.早い段階で参入できるよう、小さいものを探す

アップルに投資する理由はたくさんあります。しかし、次の大化け株になる可能性は低いです。時価総額が約5,000億ドルに達したところでこれから大化け株になるにはすでに大きくなりすぎます。アップルのように世界最大の企業の一つとして成長するにつれて、成長することが難しくなります。アップルの株価が二倍か三倍になることは可能かもしれませんが、大化け株となることは厳しいでしょう。

比較的小規模な株のほうが大化け株になるチャンスがあります。デイビッドがストック・アドバイザーで推薦し、大化け株になったものを見ると、すべて時価総額が100億ドルを下回っていました。ほとんどの推奨銘柄は時価総額20億ドルを大幅に下回り、なんと半数は10億ドルを下回っていました。

当初の時価総額の観点から、最大の大化け株は、2002年に推奨されたアマゾンで、約60億ドルでした。デイビッドは1997年にもアマゾンを推奨し、その時は時価総額10億ドルでした。また、2004年に初めてプライスライン・ドットコムを勧めたときはたったの7億ドルの時価総額でしたが、現在は570億ドルです。 ネットフリックスは2004年から2006年の間に4度推薦され、当時の時価総額は20億ドルを大幅に下回っていました。

2002年に2度推薦されたマーベルは、最初に推奨された時たったの1億7,000万ドルの時価総額でした。

4.多くの企業に振り分ける

より多くの企業を所有することは、多様化できるという利点があります。大化け株になるほどの良いビジネスを見つけることは容易ではありません。

ごくわずかの企業や株が大化け株になることを考えると、投資する株の数を増やして資金を振り分けることによって大化け株に当たる可能性を高くできます。ベンチャーキャピタル投資のようなもので、いくつものポテンシャルのある企業に投資し、わずかな大化け株が敗者を目立たなくすることを期待するのです。

2002年以来、デイビッドはストック・アドバイザーとルール・ブレイカーにおいて、その後10倍以上の価値となった株式を9つ紹介しています。10倍以上になるのは、たくさんの研究と実践的な投資から達成できた偉業です。

この期間にデイビッドは360以上の株を推奨してきました。彼が推奨した数が少なかったならば、これほど多くの大化け株を見つけられなかったでしょう。

5.保有期間が長くなればなるほど、大きな利益が得られる

大化け株のように大成功するものはほとんどの場合、四半期、一年、または五年などの短期間では達成できません。大化け株を望むならば、長期間保有する必要があります。ストック・アドバイザーにおいて、デイビッドの株価指数上位5位は、当初の投資の平均30倍となっています。しかしこれは一晩では起きません。これら5つは、2002年から2004年の間にすべて推奨され、平均保有期間は約10年です。そして、100倍となったアマゾンは16年の歳月をかけて達成できたものです。

6.勝者はそのまま成長させよう

行動ファイナンス文献において「ディスポジション効果」と呼ばれているものがあります。

これは、投資家が利益を確実に確保するために、上昇している株式を売りたくなってしまうという傾向です。

これは、状況によっては問題ありません。単一の株があなたのポートフォリオの大部分を占めるのが気になったり、ビジネスに対する信用を失ったりした場合は、少しや全部売ってしまっても大丈夫です。しかし、衝動的に上昇している株式を売りたくなる気持ちは抑えましょう。もし、大化け株のリターンが欲しいのであれば、そこで我慢する必要があります。

ストック・アドバイザーからの例です。デイビッドは2004年にプライスライン・ドットコムを推薦しました。6年間保有した後、8倍になりました。彼は利益を確実に確保するという理由で売ることができたかもしれませんが、ビジネスがうまくいっていたので、投資を続けようと決め、その後3年間で、株価は再び6倍近く上昇しました。デイビッドは保有し続けることを選んだため、現在50倍以上の価値になっています。

7.表面的な評価尺度や過去の価格に振り回されない

企業価値は未来のキャッシュフローに見合う価値であるというのは真実であり、投資リターンはその企業に支払って成長したものから得ることのできるものです。この基本原則は、何も間違っていないのですが、早い段階で急速に成長する企業では、多くの投資家の評価基準を迷わせてしまいます。投資家は、信頼性の低い予測やPER(株価収益率)に執着し、大きなチャンスを見逃してしまいます。

2004年10月にデイビッドがネットフリックスを推奨したとき、約10億ドルの赤字でした。急速な成長、堅実なマネジメント、および大きな市場のチャンスをすべて無視して、財務諸表のデータを見ると、過大評価されていると言っていてもおかしくなかったと思います。

それにもかかわらず、デイビッドは株を推奨し、ネットフリックスは大化け株となりました。さらには、2006年には、より高い価格で2度追加購入しています。

最後に

大化け株のように大成功する株を見つけることは非常に困難でリスクを伴います。しかし、時代の先端を行く企業を初期段階で見つけることができると、大化け株が出現する可能性が高くなります。そして、長期間大化け株を保有したり、追加購入したりすることができれば、あなたのポートフォリオはとても潤うことでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事