MENU

公共料金や保険料を滞納したらどうなる?クレジットカードで支払いをしている人は注意

お金がないと、公的な支払いが負担になり滞納してしまいますよね。

支払いが滞ると、すぐに不利益を被るのでしょうか。

この記事では、公共料金を滞納したらどうなるのか、どんな場合は緊急度が高いのかなどについてご説明しています。

公共料金や保険料は滞納してもすぐに影響があるわけではない

支払い系は滞納しても、すぐに日常生活に影響があるわけではありません。

公共料金の支払いはそもそも「ブラックリスト」と呼ばれる信用情報とは関係ありませんので、「公共料金を支払い忘れたからブラックリストに載る」ということはありません。

ただし、クレジットカードを使って支払いをしている場合、携帯電話を分割払いしている場合の2つの場合は要注意です。

口座振替や用紙を使って振り込んでいる場合はブラックリストとは関係ないのですが、クレジットカードを使って引き落としをしている場合はクレジットカード会社の方で「延滞している」と登録される可能性があります。

また携帯電話も同様です。

まとめると、口座振替や用紙を使っての振込の場合はブラックリストに載ることはありません。

ただし、クレジットカードを使って支払っている場合や携帯電話の料金を何度も滞納している場合はブラックリストに載ることがあります。

またブラックリストに載る基準はクレジットカード会社によってさまざまです。

  • 一度でも滞納するとすぐにブラックリストに載る
  • 2回目の引き落としで無事に引き落としができればセーフ
  • 支払いができなくても、すぐにカード会社に連絡すればセーフ

など、ブラックリストに載る基準はさまざまです。

基準は公開されていませんので、基本的には「すぐに連絡」「すぐに引き落とし」を心がけましょう。

信用情報(ブラックリスト)とは

信用情報とは、個人の信用力を表す指標です。

日本信用情報機構という機関が情報をまとめています。

主にクレジットカードやローンの情報を扱っており、延滞や滞納の情報が集まっています。

例えばある1つのクレジットカードで延滞を繰り返した場合、その情報が日本信用情報機構に登録されて、他のクレジットカード会社にも知られてしまいます。

「1度失敗すると、他の会社にもバレてしまう」のです。

信用情報に載るとできなくなること

基本的にはブラックリストに載ってから5年間はクレジットカードの作成やローンを組むことができなくなります。

また「5年経てばすぐにクレジットカードを作成したり、ローンを組んだりできる」わけでもありません。

ブラックリストから外れたすぐ後は「ホワイト」と言って、信用情報が何もないまっさらな状態になっています。

これは逆に「支払い能力が不明すぎる」となり、信用力が無いと認定されてしまうのです。

クレジットカードの作成ができなくなる

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードの作成ができなくなります。

新たに作成できないだけでなく、現在持っているカードが強制解約になることも。

クレジットカードが5年間使えないと、かなり不便ですよね。

支払えない場合は早めに連絡、が大切です。

ローンを組むことができなくなる(住宅ローン、車のローン、教育ローンを含む)

ブラックリストに載ってしまうと、ローンを組むこともできなくなります。

「携帯電話の支払いを何度が忘れた」せいで、住宅ローンが組めなかったり、教育ローンが組めなかったり、その後の人生に大きな影響を与えます。

もしどうしても支払いできないときはキャッシングという手段もある

支払いが難しい時は、できるだけ早くクレジットカード会社に連絡し、支払い期日を遅らせてもらったり一部のみの支払いをしたりと手段はあります。

そのお金さえもない、残高が増える予定がない場合はキャッシングを利用する手もあります。

クレカ付帯のキャッシングはすぐに使えるため、「クレカの支払いに間に合わないのでクレカ付帯のキャッシングを使って乗り切る」こともできるのです。

どうしても支払いができない時は、キャッシング機能を使ってその場を乗り切るのもアリです。

まとめ

滞納したからといって、すぐに日常生活に影響が出るわけではありありません。

ただし支払いをクレカ経由にしている場合やスマホの分割払いを滞納した場合は、比較的すぐにブラックリストに載る可能性もあります。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事