MENU

信用取引の買い残・売り残とは?信用残が相場に与える影響について解説

リスクの高い信用取引ですが、自分の持っている資産よりも大きな資産で投資を行えるため、多くの投資家が利用しています。

そのため、株式によっては信用取引で買われた株が売買高を上回る場合もあり、株価に対する影響力も高いです。

現物取引だけを行っている投資家にとっても無関係ではありません。

そこで今回は、信用取引を理解するうえで覚えておくべき買い残・売り残について解説します。

買い残・売り残が相場に与える影響や、買い残・売り残の確認の仕方、信用倍率についても併せて解説します。

今回の記事を読めば、信用取引の事を理解でき、株式に対する理解が深まるはずです。

ぜひ、最後までご覧ください。

信用取引の買い残・売り残とは?

買い残・売り残は信用取引を行う際に出てくる用語になります。

信用取引は、自分の持っている資産を担保にして、自分の持っている資産以上のお金を借りるか、証券会社から株を借りて行う投資方法です。

この時、投資家は証券会社に対して借りた資金か株を定められた期限内に返却する義務があります。

その返済義務が果たされていないで取引されている株数の事を買い残・売り残と言います。

両方を合わせて信用残とも言います。

買い残の場合は、信用取引によって借りたお金で買われた株式の数。

売り残は、信用取引によって借りられて売られた株式の数となります。

どちらも借りたまま、返済されていない状態を指しますが、どちらが多いかによって株式に対する投資家の期待が読み取れます。

買い残・売り残の増減が相場に与える影響

株価とは投資家の需要と供給のバランスによって変動します。

人気の高い株式は株価が上がりやすく、人気の低い株式は株価が下がりやすいです。

信用取引は失敗した時の損失が現物取引よりも大きくなるため、投資家には多くの知識が要求され、株式に対する目も厳しくなります。

そのため、買い残が多い株式は、「これから株価が高くなると判断したから借金をしてまで購入された株式」といえます。

反対に、売り残が多い株式は、「これから株価が下がっていくと判断したから株を借りて売却された株式」といえます。

ですが、信用取引において重要なのは借りた物は返さなくてはいけない事です。

借りた資金で購入した株は、期限内に資金を返さないといけないため売りに出されます。

反対に借りた株を売った場合は、期限内に借りた株を返さないといけないため買われます。

つまり、買い残・売り残のどちらかが多すぎると、どこかのタイミングで反対の事が起きる可能性が高いです。

買い残が多いと、一斉に売り注文が起きて株価が下がり、売り残が多いと一斉に買い注文が起きて株価が上がります。

買い残・売り残の増減は、投資家の期待が株価の上下のどちらに傾いているのかを計る目安となり、片方が多すぎると、株価が大きく動く可能性が高まります。

株価が変動すれば、現物取引だけを行っている投資家にとっても無関係ではありません。

そのためにも、信用取引を行っている投資家が売り買いするタイミングを見極めるのが重要になってきます。

買い残・売り残はどのように確認する?

買い残・売り残は証券会社などで公開されている株価のページで確認できます。

現在の株式の数だけでなく、前の週と比較してどれだけ増減したのかと、賃借倍率についての情報が表示されています。

買い残・売り残の前週比

買い残・売り残は一週間ごとにそれぞれの増減が結果として出ています。

売りと買い、どちらに勢いがあるのか、過去の記録と比べると一目瞭然で分かります。

買い残・売り残の信用倍率

信用倍率とは、買い残を売り残で割った物を数値化した倍率になります。

売り残が多い時は数字が1倍を下回り、買い残が多いと1倍を上回ります。

上記でも説明したように、買い残・売り残のどちらかが多い時は、株価が大きく動く可能性があります。

例えば、信用倍率が12倍だとしたら、買い残が多い事になり、「投資家たちは株価が上がると期待して信用買いを大量にしているが、どこかのタイミングで売り注文に切り替わる」と読み解く事が出来ます。

信用倍率を確認して株価の将来性を見極めよう

そのためにも重要になってくるのが信用倍率になります。

信用倍率が1倍から大きく離れた数字だと、どこかのタイミングで株価が動く可能性が高いです。

ただし、信用倍率だけでは株価を予測するのは危険です。

買い残・売り残の前週比の推移や残高、そして信用取引が行われている株数が全体の取引の何割を占めているかも重要になってきます。

信用取引が行われている株数が、全体の1割も満たなかったら、どれだけ信用倍率が1倍から離れていても株価の変動は起きにくいです。

逆に買い残高・売り残高が平均売買高を大きく超えていれば、その影響力は高くなります。

まとめ

以上が、買い残・売り残に関する解説になります。

買い残・売り残は株価に対して大きな影響を与える可能性があります。

そのため、現物取引のみを行っている投資家であっても注目すべき数字となります。

今回の記事を読んで、株式への理解が深まれば幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事