The Motley Fool

バフェットの株式ポートフォリオの約半分を占める金融関連株

モトリーフール米国本社、2019年5月19日投稿記事より

バークシャー・ハサウェイ(ティッカー:BRK-A、BRK-B、以下「バークシャー」)のCEOであるウォーレン・バフェットが銀行株を選好しているのは周知の事実ですが、その最新動向が同社が先日公表したSEC(米証券取引委員会)へ提出資料で明らかになりました。

直近の13F資料によれば、2019年3月31日時点で、バークシャーの株式ポートフォリオ1,990億ドルのうち金融関連が949億ドルを占めています。

なお、バークシャー全体で見た場合、株式ポートフォリオの他に多額の現金を保有しており、また保険や鉄道など潤沢な現金を創出する事業部門があるため、金融関連株に偏重しているわけではないことに留意が必要です。

金融関連株が大きな比重を占めるバークシャーの株式ポートフォリオ

以下は、2019年3月31日時点で、バークシャーが保有する金融関連株です。なお、順番は、3月31日時点の時価総額に基づきます。

企業名(ティッカー名) バークシャーの

保有株数

時価総額
バンク・オブ・アメリカ(BAC) 896,167,600 254億ドル
ウェルズ・ファーゴ(WFC) 409,803,773 187億ドル
アメリカン・エキスプレス(AXP) 151,610,700 180億ドル
USバンコープ(USB) 129,308,831 67億ドル
JPモルガン・チェース(JPM) 59,514,932 66億ドル
ムーディーズ(MCO) 24,669,778 46億ドル
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK) 80,937,250 37億ドル
ゴールドマン・サックス(GS) 18,353,635 36億ドル
ビザ(V) 10,562,460 17億ドル
マスターカード(MA) 4,934,756 12億ドル
PNCフィナンシャル・サービス(PNC) 8,671,054 11億ドル
M&Tバンク(MTB) 5,382,040 9億ドル
トラベラーズ(TRV) 5,958,391 9億ドル
シンクロニー・ファイナンシャル(SYF) 20,803,000 7億ドル
ストーン(STNE) 14,166,748 4億ドル
トーチマーク(TMK) 6,353,727 6億ドル
合計時価総額 949億ドル

出典:バークシャー・ハサウェイの13F提出資料。保有株数は2019年3月31日時点。時価総額は2019年5月17日時点。端数処理の関係で、時価総額の合計と合計時価総額は一致しません。

949億ドルの金融関連株のうち、大半の856億ドルが銀行です。

さらに、バークシャーの10上位銘柄のうち6つが銀行株です。

バークシャーが多くの銀行株を保有する理由

バフェットは、銀行のレバレッジ体質を批判する一方、機会があるごとに銀行株を積極的に購入してきました。

バフェットの基本スタンスは、経営陣がしっかりしていて資本基盤が堅固な銀行への投資は、長期的に報われる、というものです。

たとえば、20年以上の前にバークシャーは、ウェルズ・ファーゴとアメリカン・エキスプレスの株を合計約110億ドル分購入しましたが、現在の時価総額は約370億ドルで、さらに昨年だけでも10億ドル超の配当を受け取っています。

同様に、金融危機の時にバンク・オブ・アメリカ株を117億ドル分購入し、その現在の時価総額は250億ドル以上で、2018年の配当受け取りは5億5,100万ドルでした。

さらに、主要銀行には今後追い風が期待されます。

金融危機後、長期にわたった低金利時代が終わり、金利はここ数年上昇傾向にあり、既に主要銀行の利益を押し上げています。

主要銀行の希薄化後1株当たり利益の変化(直近12カ月、%):バンク・オブ・アメリカ(青)、ウェルズ・ファーゴ(オレンジ)、JPモルガン・チェース(赤)、USバンコープ(緑)

出典:YCHARTS。2019年5月18日時点

FRB(米連邦準備制度理事会)は今年の利上げは見送る方向ですが、近年の金融規制緩和と2020年以降の金利上昇期待が、今後の銀行の利益成長を下支えすると考えられます。

過去10年以上にわたる主要銀行への数百億ドルもの積極的な投資は、バフェットが銀行株に対して引き続き強気であることを示唆しています。

バフェットの銀行重視の投資戦略にならうべき?

銀行株は堅調に推移するだろうとのバフェットの予想に筆者は同意します。

しかし、一般投資家が、バフェットと同様に株式ポートフォリオの約半分を銀行株に配分すべきとは思いません。

バークシャーの全体のポートフォリオに占める銀行株の割合は、実際にはかなり低いことに留意すべきです。

同社は、約2,000億ドルの株式ポートフォリオを維持する一方、約1,150億ドルの現金を保有しています。

さらに、同社には保険や鉄道事業などで潤沢な現金を創出する事業部門があります。

とは言っても、銀行株は、多くの投資家のポートフォリオで重要な役割を果たすでしょう。

特に、ウェルズ・ファーゴやバンク・オブ・アメリカなどの質が高い銀行株がそうです。

2行はバークシャーのポートフォリオで長年パフォーマンスを上げてきましたが、現在でも引き続き大きな価値を提供しています。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Jason Hallは、アメリカン・エキスプレス株、バンク・オブ・アメリカ株、マスターカード株を保有しています。モトリーフール社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)、マスターカード株、ムーディーズ株、ビザ株を保有し、そして推奨しています。

最新記事