The Motley Fool

コンドミニアム投資とは?コンドミニアム投資に向いている国も解説

人気の高い海外投資ですが、その中でもコンドミニアム投資は多くの投資家から注目されており、セミナーや講演が開かれています。

そのため、聞いたことはあるけど、どういった投資方法なのか分からないという人も居るかもしれません。

そこで今回は、コンドミニアム投資とはどんな投資方法なのか解説いたします。

コンドミニアム投資と通常の不動産投資との違いや、メリット・デメリット、コンドミニアム投資に適した国についても解説します。

ぜひ、最後までご覧ください。

コンドミニアムとは?

コンドミニアムとは、分譲マンション・ホテルの一種です。

普通のホテルとは違い、その土地に住んでいるかのように長期滞在したい人々の要望に応じて誕生したスタイルで、広々としたリビングやキッチン、生活家電が揃っているのが特徴です。

主に富裕層が利用するリゾート地で見かける宿泊スタイルで、有名なのがハワイのワイキキなどになります。

日本国内でも広がっており、利用した事のある人は年々増加しています。

他に同じ意味を持つ単語として、「サービスアパートメント」や「レジデンス」などもありますが、リゾート地にある物をコンドミニアム、都市部にある物をサービスアパートメント、都市部にある富裕層向けをレジデンスと分類されます。

通常の不動産投資との違いは?

コンドミニアムと通常の不動産投資の違いは、コンドミニアムがある場所は人気リゾート地である点です。

毎年、多くの観光客がシーズンになると押し寄せて来るため、一定の需要が期待できます。

ただし、通常の不動産投資なら、賃貸だと利用者が管理・清掃を行いますが、コンドミニアムだと管理・清掃は所有者が手配する必要があります。

コンドミニアムはマンションなどの物件を購入し旅行会社を通じて貸し出すバケーションレンタルタイプと、不動産などが運営する施設の部屋や建物を購入して貸し出すホテルタイプがあります。

後者なら管理・清掃は管理会社が行ってくれるなどのメリットがあります。

コンドミニアム投資のメリット

コンドミニアム投資には幾つかのメリットがあります。

代表的なメリットを解説します。

リゾート地のため需要が高い

上記でも触れましたが、コンドミニアム投資の対象になる物件は人気リゾート地が多いです。

そのため、バケーションシーズンになると多くの観光客が押し寄せて来るため、高い需要が望めます。

高い利回りが期待できる

リゾート地でコンドミニアムを利用する人々は富裕層が多いです。

富裕層のバケーションは長く、一カ月以上滞在する人も珍しくありません。

長期利用者が増えれば安定した収入となり、高い利回りが期待できます。

購入すれば自分で利用することもできる

コンドミニアム投資を簡単に説明すれば、海外に別荘を購入して自分で使わない時は人に貸し出す投資です。

そのため、購入した物件を別荘として自分で使う事もできます。

分散投資や節税効果がある

投資を行う上で重要なのは、資産を一カ所にまとめて投資をしない事です。

資金を一カ所に注ぎこんで投資をして、暴落した時は目も当てられません。

投資先は複数に分割し、安定して収入を得られる物を複数持つ事が理想となります。

コンドミニアム投資を始め、不動産投資は分散投資のやり方として有名です。

また、コンドミニアム投資を含めた不動産投資は、節税効果を期待できます。

投資などで発生した収入を減らすことで所得税を減らせます。

コンドミニアム投資のデメリット

メリットが豊富なコンドミニアム投資ですが、やはりデメリットもあります。

コンドミニアム投資における代表的なデメリットを解説します。

物件の維持・清掃費が発生する

コンドミニアムは不特定多数の人が利用します。

中には内装や備品を破損、盗難する利用者も居るかもしれません。

そんなトラブルの損失は所有者が補てんする事になります。

ある程度は管理会社の保険や管理もありますが、それでも全てをカバーできるとは限りません。

利用者を確保できなければ大損

人気リゾート地だと需要は高いですが、それでも利用者が確保できるかどうかは運です。

バケーションシーズンだったが、長期利用者を確保できずに維持費や修繕費だけが掛かってしまった、というケースは珍しくありません。

物件のある国の政治経済に左右される

コンドミニアムのある国が政治的に不安定で、デモやストライキが発生しているとリゾート地の魅力は下がります。

経済的に困窮していれば、コンドミニアム自体が建設されない、と言う場合もあります。

新興国だと仲介業者がずさんで、金銭的なトラブルが頻発しています。

このように、コンドミニアムの所在国の政治経済次第で、安定した収入が得られるかどうかが決まります。

契約内容によっては自分で利用できない場合がある

上記でも触れた様に、コンドミニアムは2種類のタイプがあります。

バケーションレンタルタイプは、所有者がそのまま管理者となりますが、ホテルタイプだと管理会社が介入するため、契約内容によっては所有者が別荘として使えない場合もあります。

契約書はきちんと読み、メリットやデメリットは確認しましょう。

コンドミニアム投資に適した国々

コンドミニアム投資は、主にリゾート地をターゲットにしています。

そのため、ハワイのワイキキやオーストラリアのシドニー、シンガポールのクス島などが人気です。

最近だと、フィリピンのセブ島が投資対象として非常に人気です。

コンドミニアム投資をする上で重要なのが、経済の安定度・治安の高さ・英語が通じるかどうかです。

特に、英語が通じるリゾート地は人気が高いため、コンドミニアム投資としてオススメです。

フィリピンはリーマンショックの影響を受けず、治安に関しては中心地なら先進国並みに安定しており、アジアでも英語が十分通じる国となっており、3つの条件に全て当てはまっています。

コンドミニアム投資はどうやって行う?

コンドミニアムを含めた海外不動産投資は、不動産会社を通じて行います。

英語力や情報収集に不安があるなら日本の不動産会社に、どこの国のコンドミニアムが欲しいのかを説明して物件を探してもらいます。

ただし、日本の不動産会社が現地の不動産会社などと交渉するため、手数料が増えてしまう可能性はあります。

英語や情報収集に自信があるなら、現地の不動産会社に直接コンタクトを取りましょう。

その国にある不動産会社なら、多くの人脈や情報を持っているため、日本の不動産会社を通じてだと分からなかった物件を見つけるチャンスがあります。

ただし、その不動産会社が信頼できる業者なのかどうか、不安要素はあります。

まとめ

以上がコンドミニアム投資になります。

コンドミニアムや海外不動産に対する人気は高いですが、同時に失敗するリスクも高いと覚えておきましょう。

今回の記事を読んで、投資に関する知識を得られたら幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事