MENU

【米国個別株動向】フェイスブック、予想を上回る増収増益決算

モトリーフール米国本社、2019年4月25日投稿記事より

フェイスブック(ティッカー:FB)が24日水曜の取引終了後に発表した2019年第1四半期(1月~3月)決算は、アナリストの予想を上回る増収増益となりました。

決算発表後、株価は時間外取引で約9%上昇しました。

なお、同社は、プライバシー問題を巡る連邦取引委員会(FTC)による制裁金に備え、30億ドルの準備金を計上しています。

4月の決算発表で注目される米国ハイテク株3銘柄

第1四半期決算の概要

・売上高は前年同期比26%増の150億8,000万ドルで、アナリスト予想を1億ドル上回りました。調整後の1株当たり利益(一時的項目を除外)は1.89ドルで、アナリスト予想の1.62ドルを上回りました。

・ユーザー数の増加が続いています。月間アクティブユーザー数は前年同期比8%増の23億8,000万人となりました。日次アクティブユーザー数も8%増でした。成熟しつつあるソーシャルメディア企業としては、1億7,800万人の月間アクティブユーザー数増加は極めて大きいものです。

・北米および欧州での成長は緩やかなものでしたが、それ以外の地域での成長が続いています。アジアの日次アクティブユーザー数は前年同期比13%以上増加しました。

・より重要なことは、フェイスブックはユーザーの収益化に成功していることです。第1四半期に、同社は1ユーザー当たり6.42ドルの売上を生み出しており、これは前年同期比16%増でアナリスト予想も上回りました。

フェイスブック、FTCの制裁を予想

なお、フェイスブックは、プライバシーの侵害問題に関するFTCの制裁金に備え、30億ドルの準備金を計上しました。

経営陣によれば、制裁金は50億ドルに膨らむ可能性があります。

これはネガティブな情報ですが、それでもプライバシー問題の解決が明確になったことは、投資家にとって安心できる要素となるでしょう。

フェイスブックの株価は、プライバシー問題とその解決に要する費用への懸念から、2018年に25%以上下落しました。

しかし、2019年第1四半期の好業績は、フェイスブックはプライバシー問題の懸念に対して依然強靱であることを示唆していると考えられます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者であるMatthew Frankel, CFPは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、フェイスブック株を保有し、そして推奨しています。

最新記事