The Motley Fool

確定申告を間違ってしまったらどうなる?起こりがちな間違いと対処法について

年度末に近づくとよく聞く言葉のひとつが確定申告です。

個人事業主や収入源が複数ある人、年収2000万円以上の方は申請の義務があります。

この記事では、確定申告にありがちな間違いについてご説明しています。

初めての確定申告を控えている方、独立に興味のある方はぜひご一読ください。

青色申告申請書や開業届を出してない

不利益としては、青色申告はできないので、赤字の繰越や65万円控除などが使えません。

青色申告は、売り上げが高かったり事業を始めたばかりで赤字だったりする場合に優遇されるものです。

その青色申告ができないので、場合によっては税金の面で損をすることになります。

その年に青色申告申請書を出していなければ、もう手遅れです。

来年はどうすべきか

1~3月の間に青色申告申請書を提出して、次こそ青色申告で出せるように準備することが大切です。

3月15日の期限に間に合わなかった

期日までに提出した場合に比べて、高額な納税が課されます。

延滞金を支払わなければなりません。ペナルティとして数%が税金に上乗せされます。(ただし、今まで一度も滞納したことがない、意図的に滞納したわけではないなどの条件に当てはまる場合、期日から1ヶ月後まではペナルティ無しで納税できます。)

青色申告者の場合、65万円控除が受けられなくなります。

とにかく期限から1ヶ月以内に提出することが大切です。

来年はどうすべきか

早めに準備して、確定申告の受付期間が始まったらすぐに提出できるようにしておきましょう。

レシートを全く保管していない

結果的に多めに税金を支払うことになります。

経費に計上できるものが少なくなり、課税対象が広がるため、多めに税金を支払うことになります。

個人事業主の場合、経費に計上すると、その分は非課税になります。

例えばパソコンを購入した場合、パソコンは仕事で使うものなので経費になります。

そのため、パソコンを買った金額については非課税になるのです。

できるだけレシートや領収書を探しましょう。

クレジットカードで支払いをしている場合は、明細を印刷して「経費の証拠」を残しておきましょう。

来年はどうすべきか

仕事に関係のあるレシートや領収書は全て保管しておきましょう。保管の期間は7年間です。

収入が分からない

1年間の所得が分からないため、虚偽の申告をしてしまうことになります。

確定申告でもっとも重要なのが、1年間の所得を申告することです。

経費や控除の記入も大切ですが、それらは間違えても自分が損をするだけです。

所得で虚偽の申請をしてしまうと、脱税が疑われます。

キャッシュカードの明細や請求書を参考に収入を割り出したり、クライアントに連絡をして、いただいた金額を教えてもらったりしましょう。

来年はどうすべきか

収入はきちんと記録しましょう。

また、クレジットカードと会計ソフトを紐づけて、管理しやすくすることもできます。

控除について知らなくて、何も記入しなかった

支払う税金が多くなってしまいます。

控除とは、課税所得部分から差し引くものです。

控除の条件に当てはまるにも関わらず控除の申請をしないと、余分に税金を支払うことになります。

3月15日の期限を過ぎても修正を申告することができますので、今からでも申請しましょう。

ただし、延滞金は課されます。

来年はどうすべきか

家族構成や同居人が変わる場合は、あらかじめ「どんな控除が適用されるのか」把握しておきましょう。

必要書類が足りなかった

書類が足りないとのことで突き返されます。

税務署の窓口に持っていくと、「書類が足りないので受理できません」と突き返される可能性がありますが、郵送の場合はしばらく経ってから連絡が来ることもあります。

対処法押しては、郵送で申告書類を提出し、後日原本を郵送すると良いです。

場合によっては延滞金を取られますが、放置するとさらにペナルティとしてお金が取られますので、できるだけ早めに郵送することをお勧めします。

来年はどうすべきか?

確実に間に合うよう、確定申告の受付が始まるまでに書類を用意しましょう。

報酬の振込が決まったのは12月末、報酬をもらったのは1月の場合はどうカウントするの?

振込が決まった時点の金額を申請しましょう。

報酬をもらったのは1月だとしても、振込が決まったのが12月であれば、12月の収入と見なします。

まとめ

確定申告や税務署は怖いイメージがあるかもしれませんが、きちんと手続きすれば特に怖いものではありません。

不備があったときは延滞金を払う場合もありますが、誠実に対応すれば高額の請求をされることもありません。

落ち着いて対処し、スマートな確定申告を目指しましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事