MENU

ミニ株とは?少額で投資の醍醐味を味わえる投資方法を紹介

ミニ株は少額投資を行う上で、是非とも知っておいて頂きたい仕組みの一つです。

とはいえ

  • ミニ株とは?
  • ミニ株の手数料は?

という疑問をお持ちの投資家の皆様も多いかと思います。

そこでこの記事ではそんなミニ株に対して疑問をお持ちの皆様のお悩みにお答えします。

  • ミニ株とは
  • ミニ株は証券会社によって呼び方が変わる
  • 証券会社ごとのミニ株の手数料まとめ
  • SBI証券(S株)
  • マネックス証券(ワン株)
  • カブドットコム証券(プチ株)
  • 少額から投資を始めるならミニ株を活用しよう
  • まとめ

の順番に重要なポイントのみをご紹介いたします。

少額投資を行う上で重要な知識となりますので、これを機会に理解を深めてみてください。

ミニ株とは

ミニ株とは、株取引において、単元株数の10分の1単位で投資が出来る仕組みのことです。

単元株数とは、通常の株取引を行う際の最低売買単位の事で、以前であれば、1,000株/1単位の銘柄もありましたが、2018年10月以降、全上場銘柄の単元株数が100株/1単位に統一されることとなりました。

ミニ株は、単元株数の10分の1ですので、10株単位から購入することが出来るということです。

例えば、現在の株価が1,500円の銘柄をミニ株で買おうとした場合、最低購入金額は以下の式のようになります。

最低購入金額=1,500円(株価)×10株=15,000円

通常の100株の単元株数での取引であれば15万円必要であった投資を、15,000円で行うことが出来ますので、資金が無い個人投資家の方には、少額から投資を始めることが出来るミニ株はお勧めの投資方法と言えます。

このミニ株を利用すれば、本来、単元株数での1銘柄への投資に回すつもりであったお金を、複数のミニ株銘柄への投資に回すことも出来るようになります。

つまり、これは複数銘柄への分散投資が出来るということであり、その分リスクをヘッジした投資となるのです。

ただ、注意すべきであるのは、ミニ株は各証券会社が独自に行っているものであり、全ての証券会社が取り扱っているわけではないことです。

また、対象となる銘柄や売買の行える取引時間・注文方法が異なります。

加えて、通常の単元株投資であれば、株主優待制度を利用したり、株主の議決権を行使することが出来ますが、ミニ株の場合、ほとんどの銘柄において株主優待制度が利用できず、議決権の行使をすることも出来ませんので注意してください。

少額からの投資にオススメ!「ミニ株」のメリット・デメリットについて解説

ミニ株は証券会社によって呼び方が変わる

ミニ株は証券会社によって呼び方が変わります。

現在、ミニ株の取引を扱っている証券会社としては、野村證券、大和証券、SMBC証券の3社に加えて、インターネット証券のSBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券の3社があります。

なお、野村證券とインターネット証券においては、ミニ株よりもさらに取引株数の少ない1株単位から取引が出来る単元未満株取引のサービスもありますが、ここでは便宜上、それらもミニ株の一つとして説明しています。

それぞれの呼び方は以下の通りです。

  • 野村證券:まめ株
  • 大和証券:株式ミニ投資
  • SMBC日興証券:株式ミニ投資
  • SBI証券:S株
  • マネックス証券:ワン株
  • カブドットコム証券:プチ株

証券会社ごとのミニ株の手数料まとめ

前述した各証券会社のミニ株における取引手数料は、各社間で違いがあります。

ここでは、インターネット証券3社の手数料をまとめています。

SBI証券(S株)

SBI証券の場合、ミニ株も含めた単元未満株を取り扱っているコースとして、インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコース、対面コースの4つがあります。

そして、更にダイレクトコースには、コールセンターとインターネットの2タイプがあり、IFAコースにも、コールセンターとインターネットの2タイプがあります。それぞれの手数料に関しては下記のようになります。

  • インターネットコース:約定代金の0.500%(税込0.540%)、最低手数料50円(税込54円)
  • ダイレクトコース(コールセンター)、IFAコース(コールセンター)、対面コース:約定代金×6%(税込6.48%)、最低手数料2,000円(税込2,160円)
  • ダイレクトコース(インターネット)、IFAコース(インターネット):約定代金の1%(税込1.08%)、最低手数料100円(税込108円)

参考:SBI証券

マネックス証券(ワン株)

マネックス証券において、単元未満株(ワン株)を取り扱っているコースとしては、インターネットとコールセンターの2つがあります。以下がそれぞれの手数料です。

  • インターネット:約定代金の0.5%(税抜)(最低手数料48円)
  • コールセンター:約定代金の1.0%(税抜)(最低手数料1,905円)

参考:マネックス証券

カブドットコム証券(プチ株)

カブドットコム証券において、単元未満株(プチ株)を取り扱っているコースとしては、インターネットとコールセンターの2つがあります。下記にそれぞれの手数料を示しています。

  • インターネット:約定代金の0.5%、最低手数料48円であり、ここに消費税が加算されます
  • コールセンター:上記手数料に2,000円を加算した金額

参考:カブドットコム証券

少額から投資を始めるならミニ株を活用しよう

以上述べてきたように、ミニ株は、単元株投資の10分の1単位で投資をすることが出来ますし、分散投資によるリスク低減効果もありますので、株式投資は、お金がかかるしリスクもあって怖いとお考えの投資家の方であっても、気軽に少額から投資を行うことが出来ます。

是非、ミニ株を活用して、少額からの株式投資をはじめてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、少額投資を行う際に是非知っておいて頂きたいミニ株についての解説を行ってきました。

ミニ株の呼び方や手数料など、一見、簡単に理解することが出来そうなのですが、間違った解釈をしてしまっている場合やあいまいな場合が多くなるところかと思います。

実際に、少額投資を行ったことが無い場合は理解することが難しくなると思いますが、ミニ株のルールや意味は少額投資を行う上でも役に立つことがありますので、今回を機会に是非理解を深めて頂ければと思います。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事