The Motley Fool

【米国個別株動向】長期保有で注目されるトレード・デスク

モトリーフール米国本社、2019年5月27日投稿記事より

インターネット広告配信大手のトレード・デスク(ティッカー:TTD)の株価は、最近の下落分を差し引いても上場後約2年で500%上昇しています。

それでも時価総額は85億ドルほどで、今後の上昇余地がありそうです。

トレード・デスクが長期保有に足る株であるかを見ていきます。

1.デジタル広告のトレンドに乗る

広告は、伝統的なメディアである印刷媒体やテレビからデジタル分野へ移行が進んでいます。

調査会社eMarketerによれば、2019年の世界的なデジタル広告費は前年同期比約18%増の3,330億ドルと予想され、全広告費の半分以上を占めるようになると見込まれます。

そして、2023年までには、世界的なデジタル広告費は5,170億ドルに達し、全広告費の60%以上になると予想されています。

トレード・デスクは、このような広告業界の大きな変化に対して強みを発揮できます。

2.プログラマティック広告が今後の潮流

デジタル広告市場の中でも急速に拡大しているのが、プログラマティック広告です。

高度なアルゴリズムや高速コンピューターを使って自動的に広告枠を買い付け、広告対象となる消費者に最も正確に広告を伝えるというものです。

調査会社のゼニスメディアによれば、プログラマティック広告は2019年に前年同期比19%増の840億ドル以上に拡大すると予想され、2020年には980億ドルに達するとみられます。

プログラマティック広告はトレード・デスクの主力事業で、同社のKoa AI(人工知能)システムは、広告媒体の費用対効果を瞬時に分析することができ、毎秒900万件の検索が可能です。

投資家がビデオストリーミングから利益をあげる5つの方法

3.トレード・デスクの成長はさらに加速

デジタルそしてプログラマティック広告ソリューションへのトレンドは極めて大きな機会となっており、トレード・デスクほどこの流れに乗れる企業はありません。

同社の増収率は2017年に52%、2018年は55%と加速しています。

デジタル広告市場は、特に幾つかのカテゴリーで急増しています。

コネクテッドTV(インターネット接続型テレビ)の広告費は2018年に前年比800%増加し、オーディオ関連広告費は230%増でした。

モバイル機器向け広告も伸びており、モバイルビデオ広告は130%増、モバイルアプリ広告は90%増でした。

トレード・デスクの昨年の売上高は4億7,700万ドルに過ぎず、大きな成長余地があります。

4.規制当局の注目を回避

フェイスブック(ティッカー:FB)やアルファベット(ティッカー:GOOGL、GOOG)傘下のグーグルなどのデジタル広告企業は、個人情報問題で規制当局の監視に直面しています。

両社とも、EU(欧州連合)等に対して巨額の制裁金を払っています。

これに対してトレード・デスクは、「当社は検索エンジンを持っておらず、個人データを扱っていません。たとえば、当社のプラットフォームには、個人名、電話番号、社会保障番号などは一切入っていません」とコメントしています。

5.黒字基調

トレード・デスクは2016年9月に上場しましたが、多くのIPO(新規株式公開)企業と異なり、黒字基調です。

2018年の調整後EBITDA(支払い利息・税金・償却控除前利益)は、前年比67%増の1億5,900万ドルでした。

純利益の伸びはさらに大きく、73%増の8,800万ドルでした。

2019年も増収増益傾向が続いており、さらに最近、調整後EBITDAの予想額を当初の1億8,200万ドルから1億8,850万ドルに上方修正しています。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Danny Venaは、アルファベット(A株)、フェイスブック株、トレードデスク株を保有しています。モトリーフール社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、フェイスブック株、トレードデスク株を保有し、そして推奨しています。

最新記事