MENU

株式の損切りはなぜ難しいのか、損切りを避けるためのアドバイス

株式投資で最も難しいのは、銘柄の選択と損切りと言われています。

ここでは、損切りがなぜ難しいことなのか、損切りを避けるためにはどうすれば良いかということについて考えてみたいと思います。

株で勝つための最重要ポイント!「損切り」の必要性と判断基準

見切り千両、損切り万両

株の格言とは、本当に的を射ているなと思うことがよくありますが、この言葉はその典型のような格言です。

この格言の意味を本当に理解できるようになるまでには、私は多くの経験を積まなければなりませんでした。

たぶん、多くの方もそうだろうと思いますので、自分への反省を込めて考えていきたいと思います。

この格言の字ズラの意味自体は簡単なことです。

株を買ってしばらくしたら、買値よりも下がってしまった。そこで、もうこの株は上がらないだろうと諦めるまでを「見切り千両」と言います。

これは、投資全体から考えれば損失を大きくしないことなので、千両もの価値があるという事です。

さらに、その株を売って損失を確定したら、万両もの価値があるという事です。

ここでは、千両と万両との価値の大きさの差にも注意してほしいと思います。

この千両と万両との差は、たいへん大きくて、粗っぽい言い方をすれば、見切りをしただけではたいしたことではなくて、損切りをして初めてその価値が生まれるというほどの差があるのだということも意味しています。

格言は、言葉の字ズラだけを理解したのではなお甘く、感情の面まで高められて実行できるところまで消化できてこそ、本当に理解したと言えます。

塩漬け株

損切りが出来なかった株は、いつまでもポートフォリオに残り、いわゆる塩漬け株となります。

株式投資をしている人で、塩漬け株の経験のない人はほとんどいないでしょう。

損切りができないことには、人間の誰もが持つ弱点があるからです。これは、「損失回避バイアス」とも言われ、損失をできる限り回避したいという気持ちのことです。

ここでバイアスとは、認識の歪みの意味で、損失で得る苦痛と利益から得られる喜びとが同じではないという事です。

痛みと喜びは普通比較できませんが、お金で比較すると分かりやすなります。

1万円を損失した痛みは、1万円が戻ってきただけでは癒されず、2万五千円が戻ってくるとバランスされることが、多くの実験から分かっているそうです。

例えば、コイントスをして表が出れば2万円得られ、裏が出れば1円ももらえない場合と、トスをしなければ1万円は確実に得られる場合のどちらを取るかというと、多くの人は後者をとります。

同じようにコイントスをして表が出れば2万円の損失で、裏が出れば損失なしの場合とコイントスなしなら1万円の損失のどちらを取るかというと、多くの人は前者を選ぶそうです。

これは、大きなギャンブルをしてでも人は、損失を避けたがる傾向があることを示しています。

この「損失回避バイアス」のために人は、損切りがなかなかできないのです。

多くの金融投資に対して、元金保証を強く求めたがるのもこのためなのでしょう。

塩漬け株ができてしまう理由は、売らなければ損失が確定しないとか、自分の失敗を認めたくないとか、いつか上がるかもしれないなどの気持ちが強くあるからです。

それでは、利益確定売りは楽にできるのに、損切りはとても難しい人間が、確実に損切りをできる方法があるでしょうか。

それは、注文方法の中にありまして、逆指し値法と言います。

この方法は、あらかじめ決めた金額以下になったら、全部売却するという注文方法です。

あらかじめ買値の10%または20%減の価格で逆指し値を決めて注文を出しておけば、その価格以下になった時には自動的に売却されています。

人は個人的にもそれぞれにたくさんの弱点があります。

しかし、自分の弱点に気がつけば、それを避ける方法はたくさんあり、もはや弱点とはなりません。

塩漬け株を抱えた!失敗の要因と、3つの対処方法を紹介

ナンピン、ナンピン、スカンピン

難平(ナンピン)買いと言われる購入法があります。

これは、買値より下がった時に、さらにその株を購入し、株の平均的な購入単価を下げる買い方で、塩漬け株よりもさらに損失の傷口を広げる可能性があります。

表題の、「ナンピン、ナンピン、スカンピン」も有名な格言で、素人は破産をしたくないならナンピン買いはやめた方が良いということです。

株式の押し目買いとは?ナンピンや戻り売りとの違いも解説

投資機会の喪失

では、なぜ損切りは1万両もの価値があるのでしょうか。

株の投資で大切なことは、資金全体としてプラスになるということです。

株式投資はマラソンと同じで、長距離戦です。

景気の波は、良い時もあれば悪い時もあります。

長期戦で戦うには、景気の悪い時は損失をなるべく小さく、景気の良い時は利益を最大にというような気持ちが肝要です。

特に、株式投資では損失はつきものですが、大きくならないようにすることは重要です。

そして損失を出した時には、別の将来性のある株式に投資をする機会が得られたと考えることが大切です。

株はいつ上がるか誰にも予想ができません。

そのため、せっかく投資の機会が来ても、塩漬け株が重くて身動きが取れない場合が多いものです。

早めに損切りをして将来性のある株式を購入しておけば、この機会を逸するようなことはありません。

さらに前回の損失を完全に取り返す事も可能です。損切りを放置すると、この絶好の投資機会を失います。

これこそが、損切りを放置するために生ずる最大のデメリットです。

下がりにくい株式、割安株

塩漬け株を多く持つ投資家は多くの場合、株式の選択に失敗があります。

絶対に下がらない株というのはありませんが、下がりにくい株式というのはあります。

それは、割安株とか低位株とか言われる種類のものです。

これらの株はなんらかの会社の事情で実力以下に低く株価が見られている株式のことです。

この事情がいづれ解消されるような割安株は下がりにくく、時間がたてば上がっていくことが多いものです。

これに対して、成長株といわれる種類の株式は、価格の変動が激しいことが多く、損切りができない人は購入を避けた方が良いでしょう。

狼狽売り

損切りをしない方がよい場合が、ただ一つあります。

大暴落時の時には、損切りはしない方が良いでしょう。

このような売りを狼狽売りと言いますが、リーマンショックの時はまさにこの状態で、損切りなど全くできる状態ではありませんでした。

このようなことに遭遇した時には、大暴落は長くは続かない、そのうち元に戻るものだと悠然としていましょう。

人の経済活動が全部なくなるわけではありません。

世界大恐慌の時もリーマンショックの時もやがては株式市場は元に戻りましたから。

最後に

損切りが躊躇なくできるようになったら、株式投資家としては一人前になったということかもしれません。

その効果は大きく、大きな損失を抱えるリスクが大幅に減ります。

しかし、人間には、「損失回避バイアス」があり、そう簡単に克服することは難しいことです。

長い間、訓練や失敗を重ねながらゆっくりとマスターしていってください。

株式投資の判断を妨げるコンコルド効果とは?投資において重要な損切りも解説


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事