MENU

【米国個別株動向】エレクトロニック・アーツ決算:Apex Legendsが好調

モトリーフール米国本社、2019年5月8日投稿記事より

ビデオゲーム大手のエレクトロニック・アーツ(ティッカー:EA、以下「EA」)が7日火曜の夕方に発表した2019年第4四半期(1月~3月)決算は、減収減益でしたが会社予想を上回りました。

なお、期中にリリースした「Apex Legends」の好調な出足と強い2020年度見通しにより、株価は8日水曜に一時6.9%上昇しましたが、1.2%の上昇で取引を終えました。

EAはバトルフィールドVの失速をApex Legendsで挽回し、フォートナイトに追いつくことができるのか?

第4四半期の売上高は前年同期比22%減の12億3,800万ドルでしたが、会社ガイダンスを7,500万ドル上回りました。

1株当たり利益は65%減の0.69ドルでしたが、やはり会社ガイダンスを0.13ドル上回りました。

ネットブッキング(EAがデジタルチャンネルを通じて販売した製品およびサービスの金額)は、前年同期比8.7%増の13億6,000万ドルでした。

2020年度の通期売上高見通しは53億7,500万ドルで、アナリスト予想の51億6,000万ドルを上回りました。

決算に関する電話会議によれば、EAが2月に投入した「Apex Legends」(基本的には無料のバトルロイヤル・ゲーム)は、同社のゲームの中で最も急速にユーザーを獲得しています。

ユーザー数は既に5,000万人に達していて、そのうち30%は新規ユーザーです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Jim Crumlyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、エレクトロニック・アーツ株を推奨しています。

最新記事