The Motley Fool

これからの日本に必須?プライベートバンカー資格とは

日本では今、富裕層を対象に資産保全や相続を支援するプロフェッショナル、「プライベートバンカー」へのニーズが高まりつつあるのをご存知でしょうか。

高齢化が進む日本では、「人生100年時代」ともいわれるようになりました。

そのなかで、これまでの超富豪に加えて、マス富裕層に向けたマーケットが拡大しつつあります。

今回は、プラベートバンカーとはなにか、どのような資格なのかについてお伝えしていきます。

プライベートバンカーとは

プライベートバンカーとは、富裕層や資産5千万以上の金融資産を保有するマス富裕層を対象に、資産保全や事業継承、相続対策などを長期的に支援するスペシャリストのことをいいます。

主な仕事は、顧客の生涯あるいは複数世代にわたる金融資産計画や相続対策、投資政策などを立案し、顧客の資産を守ることです。

そのため、プライベートバンカーに求められるのは単なる金融の知識だけではなく、深い専門性と顧客からのあらゆる相談に対して応えていける幅広いスキルとなります。

顧客の悩みは、資産運用だけでははく事業継承や相続を含むため、その顧客が抱えている家族の問題に及ぶことが少なくありません。

そのため、プライベートバンカーは、投資政策を立案するコンサルティング的な役目以外にも、相談役として顧客の抱えている潜在的な悩みを引き出す力が必要となってきます。

プライベートバンカー資格の魅力

プライベートバンカーは前述の通り、富裕層の潜在的な問題を解決に導くスキルが必要となり、金融の知識だけではなく税金や法律などの幅広い知識が求められます。

この資格を取得することで、顧客の悩みに対して断面的にしか対応できなかったことが総合的に解決へとつなげられる、いわばコンサルティングやカウンセリングのようなアプローチができるようになります。

顧客もまた、プライベートバンカーの資格取得者として安心して相談できるようになり、より深い信頼関係を築けるようになるでしょう。

プライベートバンカーの資格は、初級、中級、上級とありますが、上位資格を取得するにしたがって、より具体的で質の高いコンサルティングができるようになります。

プライベートバンカーの資格の種類と学習内容

プライベートバンカーの資格には以下のような種類があります。

  • PBコーディネーター(初級)
  • プライマリーPB(中級)
  • シニアPB(上級)

プライベートバンカーの学習範囲は広く、多岐にわたります。

まず、顧客との効果的な関係を築く重要性を学び、顧客の抱える問題を解決に導くためのリレーションシップマネジメントを学びます。

そして、ウェルス・マネジメントでは、顧客とその家族の目標実現のために必要な投資政策や事業承継、相続、運用目標の立て方などを学んでいきます。

他にも、海外不動産活用を含む不動産取引のメリットや留意点、資産運用や相続、事業継承の問題を解決するために不可欠な税金も深い知識を身につけていきます。

最後に、超富裕層を含む富裕層の資産を安定的な運用と、次世代に向けての継承支援、そして、資産5千万円以上のマス富裕層に向けてのマーケティングアプローチを学びます。

マス富裕層は、消費市場や投資市場でも注目されていることから、金融機関では有望顧客といわれています。

プライベートバンカー資格を取得するに当たって、マス富裕層のニーズを汲み取り、より踏み込んだサービスを強化していく知識を理解していきます。

プライベートバンカーの資格を取得するには

初級のPBコーディネーター、中級のプライマリーPBには受験資格はなく、誰でも受験が可能です。

上級資格のシニアPBは、2019年6月1日から制度が改正され、プライマリーPB資格保有者またはCMA(日本証券アナリスト協会検定会員)のみ受験可能となっています。

試験は、初級のPBコーディネーターおよび中級のプライマリーPBはコンピューター試験となっており、全国100カ所あまりの会場でほぼ毎日受験することができます。

シニアPBは2019年5月末まではコンピューター試験と筆記試験の両方を受験しなければなりませんでしたが、2019年6月からはコンピューター試験は廃止されて筆記試験のみとなりました。

合格するには、PBコーディネーターは1単位取得すれば合格できます。

また、プライマリーPBは3単位取得すれば合格となります。シニアPBでは、4つの単位を取得することで合格となります。

受験料はPBコーディネーター7,000円、プライマリーPBは8,200円×3単位で合計24,600円、シニアPBは、1単位12,300円、2単位と3単位が各9,300円の合計30,900円となっています。

受験に関して詳しいことは、公益社団法人日本証券アナリスト協会のホームーページでご確認ください。

FP資格とプライベートバンカー、どっちを先に取得するべき?

FP資格とプライベートバンカー資格、どちらの資格も気になるけれど、どっちを先に取得しておけばいいのか気になるところです。

そもそも、FPとプライベートバンカーの違いとはなんでしょうか。

FPの業務は主に、一般家庭の家計にかわる金融や税制、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度といった幅広い知識を習得し、顧客のサポートをする専門家です。

一方のプライベートバンカーも、これまでお伝えしてきたように、金融の知識はもちろん、不動産や税金などFPと学習内容が一部被ります。

しかし、PBは富裕層やマス富裕層に的を絞って、より専門的でかつ総合的な問題解決を目指し、最適なアドバイスができるように学んでいきます。

そのため、FPでは顧客のキャッシュフローからみるライフプランニングに重点を置きますが、PBでは顧客とその複数世代にわたった金融資産計画や事業へのコンサルティングが重きを置いています。

お金に関する資格を取りたいけれども、なにから学べば良いのかわからないなら、幅広く学べて認知度も高いFPを目指して学習を進めましょう。

その後、富裕層へ向けたアドバイスをおこないたいのであれば、プライベートバンカー資格の取得を目指して学習を進めていきましょう。

まとめ

プライベートバンカーは日本での歴史がまだ浅いため、認知度があまり高くありません。

しかし、長寿化が進む日本において、富裕層に対する資産保全や相続、事業継承といった包括的なサービスの提供は、今後ますますニーズが高まっていくでしょう。

初級、中級のプライベートバンカーには受験資格がなく、プログラムに沿って学習していけば、比較的取得しやすいものとなっています。

自身のスキルアップのためにプライベートバンカー資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事