MENU

権利の売買を行うオプション取引とは?メリットやリスクも解説

金融の世界には様々な商品が存在します。

個別株や外貨などであれば比較的イメージがつきやすいかとも思いますが、中には「権利を売買する」というような金融商品も存在します。

今回紹介するオプション取引は「ある時期に、ある商品を特定の価格で購入する権利」を売買するという、少し複雑な仕組みを持ったで「デリバティブ(派生商品)」と呼ばれるような金融商品の取引です。

損失を限定しながら、無限大のハイリターンを狙えたり、逆に、高いリスクを取りながらも勝率の高い取引を行ったり、投資家の読みとスタンス次第でさまざまな戦略が取れる投資商品です。

オプション取引について、そのメリット・デメリットやどのような種類があるのかも含め、解説していきます。

オプション取引とは?

オプション取引とは、将来の決められた期日(満期日)に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、原資産を買い付ける、または売り付ける「権利」(オプション)を売買する取引です。

原資産を「買う」権利をコールオプション、「売る」権利をプットオプションとよびます。

この権利に取り扱いの選択肢は以下になります。

  1. 期日前に時価で売却し、損益を確定させる
  2. 権利を行使する
  3. 権利を放棄する

たとえば、「買う」権利を選択した実際に迎えた期日において、その原資産の価格が権利行使価格よりも安ければ、その権利を行使する意味はありませんよね?

損失が確定している場合には、買いを行わないという選択が可能です。

「権利」なので、「行使せずに放棄する」という選択ができるということです。

この場合、損失はオプションを購入した費用分だけが損失になります。

理解を容易にするため「選択できる」という説明をしていますが、実際には期日を迎えた段階で損失が確定する権利行使が行われることは合理的に考えてあり得ないため、「行使」か「放棄」かは原資産の権利行使価格と、期日時点の実際の価格の差から自動的に決済されます。

また、このオプションの価格は時価により変動し、期日前に時価で他者に売却することも可能です。

なお、この「コール」「プット」の買いと売りは一つの投資商品に対するポジション(「買い:ロング」と「売り:ショート」)ではなく、それぞれのコールオプション、プットオプションに対して、「買い」と「売り」が存在します。

この点を混合しないようご注意ください。

「売り」は「買い」とはまったく逆の立場になり、オプション料を受け取ることができます。

一方で、買い手がオプションを行使する場合はどんな条件であっても、それを受ける必要があります。

オプション取引のメリット

オプション取引のメリットは以下の3つに分けられます。

  1. 「買い」ポジションは損失を限定したまま、理論上無限大のリターンを目指せる
  2. 高いレバレッジがかけられるので、1回の取引で大きなリターンが狙える
  3. 「売り」ポジションは理論上無限大のリスクを抱えつつ、勝率は高い

オプションの買い手は、期日までオプションを保有したという前提で説明を行います。

権利は自動的に「行使」か「放棄」かが決められます。

放棄の場合は、損失はオプション料の分だけに限定されますが、一方で原資産の価格には理論上、上限がありません。

したがって、原資産の価格が大幅に上がった場合、大幅なリターンが得られます。

また、オプション取引は株式の信用取引などと比較しても高いレバレッジをかけることができるため、より高いリターンを追いかけることができます。

ここまで読まれて、疑問に感じられたことがあるかもしれません。

コールにせよ、プットにせよ「買い」は「理論上無限大のリターンと、限定された損失」の元で損益が決まります。

反対側の「売り」ポジジョンは「限定されたリターンと、理論上無限大のリスク」を抱えています。

となると、オプション料を受け取ったとしても、売りに回る方メリットは少ないと感じられるかもしれません。

とはいえ、オプション料の分だけ損益の分岐でいうと、買い手よりも前提条件は有利です。

価格変動の方向が予想とは逆の方向に動いたとしてもその値幅が少なければトータルではオプション料との差額分だけ売り手側が勝つというケースもあります。

相場の動きが小さければ、勝率が高いのは売りポジションの方です。

オプション取引のデメリットとリスク

オプション取引は売買手数料を除くと一方の利益が一方の損失になるゼロサムゲームのため、一方のメリットは、そのまま他方のデメリットになります。

  1. 売り手のリスクは理論上無限大
  2. 買い手は価格変動の方向を読めても値動きが小さいとプレミアム分で損失になる可能性がある
  3. 高いレバレッジをかけた場合、値動きは小さくても損失は膨らむ

まず、買い手が理論上無限大のリターンを期待できるということは、売り手側は理論上無限大の損失を被るリスクを抱えています。

次に、買い手の損益分岐点は「値動きなし」ではなく、売り手に払った手数料を上回る差額が出た時点です。

したがって、値動きの方向性を読めていたとしても変動幅が小さければ、損失となる可能性があります。

オプション取引の種類

これまでの説明の中では、ポジションやそれぞれのポイントを明確にすることを重視し、オプションそのものについては「原資産」とのみ言及していましたが、この原資産にも種類があります。

たとえば「指数(日経225など)」「株式」「商品先物」「国債」「通貨」など、様々な対象が原資産としてオプションにすることができます。

オプション取引を始めるには?

実際にオプション取引を始めるには、証券口座を開き、さらにその中でオプション取引口座の開設をする必要があります。

オプション取引の口座開設の申し込み自体は、多くの場合ホームページから行うことがでいますが、Webアンケートで審査を通過させるところもあれば、電話で直接ヒヤリングする形で投資の経験やオプション取引への理解を確認してくることもあります。

やはり、リスクの高い取引であるため、経験が浅かったり、投資資金が十分でないと、口座開設の承認が下りないケースもあるようです。

まとめ

オプション取引は、コール、プット、買い、売り、様々なスタンスを取ることが可能で、かつ市場に応じて使い分けることによって勝率の高いトレードを繰り返したり、リスクを抑えながら大きなリターンを狙ったりと、魅力的な選択肢になりえます。

ただし、読みを間違えると膨大な損失を抱えるリスクもある商品であることは常に念頭に置かなければなりません。

そういった点も含めて、魅力的な選択肢であると感じられたら、ぜひご自身の投資の選択肢の中に加えてみてください。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事