The Motley Fool

バイナリーオプションとは?仕組みやメリット・デメリットについて解説

出典:Getty Images

バイナリーオプションという投資は初期コストの低さや、操作そのものの単純さ、そしてリスクとリターンが明白である点など、初心者の方でも始めやすい要素が揃っています。

一方で、そのあまりの手軽さからか、仕組みそのものやリスクへの十分な認識がなく始める参入者も多く、国民生活センターから「リスクの高い取引である」との勧告が出ています。

また、バイナリーオプション絡みの詐欺案件を耳にし、「詳しくはないけれど、危険」という方もいらっしゃるかもしれません。

今回はバイナリーオプションについて、改めて整理します。

バイナリーオプションそのものは正規の取引所で扱うものは立派な投資商品です。

メリット、デメリットも比較していますので、参入の可否の参考にもしてただけますと幸いです。

なお、モトリーフールジャパンでは、バイナリーオプションをはじめとした、短期投資商品を推奨するわけではありませんので、ご了承ください。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは二進法(0か1か)の「二者択一」(バイナリー)で損益が確定する、FX投資の一種です。

具体的には、ある時点での為替相場をたとえばドル円の場合、「円安(ハイ)」もしくは「円高(ロー)」の二者択一のみで予測します。

その予測が当たっていれば、利益を得られ、予測が外れていれば、損失が確定します。

通常のFXであれば、変動幅によって損益も大きく変わってきますが、バイナリーオプションにおいては二択が当たったかどうかのみを判定対象とし、変動幅に関係なく利益も損失も一定額です。

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションは、バイナリー(二者択一)を条件とした「オプション取引」です。

「上がるか下がるかを当て、一定の利益、もしくは損失を被る」と、ルール自体は単純明快なバイナリーオプションですが、なぜ投資においてそのような仕組みが成立するかという点は、オプション取引の仕組みを採用しています。

つまり、「上がる」もしくは「下がる」ことを予測し、権利行使価格とすることで予想が当たっていれば、原資とペイアウトが払い戻され、予想が外れていれば原資も損失するという条件のもとでのオプション取引を行う形で、二者択一での、一定の範囲内の報酬・損失での取引が実現しています。

仕組みを理解していなくても、バイナリーオプション自体をはじめることはできますが、ご自身が投資を行うのであれば、最低限の仕組みは理解した上で行うことが奨励されます。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションには以下のようなメリットが挙げられます。

  1. ルール・操作が単純明快で始めやすい
  2. 少額から投資をはじめることができる
  3. 損失が限定されているため、リスクを抑えて投資が始められる
  4. 相場を読むことができれば短期間で大きな利益をあげるとこができる

①まず、バイナリーオプションはおさらいになりますが一番単純な言い方をすれば「上がるか下がるか、当てれば掛け金が増え、外れれば没収される」仕組みです。

初心者でも複雑な知識が不要で始めることができます。(操作が不安な方は、架空の資金を動かす「デモトレード」も、練習用のメニューとして用意されています。)

②また、開始するにあたっても、最低1000円程度あれば取引を始めることはできるため、実際に資金を入れて投資に参入してみるハードルも低いです。

③上記に加え、投資初心者にとって何よりも安心できるのは、損失が限定されている点ではないでしょうか?

FXがハイリスクハイリターンと言われる所以は、高いレバレッジをかけることにより、予測と逆方向に大幅な価格変動があった場合、元本以上の損失を被る恐れがある点です。

バイナリーオプションにはレバレッジという概念はなく、単に「外れた場合、資金が失われる」というルールがあるだけ。

それ以上の損失を被ることはありませんので、適切なリスク管理を行っていれば、損失を限定することができます。

④このように初心者に優しい性質を多く持つバイナリーオプションですが、初心者向けの投資、というわけではなくバイナリーオプションで大きな利益をあげるプロのトレーダーもいます。

相場が上がるか下がるかだけなので予測するのは簡単、というと語弊があるかもしれませんが、相場を読む精度を上げていてれば手堅く勝ちを重ねられ、かつ損失も限定的です。

「手堅く勝ち安い取引」として上級者に愛用されているケースもあります。

バイナリーオプションのデメリットとリスク

一方で、バイナリーオプションには以下のようなデメリットやリスクも存在します。

  1. 適切な資金管理を行えなければ、損失は膨らんでいく
  2. 単純計算における期待値はマイナスである
  3. 選択する業者を誤ると、資金を持ち逃げされる可能性がある

①先ほど、デメリットの中で、単純明快なルールで初心者にも始めやすいことを言及しましたが、裏を返せば投資のリテラシーの備わっていないプレーヤーでも参入できてしあう市場であるということ。

「正しく管理すれば」損失は限定的であることは事実ですが、経験や学習が不足している初心者にとって「正しい管理」というのは言われてすぐにできるようなものではありません。

国民生活センターが警告を出しているのは、この点への注意喚起の側面が強いと考えられます。

②バイナリーオプションは、外せば資金が失われる(-100%)である点は固定されていますが、当てた場合のリターンは+100%ではなく、実際のペイアウトは少し低い利率になります。(利率は相場によって変動します。)

つまり、トータルでの期待値はマイナスです。

実際のバイナリーオプションは相場を読んで予想することが求められますが、適切な予測ができず丁半博打のようになった場合、その期待値はマイナスであることは認識しておいた方が良いでしょう。

③最後に、適切な業者を選択すれば回避できる話ではありますが、海外の無許可の業者などで登録を行った場合、出金ができなくなるなど、資金を持ち逃げされるトラブルが起こることが予想されます。

少し慣れてきた段階で、高額なインセンティブに釣られて無許可の業者に登録等しないよう、一応抑えておいてほしいポイントです。

バイナリーオプションが出来る取引所

バイナリーオプションは国内の一部のFX業者、および、海外のFX業者にて行うことができます。

国内の業者は、「一般社団法人金融先物取引業協会」に所属し、その規制の元に運営されています。

海外の業者の運用は規制の外にあるため、5分といった短時間での決済など投機的な側面の強い取引を行うこともできますが、その分ハイリスクであり、場合によっては、出金不能などのトラブルに見舞われることもあります。

国内でバイナリーオプションができるのは、以下の業者です。

  1. IG証券(バイナリーオプション)
  2. GMOクリック証券(外為オプション)
  3. FXプライムby GMO(選べる外為オプション)
  4. トレイダーズ証券(みんなのオプション)
  5. YJFX!(オフトレ!)
  6. FXトレードフィナンシャル(バイトレ)
  7. ヒロセ通商(LION BO)

まとめ

バイナリーオプションは初心者にとってハードルの低い要素を多く持ち合わせている取引手法です。

ただし、事前知識や経験がなくても簡単に参入できてしまうがゆえに、初心者が適切な資金管理を行えず、不用意に損失を出してしまうようなケースも多発しています。

「単純だから」と無暗に参入するのではなく、しっかりと仕組みや投資そのもののリスクコントロールも理解した上で、信頼のおける業者を選んで参入することが求められます。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

最新記事