MENU

指数と連動するリンク債とは?メリット、デメリットや代表例も解説

「債券」というと、投資商品の中で比較的「ローリスク・ローリターン」な分類というイメージを持たれている方が多いかもしれません。

また、株式やFXのように価格が乱高下するなかで売買のタイミングを伺わなければならない類のものでもなく、「手離れが良い」商品という側面を大事にされる方もいらっしゃるかもしれせん。

今回紹介する「リンク債」は債券の一種でありながら、高いリターンを狙うことができる、少し特殊な立ち位置にある商品です。

一般的な債券との違いや、リンク債のメリット、デメリット、代表的なリンク債の商品など網羅的に解説していきます。

条件次第では高い利回りを期待でき債券にご興味ある方は、ぜひご一読ください。

リンク債とは

リンク債とは、債券の一種でありながら、株価指標等に連動してリターンが変動する「仕組債」とよばれる金融商品の一種です。

通常、一般に認識されている社債や国債などの債権は期間と利率が定められていて、発行元の債務不履行(デフォルト)が起こらない限りは、決められたリターンが返ってきます。

一方で、仕組債はスワップやオプションといったデリバティブが組み込まれ、条件によって得られるリターンが変わってきます。

リンク債の場合は、その名の通り日経平均などの「指数」に連動(リンク)して償還金額や利率が変化する債券です。

リンクする指数が指定した期間中に一定の水準(ノックイン価格)を割った(ノックイン)場合、その指数の価格に連動して償還される金額も減る一方で、ノックインが起きなければ高い配当が期待できます。

リンク債のメリット

リンク債のメリットは、ノックインが起きなければ通常の債券と比べ、高い利回りが期待できる点です。

ノックインによるリスクが織り込まれている以上、一般的な債券と同程度の利回りであれば誰もそんな金融商品は購入しないですよね?

ノックインが起きない、という確信のもとであれば、高い利回りを期待できる金融商品であると考えることができます。

リンク債のデメリット

一方で、リンク債のデメリットは以下の2つが考えられます。

  1. ノックインによる元本割れリスク
  2. 早期償還により、期待していたリターンが得られない

まず、ノックインによるリスクそのものは、想像に難くないかと思います。

ノックインを起こした場合、満額での償還は約束されません。

実際ほとんどのケースにおいて、元本割れとなるようです。

また、指数の下落が著しい場合、債券の仕組によっては元本がゼロとなるリスクすら孕んでいます。

一方で、指数が上がれば上がっただけ、青天井で高い利回りを期待できるとも限りません。

リンク債の条件の中に「早期償還条項」が組み込まれている場合、期間内に指数が決められた水準以上まで価格が少々すると、満期を待たずに早期償還されます。

この場合は、損失が出ているわけではありませんが、償還された時点でその後の配当は得られなくなるため、期待していたほどのリターンは得られないという結果につながる可能性があります。

リンク債の例

実際に市場で取り扱いの比較的多いリンク債について「日経リンク債」と「クレジットリンク債」を紹介していきます。

日経リンク債

その名の通り日経平均株価と連動しているリンク債です。

事前に定められた基準日からの日経平均株価の変動率等によって償還金額や利率が変動します。

株価観察期間中に日経平均株価が、あらかじめ決められた水準以下となった場合(ノックイン)、その変動率に連動して償還金額も変動することになります。

また同様に、利率決定日における日経平均株価の変動率により、債券の利率も変動することになります。

クレジットリンク債

クレジットリンク債は、クレジット(信用)リスクを別の債券のクレジットに結び付けた仕組み債の一つで、クレジットリンクノート(CLN)とも言われます。

投資家は発行体と参照クレジットの両方のリスクを背負うことで高い利息を得る事ができます。

事前に契約で指定する企業や団体にデフォルトなどのクレジット・イベント(信用問題)が発生しなければ、満期日に額面で償還されます。

一方で、クレジット・イベントが発生してしまうと、期限前に指定企業が発行する債券で償還されますが、元本割れを起こしたり、最悪のケースでは無価値になってしまう恐れがあります。

リンク債を購入する際は、購入時の価格と将来性に注意

リンク債を購入する際は、「ノックイン」「早期償還条項」それぞれの条件を確認しながら、購入時の価格に注意する必要があります。

ノックインに関して、避けたいのは当然のことながら、早期償還についても注意する必要があります。

織り込んで早期償還を期待する投資戦略も考えられますが、満期での償還を期待している場合は、逆に指数が上昇しすぎることで期待していたリターンが得られない可能性もありうるのです。

また、将来性の予測についても、当然重要です。リンク債に設定されている償還期間が長ければ長いほど、様々なイベントからの影響での価格変動リスクを受けます。

従って、購入を検討している商品の償還期間における将来性をしっかりと予測しておくことが求められます。

まとめ

リンク債は、適切な市場予測の元に商品選定を行うことで高い利回りが期待できる一方で、債券でありながらも市場次第では多大な価格変動リスクを受ける可能性もある商品です。

また、条項が複雑に設定されているため、想定外の条件に抵触することで期待していた結果とまったく異なる結果が生じるようなことにも注意しなければなりません。

リンク債を購入する際は、目論見書や契約締結前交付書面などをよく読み、内容を十分に理解しましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事