The Motley Fool

【米国個別株動向】シスコ、コンセンサスをやや上回る増収増益決算

モトリーフール米国本社、2019年5月15日投稿記事より

ネットワーク関連機器大手のシスコ・システムズ(ティッカー:CSCO)が15日の夕方に発表した2019年度第3四半期(2月~4月)決算は、アナリストのコンセンサス予想をやや上回り、増収増益となりました。決算発表を受け、株価は時間外取引で約2%上昇しました。

5月に注目される米国大型株:シスコ、ゼネラル・ミルズ、ナイキ

第3四半期の売上高は前年同期比4%増の130億ドルで、アナリスト予想の129億ドルを上回りました。

利益は8%増の32億ドルで、1株当たり利益では0.78ドルとなり、アナリスト予想の0.77ドルを若干上回りました。

なお、第4四半期のガイダンスはアナリスト予想を上回るものでした。

増収率は、前年同期比4.5%~6.5%で、アナリスト予想平均の3.5%を大幅に上回っています。

1株当たり利益を0.80ドル~0.82ドルと予想していて、これはアナリスト予想の0.81ドルに近いものです。

一部の投資家は米中貿易戦争悪化の影響を懸念していますが、シスコの決算発表を見る限り大きなダメージはないようです。

シスコの中国向け売上は全体の2%に過ぎないため、制裁関税や貿易摩擦からは隔離されているとの見方もあります。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Eric Volkmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事