The Motley Fool

英国で注目される物流REIT

モトリーフール英国支局、2019年5月7日投稿記事より

現在、英国不動産市場の一部は、魅力的な投資対象となっています。

例えば、活況を呈している分野の一つは倉庫部門です。

かつて、倉庫への投資は退屈なものと見なされていました。

しかし、好調なオンラインショッピングにより、倉庫の需要は急増しています。

倉庫への大きな需要

私たちの買い物の仕方は、この10年間で劇的に変化しました。

新しい家電機器、靴、またはドレスを探すために何時間も繁華街を歩き回る日々は終わりました。

消費者はアマゾン、ASOS、またはBoohooなどのウェブサイトにアクセスして、商品をオンラインで注文します。

オンラインショッピングへの大幅な移行により、オンライン小売業者は商品を保管するための場所を必要とします。

そのため、倉庫スペースに対する大きな需要を生み出しています。

CBREの 2018年グローバルインダストリアル&ロジスティクス・プライム市場レポートによれば、オンラインショッピング・ブームにより、過去10年間で倉庫スペースの需要は倍増しました。

英国でのオンライン小売売上高が10億ポンド増えるごとに、小売業者は新たな在庫スペースを見つける必要があります。

しかし、新しい倉庫を見つけるのは簡単ではありません。

供給が限られており、建設コストが高いためです。

このため、倉庫スペースの管理を専門とする企業は、驚くほどの利益を上げています。

利益を上げる方法

倉庫という投資テーマでの選好銘柄の1つは、FTSE 250のTritax Big Box REIT(ティッカー:BBOX、以下「Tritax」)です。

これは、大規模物流施設への投資を専門とするREIT(不動産投資信託)です。時価総額25億ポンドのTritaxは、英国中に大規模な倉庫ポートフォリオを所有しています。

これらの倉庫は、アマゾン、B&Q、Argosなどの優良テナントに対して長期契約で貸し出されています。

Tritaxは、今後数年間は安定したリターンを生み出すとみられます。

3月上旬に発表されたTritaxの2018年通年業績は、前年以上に堅調でした。

同REITの不動産ポートフォリオの価値は31%上昇し、営業利益は21%増加しました。

Tritaxはまた、2014年度以来4年連続の増配を記録し、2018年も4.7%増配しました。

Tritaxのリチャード・ジェーソン会長は、ブレグジットの不確実性にもかかわらず、倉庫市場は「堅調」だったと述べました。

Tritaxは現在、約4.5%の魅力的な配当利回りを提供しています。

この配当は、英国版NISAで保有した場合、非課税になります。

現在の株価は、PER(株価収益率)21倍とやや高い水準で取引されていますが、ファンダメンタルズは好調そうです。。

(なお、米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Edward Sheldonは、Tritax Big Box REITとBoohoo株を保有しています。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。モトリーフールUKは、アマゾン株とASOS株を保有し、推奨しています。モトリーフールUKは、Boohoo株とTritax Big Box REITを推奨しています。

最新記事