The Motley Fool

トレンドを見極めるエリオット波動とは?フィボナッチ数列との関係も解説

投資を始めると最初にぶつかるのがチャートの動き方です。

自分が購入した株式は、どこで株価上がるのか、あるいは下がってしまうのか分からず不安に思うはずです。

そんな初心者に知ってもらいたいのがエリオット波動になります。

エリオット波動は株式のみならずFXでも大いに役立つ分析方法で、株価やFXの動きを分析するのに役立ちます。

そこで今回は、エリオット波動がどうして株価の分析に役立つのか解説します。

エリオット波動の種類や、エリオット波動とフィボナッチ数列の関係についても解説します。

今回の記事を読めば、投資に関する知識が身に着くはずです。

エリオット波動とは?

エリオット波動とは、相場は5つの局面と3つの局面をセットとした周期を繰り返すという考え方です。

発案したラルフ・ネルソン・エリオット曰く、「市場の価格変動には一定の秩序が存在する」とされており、欧米の投資家を中心に広まっています。

株価は上昇と下降を繰り返しますが、エリオット波動では上昇トレンド中は「上げ→下げ→上げ→下げ→上げ」の5つの上昇波を繰り返し、今度は「下げ→上げ→下げ」という3つの下降波を迎えて価格が安定するとされています。

逆に下降トレンド中では、「下げ→上げ→下げ→上げ→下げ」の5つの下降波を繰り返し、今度は「上げ→下げ→上げ」の3つの上昇波を迎えて、価格が安定します。

つまり、エリオット波動を使いこなせれば、上昇トレンド中の5回目の上昇波を見極めて売る事ができ、下降トレンド中は5回目の下降波を見極める事できます。

数理統計学的根拠は特にない経験則だとされる一方で、世界大恐慌やブラックマンデーのような大暴落を的中させています。

エリオット波動の種類

ここでは上昇トレンド中のエリオット波動について解説します。

上昇波

エリオット波動では、最初に来る5つの波を推進波と呼びます。

値動きのイメージとしてはWを描くように、チャートが動きます。この推進波は波形によって種類が違っており、主にインパルスとダイアゴナルに分類されます。

インパルスの特徴は、

  • 3つ目の波が、1つ目の波と5つ目の波よりも短くなる事は無い。
  • 2つ目の波が、1つ目の波のスタート地点を下回る事は無い。
  • 4つ目の波が、1つ目の波の高値を割る事は無い。

になります。

インパルスだと5つ目の波が、1つ目の波と3つ目の波を結んだ直線の延長線上まで来やすい相場になっています。

ダイアゴナルの特徴は、上記3つに加えて、

  • 4つ目の波が、1つ目の波と重なる

になります。

ダイアゴナルだと5つ目の波が上昇する期間は長いが、上昇する幅=株価の上がり方が小さい傾向にあります。

上昇波で重要なのが「3つ目の波が、1つ目の波と5つ目の波よりも短くなる事は無い」になります。

もし、3つ目の波が他2つの波よりも短かった場合は、そもそも上昇波では無いと判断しましょう。

上昇波を分析する上で覚えておくべきなのは、「上記のポイントが揃うのは偶然であり、偶然揃ったらエリオット波動の理論が適用しやすい」という事です。

なぜなら、上昇波を上昇波と分析するには、5つの波が全部出そろってからになります。

最初の波の時点で、これは上昇波と判断する事は不可能であり、3つ目の波は必ず1つ目の波を越える、と思いこむのは危険です。

5つの波が偶然、エリオット波動の上昇波になっていれば、次は下降波が来ます。

下降波

エリオット波動では、5つの波が来た後に3つの波が来ると考えられています。

投資家の熱で上昇した価格を、適正な価格に戻す事から修正波とも呼ばれています。

下降波は種類が多く、覚えきるのは難しいと言われています。

今回は、下降波でもメジャーな3つに絞って解説します。

下降波は大まかに言えば、急こう配な修正と、横ばいな修正に分けられます。

ジグザグは急こう配な下落に分類され、チャートではNを逆さまにしたような動き方をしています。特徴としては、

  • 2つ目の波が、上昇波の5つ目の波を越える事は無い。
  • 3つ目の波は、1つ目の波よりも長くなり、重なる事は無い。

というのが、上げられます。

一方で横ばい修正には、フラットとトライアングルがあります。

フラットの場合は、

  • 2つ目の波が、上昇波の5つ目に近づく。

という特徴があります。

フラットの怖い所は、一時は上昇波の最高値に近づくため買いが殺到しますが、その反動とばかりに売り注文が入りやすく、一気に価格が下落。

下落期間が長くなり、下落幅も大きくなりやすいです。そのため、急こう配な修正に分類される事もあります。

トライアングルはちょっと特殊で、

  • 3つ目の波が、2つ目の波を下回らない

場合に発生しやすいです。

その場合、値幅が小さくなっていき、一定のラインを越えたら上昇トレンドに切り替わりやすいです。

下降波で怖いのは、価格の下落がどこまで続くかという所です。

それを見極めるのに役立つのが、フィボナッチ数列になります。

エリオット波動とフィボナッチ数列の関係

フィボナッチ数列とはレオナルド・フィボナッチが考えた、人が美しいと思ったりする物を導き出す数式です。

大雑把に解説すると、「2つ前の頂と、1つ前の頂を足していく数列」となり、「1、1」からスタートしていき、「1、1、2(1+1)、3(1+2)、5(2+3)、8(3+5)」となっていきます。

この時、数列の長さを持った正方形を並べると、人が美しいと感じる黄金比が誕生します。

フィボナッチは、自然界や人間の間にある事象は、黄金比によって当てはまると考えました。

驚くことに、フィボナッチの考えた黄金比は絵画の構図や生き物の形に当てはまり、そしてエリオット波動にも役立つと分かったのです。

エリオット波動の下降波のジグザグは、3つ目の波がどこで止まるのか分かりにくいです。

しかし、フィボナッチ数列の黄金比、1:1.618の法則を当てはめる事が出来ます。

具体的には、

  • 1つ目の波のスタートからゴールまでの値幅を1とする
  • 3つ目の波のスタートからゴールまでの値幅を618とする

となります。

例えば、1つ目の波の値幅が300円なら、3つ目の波値幅は485.4円となります。

また、フィボナッチ数列は上昇波にも適用できます。

インパルスを例にすると、1つ目の波の値幅と3つ目の波の値幅は、黄金比の関係になりやすいのです。

フィボナッチ数列は人の共通意識の数列化と言われており、普遍的な物の美しさや感じ方を数式で表しています。

株式やFXは人の意識が価格に影響を与えているため、フィボナッチ数列と相性が良いのかもしれません。

エリオット波動はどのような局面で使える?

エリオット波動は売るべきポイントと買うべきポイントの指標になります。

エリオット波動を分析する事で、短期・中期・長期別にトレンドを見極めて、今が上げ相場なのか下げ相場なのか、それがいつまで続くのかを見極めるのに役立ちます。

投資を始めたばかりの人には難しく感じられるかもしれませんが、意識的に行っていけばチャートの動き方を勉強するのに役立ちます。

エリオット波動を覚えてトレンドを見極めよう

株にしろFXにしろ、タイミングを外すと大きく損をしてしまいます。

大事に集めた資産を使って投資するなら、なるべく上手に投資を行いたいです。

そのためにも、エリオット波動は難しいですが、身に付けておくべき知識になります。

ただし、全ての相場がエリオット波動の通りに動くとは限りません。

世界情勢次第で、大きな変化が起きるかもしれません。

投資をする際は、投じた資産が零になっても大丈夫な、余剰資産で行いましょう。

まとめ

以上が、エリオット波動の解説になります。

エリオット波動は奥が深く、種類も複雑で全てをマスターするのには時間が掛かります。

ですが、身に付ければきっと役立つ知識になります。

今回の記事を読んで、投資の知識が深まれば幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事