The Motley Fool

進化を続ける人工知能の3つのカテゴリー

モトリーフール・シンガポール支局、2019430日投稿記事より

近年、人工知能(AI)が高成長分野として注目されています。

AIはかなり進んでいると感じる人も多いかもしれませんが、技術はさらに進歩していくでしょう。

AIの可能性を認識するという点ではまだ初期段階であり、今後数年間でさらに優れた進化に期待できるでしょう。

もちろん、AIが「自分の領域を超えて賢くなりすぎる」という危険性もあります。

それでは、現在開発が進められている3つのAIのカテゴリーを見ていきましょう。

特化型人工知能(Artificial Narrow Intelligence

現在のAIの主流であるANIは、1つの分野に特化したもので、「弱いAI」と呼ばれAIの基本概念を形成します。

例としては、1つのタスクを実行するような音声認識や音声アシスタントなどがあります。

汎用人工知能(Artificial General Intelligence

AGIは、さまざまなタスクを実行したり、学習したり、改善したりすることができます。

人間の頭脳と同じくらい知的なことを考えることができ、異なる活動やタスクを処理することができる上に、時間とともに学習していきます。

これは、1つのタスクに特化するのではなく、幅広いタスクを学習できるAIを表しています。

AGIの研究は進んでいますが、実用化にはまだ時間がかかるようです。

超人工知能(Artificial Super Intelligence

ASIAIの究極的な姿で、ほぼすべての分野で機械が人間よりも優れた性能を発揮します。

このタイプのスーパーインテリジェンスは抽象的な思考ができ、人間の脳が考えることができないような結果も導き出せます。

ASIが実現した場合、機械があらゆる意味で人間よりも優れていると見なされるため、最終的に人間を超えていくかどうかという問題もあります。

まとめ

AIは有望視されており、交通から医療まで生活の多くの側面で利便性をもたらすでしょう。

ただし、テクノロジーが悪用されないように管理し、常に適切な管理下に置かれる必要があります。

投資家としては、AI関連で台頭するさまざまな投資機会を注視すべきでしょう。 


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事