MENU

ウォーレン・バフェットを参考にあなたも億万長者になれるかも

ウォーレン・バフェットは、最も成功している投資家の一人として有名です。幸いなことに、彼は自分の成功の秘訣を、常に個人投資家に教えてくれています。

バフェットの投資スタイルは比較的シンプルです。ビジネスが理解できる企業に投資し、必要な場合に備えて十分な現金を保有し、株式の保有期間を決めているだけです。

バフェットの実績は、投資は必ずしも複雑である必要がないということを証明しており、彼のように投資スタイルをシンプルにすることで、個人投資家のリターンを向上させることができます。

理解している分野に投資すること

投資家は皆、得意分野と苦手分野があります。一部の投資家はある業界への投資ポテンシャルを理解し、うまく投資することができますが、別の投資家は自分の性格や仕事の経験上、他の業界への投資のほうが向いているかもしれません。

バフェットは、自分自身が一番理解している分野に投資を行うべきだといいます。そうすることで、投資家は競争上の優位性を獲得することができ、長期的に見た時に高い利益につながるでしょう。

さらに、投資家がよく理解している分野や企業に投資をすることで、リスクを減らすことができるかもしれません。よく理解していないものに投資すると、予期していなかった損失につながる可能性があるからです。

現金の重要性

多くの投資家は、保有しているすべてのお金を株式市場に投資する必要があると思っているかもしれませんが、バフェットはそれとは異なる意見を述べています。

バフェットは、現金は、主に2つの重要な役割を果たすと信じています。第一に、現金は投資家にとって安心感を提供するものであると主張しています。投資と関連のない出来事にお金が必要な場合、手元に現金があればすぐに利用できます。第二に、株式市場に短期的な変化があり、低価格で高品質の株式が取引されている場合に、現金を保有していれば、すぐに購入することが可能となります。

常に残しておくべき現金の額に関しては、議論の余地があります。ですから、数か月分の生活費と、ポートフォリオ全体の数パーセント分を現金で残しておくと決めておくと良いかもしれません。

保有期間の考え方

バフェットは、個人投資家の手助けをできる限りしてあげたい、というとても親切で頼りがいのある人物です。

彼は、自らのポートフォリオで市場を下回る株式が現れると、新たな動きを見せます。保持し続ける価値がなくなったと思ったならば、すぐに売ります。同じように、良いパフォーマンスを出しているものは、彼の期待に答え続ける限り、彼は喜んで保有し続けます。

保有し続けるかどうかを決めることは、バフェットにとって簡単な決断であるようです。彼は最適保有期間の心配をしたり、経済サイクルや株式市場のタイミングを図ろうとしたりしません。自らが信じている会社の株式を保有し、自らが信じられなくなった株式を売っているだけです。彼の株式保有戦略は非常にシンプルです。

バフェットと同じように行動し、現金の重要性や理解している株式に投資する、という前述の考え方も取り入れることで、長い目で見た時にポートフォリオのパフォーマンスが改善するかもしれません。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事