The Motley Fool

業績好調なシンガポールのヘルスケア銘柄3選

モトリーフール・シンガポール支局、2019530日投稿記事より

誰もが病気になる可能性はあり、経済状況にかかわらず治療するため、ヘルスケアは景気後退に強いセクターです。

ヘルスケア銘柄には、病院、クリニック、医薬品、バイオテクノロジーなど多くのサブセグメントがあります。

5月14日時点において、シンガポール証券取引所で年初来で最もパフォーマンスの良いヘルスケア銘柄はバイオリディックス(+27.3%)、ハウパー(+25.0%)、IXバイオファーマ(+18.0%)でした。これら3銘柄は、平均23.4%のトータルリターンを上げています。

これらの事業を詳しく見てみましょう。

バイオリディックス

バイオリディックス(ティッカー:8YY)は、がん診断、治療の選択、治療のモニタリングなど、幅広い用途を持つ細胞濃縮システムの開発に注力している医療技術企業です。

同社は2018年12月にカタリスト市場に上場しました。

バイオリディックスはClearCell FX1システムを開発し、商品化しました。

これは血液からがん細胞を分離し、濃縮する医療機器です。

同社は、細胞濃縮関連技術の商業化へのマーケティングに着手しており、また、末梢血循環腫瘍細胞の分野でシスメックスとの戦略的共同研究を発表しました。

同社の発表によると、この技術の市場は中国で成長すると言われており、2019年の1億9,540万ドルから2023年には4億9,990万ドルに成長すると推定されています。

このため、ClearCell FX1システムの需要は拡大し続けると予想されます。

ハウパー・コーポレーション

ハウパー・コーポレーション(ティッカー:H02)はヘルスケア製品(タイガーバームブランドの軟膏および膏薬)、レジャー(タイの水族館)、不動産、投資など多様な事業利益を有する企業です。

同社のヘルスケア部門は最も急成長している部門であり、売上高と利益はここ数年増加しています。

これが、ハウパーの好調な成長見通しに反映されています。

また、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行とUOLグループへの投資は健全な投資キャッシュフローを支え、安定した配当継続に貢献しています。

IXバイオファーマ

IXバイオファーマ(ティッカー:42C)はオーストラリアに医薬品開発、実験室試験、製造および供給のための施設を有する医薬品および栄養補助食品の専門会社です。

同社が開発中の製品パイプラインには、疼痛管理用のWafermineとBnoXがあります。

男性の勃起不全治療のための薬、WafesilとSilcapはオーストラリアですでに登録されています。

栄養補助食品部門であるEntity Healthは、全体的な生活の質を向上させる製品を開発しており、販路拡大へマーケティングを強化しています。

まとめ

3社のうち、ハウパーだけが黒字企業です。

IXバイオファーマとバイオリディックスは、まだバイオテクノロジーと研究成果を収益化する過程にあり、現在も研究開発とマーケティングに多大な金額を費やしています。

初期段階の製薬会社やバイオテクノロジー会社は損失を被ることが大いにあるため、投資家は各社のテクノロジーと研究結果を確認すべきです。

(なお、米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者で、モトリーフール・シンガポールの寄稿者であるRoyston Yangは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール・シンガポールはハウパー・コーポレーションとユナイテッド・オーバーシーズ銀行を推奨しています。

最新記事