The Motley Fool

キャッシングとは?仕組みと利用する方法、注意点についてまとめ

「明日引き落としがあるのに、現金が数百円しかない」という経験をしたことのある方もいらっしゃると思います。

キャッシングという仕組みを使うと、残高が少ない時でも気軽に現金を調達することができます。

この記事では、キャッシングの仕組みについて専門用語を使わずにご説明しています。

「キャッシングという言葉を聞いたことはあるけどよく分からない」という方は、ぜひご一読ください。

キャッシングとは気軽に借りれるローンの仕組み

キャッシングとは、「少額の現金を借りられる仕組み」です。

現金が必要な時にATM等でお金をおろし、後から金利をつけて返済していきます。

クレジットカードにキャッシング機能が付帯していることも多く、キャッシュカードからお金を引き出す感覚で気軽に利用できます。

クレジットカードにキャッシング機能が付帯していない場合は、銀行や消費者金融でキャッシングの申し込みをすることになります。

審査があるため職業や収入によっては通らないこともありますが、審査手続きは難しくないので、現金が必要な時には検討してみましょう。

すぐに現金が必要な時に便利

「今すぐお金が必要だけど、給料日前で残高がピンチ」という時に便利です。

例えば公共料金の支払いをずっと忘れていて、今日中に手続きしなければ電気が止まってしまう時。

キャッシングを使って現金を用意すると、すぐに支払いが可能です。

キャッシングですぐに借りられる金額目安は●円

借りられる金額は、会社によって異なります。

多くの会社では1万円から借りることができ、上限はまちまち。

クレカに付帯するキャッシング機能を利用する場合、キャッシングのご利用枠は1万円〜最大300万円程度のことが多いです。

クレカの契約時に「年収はいくらか」「どの程度のキャッシングの利用枠が欲しいか」などを聞かれて枠を設定します。

上限を増やしたい場合はクレジットカード会社に連絡して、変更することも可能。

自分のクレカのキャッシング枠を把握しておくことが大切です。

銀行でキャッシングを利用する場合、キャッシングのご利用額は消費者金融よりも高額なことが多いです。

高額を借りたい方は銀行がおすすめですね。

消費者金融でキャッシングを利用する場合、キャッシングのご利用額は最大でも年収の3分の1と決められています。

銀行と比べると少額な傾向にあります。

キャッシングを利用する方法

キャッシングを利用する方法は主に下記の3パターンあります。

現時点でのクレジットカードの契約条件や年収、職業などを考慮してご自分に合った方法を選びましょう。

クレカに付帯したキャッシング

クレカに付帯したキャッシングは、キャッシュカードから現金を引き出すように気軽に利用できるのが特徴です。

クレカの契約時にご利用枠を決めているはずなので、「キャッシング枠は50万円」と決めた方は50万円まですぐに借りられます。

ご利用枠はネットや書類で確認できます。

利用枠は増やすこともできますので、「念のため100万円まで借りられるようにしておきたい」という方はクレジットカード会社に連絡をして利用枠を増やしておきましょう。

キャッシング枠のあるクレカをお持ちの方は、クレカ付帯のキャッシングが手軽に利用できるのでおすすめです。

銀行

銀行のキャッシングは審査に時間がかかりますが、高額を借りられる特徴があります。

銀行のキャッシングのメリットは高額を借りられることです。

また専業主婦などの収入のない人でも借りられる可能性があります。

高額を借りたい方、専業主婦などで年収がないという方は銀行のキャッシングがおすすめです。

消費者金融

消費者金融とは、キャッシングやローンを中心に取り扱っている金融機関です。

消費者金融=怖いイメージの方もいるかもしれませんが、何十年前から運営している会社も多く、必ずしも怖いわけではありません。

消費者金融は銀行と比べて、審査が早く借りやすい傾向にあります。

ただし借りられるのは年収の3分の1までなので、そもそも年収のない専業主婦などは借りることが難しいです。

CMでよく見かけるアイフルやプロミス、アコムも消費者金融の一つです。

他にもフタバなどの中堅会社もあります。

消費者金融で借りるのがおすすめなのは、少額を借りたい収入のある方です。

逆に高額を借りたい方や年収のない方は消費者金融でキャッシングを利用するのはおすすめできません。

キャッシングを利用する時に注意すべきこと

便利なキャッシングですが、使い方に注意しないと「返済額がどんどん膨らむ」「返済が終わらない」という状態になります。

下記の2点に気をつけましょう。

金利が高すぎないか

キャッシングは金利(手数料みたいなもの)が高めです。

会社によって金利は異なりますが、5〜18%くらいに設定されていることが多いです。

金利が高ければ高いほど、借りた金額以外の返済額が増えていきます。

キャッシングを含めたローンは、金利(手数料)のおかげで運用されていますから、金利は仕方ないです。

ただ、なるべく金利の低い金融機関を選ぶことはできます。

さまざまな会社の金利を比較して、「金利が高すぎないか?」よく把握しておきましょう。

返済計画は立てているか

キャッシングはローンですから、返済義務があります。

しかも返済期間が延びれば延びるほど支払う金利は高額になり、最終的に支払う手数料が多くなります。

借りる場合は必要最低限の額だけを借りて、「●月には全て返し終わる」と計画を立てましょう。

「とりあえず借りて、だらだら返済する」はNGです。

まとめ

キャッシングは現金が必要な時に非常に便利な仕組みです。

ただ金利が高めなので、無計画に借りるとあとで大変なことになります。

さまざまな金融機関の金利を比較して、できるだけ返済の負担が少ないところで借りましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事