MENU

「現金がない…」そんな時に利用できるサービスについて解説

お金がなくてピンチの時、金融機関のサービスを使えば乗り切れる可能性があります。

個人向けだとキャッシングやクレジットカードのショッピング枠、企業向けだとファクタリングなどがあります。

この記事では、キャッシングやクレジットカード、ファクタリングについてご説明しています。

キャッシング

キャッシングとは、「少額の現金を借りられる仕組み」です。

今すぐに現金が欲しい時に便利です。

現金が必要な時にATM等でお金をおろし、翌月以降に金利をつけて返済していきます。

クレジットカードにキャッシング機能が付帯していることも多く、キャッシュカードからお金を引き出す感覚で気軽に利用できます。

クレジットカードにキャッシング機能が付帯していない場合は、銀行や消費者金融でキャッシングの申し込みをすることになります。

審査があるため職業や収入によっては通らないこともありますが、審査手続きは難しくないので、申し込んでみる価値はあります。

「今すぐお金が必要だけど、給料日前で残高がピンチ」という時に便利です。

例えば公共料金の支払いをずっと忘れていて、今日中に手続きしなければ電気が止まってしまう時。

キャッシングを使って現金を用意すると、すぐに支払いが可能です。

金利が高すぎないか(手数料)

キャッシングは金利(手数料)が高めです。

会社によって金利は異なりますが、5〜18%なことが多いです。

キャッシングを含めたローンは、金利(手数料)のおかげで運用されていますから、金利は仕方ないです。

ただ、なるべく金利の低い金融機関を選ぶことはできます。

さまざまな会社の金利を比較して、「金利が高すぎないか?」よく把握しておきましょう。

返済計画は立てているか

キャッシングはローンですから、返済義務があります。

しかも返済期間が延びれば延びるほど金利は高くなり、最終的に支払う手数料が多くなります。

借りる場合は必要最低限の額だけを借りて、「●月には全て返し終わる」と計画を立てましょう。

「とりあえず借りて、だらだら返済する」はNGです。

クレジットカードのショッピング枠

クレジットカードは信用力をもとに、後払いでお買い物ができるシステムです。

学生や高齢者でもクレジットカードを持つことができますし、ほとんど審査不要の基準がゆるいカードもあります。

クレジットカードの1ヶ月の利用可能額は上限300●万円程度であることが多いです。

会社やカード、個人の年収によって異なりますので、確認しましょう。

しかし、買い物には便利ですが、現金での支払いが必要な時にはクレジットカードのショッピング枠は役に立ちません。

あくまでも後払いでお買い物ができるシステムです。

注意点としては、自分がいくら使っているのかきちんと把握することが挙げられます。

インターネット上でも明細を確認できますので、「残高以上に使ってしまった」「引き落としが間に合わない」という事態が起きないように注意しましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは、企業で行われる資金調達の仕組みです。

翌々月に取引先から支払われる予定の報酬をファクタリング会社から前もって受け取り、実際に取引先から報酬が振り込まれたらファクタリング会社にお金を入れる仕組みです。

「手持ちのお金が少ない」「取引先からの振込が遅い」という中小企業でよく使われるサービスです。

手数料が5〜30%と高めですが、すぐに高額なお金を手に入れられるため、便利なシステムです。

日本ではあまり普及していない印象ですが、海外では普及しています。

日本の資金調達のうちファクタリングが占める割合は約1.7%ですが、アメリカでは約15%です。

注意すべき点は、ファクタリングを規制する法律がないこと。

キャッシングなどはさまざまな規制の上で運用されていますが、ファクタリングはまだまだ発展途上のため、法律の整備が追いついていません。

ご自分の目で「この企業は信頼できるか」確かめなければいけません。

中には高額な手数料を請求してくる悪徳な業者も存在します。

お金がない時のサービスは金利や手数料でまわっている

クレジットカードのショッピングやキャッシング、ファクタリングは非常に便利な仕組みです。

ただ金融機関はボランティアでお金を貸しているわけではありません。

お金を借りる場合、高い金利がかかっていることが多いです。

金利をよく確認し、返済の負担が大きすぎないか把握しましょう。

注意すべきこと

お金を借りる時に注意すべきことをご説明します。

金利・手数料

先ほどもご説明した通り、お金を借りると金利がかかります。

金利は会社によりますが、金利の高いキャッシングの場合は20%近くが金利として発生しています。

単純計算すると、100万円を一括返済するだけでも120万円かかるということです。

借りたのは100万円なのに、20万円も手数料を取られてしまいます。

高額を借りたり、返済を長引かせたりすると、どんどん手数料の返済額が増えます。

金利を計算して、適切な利用をしたいものです。

クレジットカードの盗難

クレジットカードの盗難は、不正利用から60日以内であれば補償されるのが基本です。

ただし、キャッシングはこの適用外であることもあるのです。

「念のためキャッシング枠の限度額を100万円にしておこう」と安易な気持ちで引き上げて、盗難にあってしまうと高額な損失が出てしまいます。

キャッシング枠は安易な気持ちで引き上げず、適切な金額を把握しましょう。

まとめ

個人か企業かによらず、資金を調達する仕組みはさまざまです。

「現金がないのでどうしようもない」と思わず、適切な仕組みを利用してピンチを乗り切りましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事