The Motley Fool

【米国個別株動向】ツイッターの株価が4月に21%上昇した理由

モトリーフール米国本社、2019年5月3日投稿記事より

ツイッター(ティッカー:TWTR)の株価は、4月に市場平均を大きく上回りました。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスによれば、S&P500インデックスの4%上昇に対して、ツイッターは21%上昇しました。

4月下旬に発表された2019年第1四半期の増収増益決算が株価を後押ししました。

【米国個別株動向】ツイッター、堅調な米国市場および動画広告で増収増益

なお、ツイッターの株価は、過去1年間で32%上昇しています。

第1四半期決算報告によれば、平均月間アクティブユーザー数が2018年第4四半期より900万人増加し3億3,000万人になりました(なお前年同期比では減少)。

また、増収の一方でコスト削減を進めたため、営業利益は、前年同期の7,500万ドル(売上高の11%)に対して9,400万ドル(同12%)に増加しました。

CEOのジャック・ドーシーと経営陣は、ツイートの質の改善に注力しており、ヘイトスピーチ(憎悪表現)の削除やハラスメントおよび安全性問題への迅速な対応を進めています。

なお、ユーザー数の増加は、フェイスブックなどの競合ソーシャルネットワーク企業に比べると引き続き出遅れるとみられます。

しかし、投資家は、ツイッターがまずまずの営業利益を上げながらユーザー基盤を拡大していることを評価しています。

また、プラットフォームのバージョンアップにより、ユーザーおよび広告主にとって使いやすくなるため、プラットフォームの価値を押し上げることになると考えられます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Demitrios Kalogeropoulosは、フェイスブック株を保有しています。モトリーフール社は、フェイスブック株とツイッター株を保有しており、そして推奨しています。

最新記事