MENU

人工知能は人間の仕事を奪うのか

モトリーフール・シンガポール支局、201952日投稿記事より

テクノロジーや自動化の進歩によって世界がつながり、データ分析が多くの分野で導入されることで、職場に人工知能(AI)が進出し、人間の力が必要なくなるのでしょうか。

それとも、人間と機械が並んで作業するのでしょうか。

最近、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)とシンガポールの銀行・金融協会(IBF)は、データ分析と自動化が労働力に与える影響に関する新たな調査結果を発表しましたが、労働者にとってネガティブな内容でした。

金融業界だけでも今後3〜5年で3分の1の職種で労働者の削減が可能で、全体的に労働需要の減少につながります。

進化を続ける人工知能の3つのカテゴリー

自動化と機械化の進歩

AIは製造業から検索エンジンやゲームまで、ビジネスのあらゆる側面に浸透しています。

製造業ではこれまで、人間の労働者が繰り返し行う作業を中心にロボットに置き換えていました。

しかし、AIの機能が充実してきたことに伴い、よりカスタマイズされたものや、より分析的な作業も機械などによって行われるようになりました。

AIは効率を高め、コストを削減し、付加価値のない作業を排除できるため、より多くの産業が影響を受けています。

人間と機械のコンビネーション

顧客サービスなど、ビジネスの多くは人間との対応や交渉を必要とするため、機械が人間を完全に引き継いで置き換えることはできません。

また、AIを動かすアルゴリズムやプログラムを実行する人間も必要でしょう。

AIが進化しても、多くの仕事は人間が機械と連携して最良の結果をもたらす形に落ち着くでしょう。

テクノロジーとAIは、人間の仕事を増強し、より生産的かつ効率的になるための下支えとなるでしょう。

スキルの向上

これからの人間の働き方も、AIの影響で時とともに進化し、変化していくでしょう。

将来の職場においては、AIと協働するスキルが求められるかもしれません。

AIの理解と管理に関連するスキルを高めることは、新しい経済に順応するための手助けとなるでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事