MENU

日経平均から見える日本の景気とは?日経平均に連動するインデックスファンドを比較

投資を始めると日本の経済がどうなっているのか知りたくなり、経済ニュースなどを見るようになります。

しかし、出てくる単語や数字が何を意味しているのか分からないと、内容を理解するのは難しいです。

特に頻繁に出てくる日経平均が何を指しているのか知っておくべきです。

そこで今回は、経済ニュースで頻繁に出てくる日経平均が何なのかを解説します。

日経平均を理解する事で見えてくる日本の景気動向や、日経平均に投資するインデックスファンドを比較します。

今回の記事を読めば、株式に対する知識が深まるはずです。

日経平均とは?

日経平均株価とは、指定された株式の平均株価です。

日本経済新聞が東証一部に上場している企業の中から選んだ225社の株価を、ある計算式に基づいて出した平均となっており、日本経済の動向を知るのに役立つ指標です。

日本経済新聞が選んだ225社の平均株価という事で、日経225と略される事もあります。

日経新聞が選ぶ225社

日経新聞が選ぶ225社は、毎年同じとは限りません。

基本的には成績が良い企業が中心となっており、成績が落ちた企業は毎年10月に行われる定期入れ替えで外されてしまいます。

そして、成績の良い企業が225社の中に新しく加わります。

ちなみに、経営破たんや経営再編などを行い上場廃止になった場合は、すぐに臨時入れ替えが行われるため、225社を下回る事はありません。

選ばれる基準は、株価が高い事と成長性が高い事、そして安定している事です。

そのため、225社に選ばれると株価が跳ね上がり、逆に225社から外されるとイメージが悪くなり株価が急落しやすいです。

また、225社は6つのセクター、36の業種に分かれており、産業で偏りが起きらないように満遍なく選ばれます。

そのため、225社に選ばれた企業は、国内でもトップクラスと認められた優良株とも言えます。

日経平均の見方

日経平均は普通の株式と同じように、証券会社からチャートを確認する事ができます。

同じ株価指数のTOPIXと違い、単位は円となっています。

日経平均を分析する上で重要になってくるのは、日経平均が日本経済のどこの動向を示しているかという事になります。

というのも、日経新聞が選ぶ225社は国内の優良企業ではありますが、日本企業の全てではありません。

日経新聞が選ぶ225社の合計時価総額は、東証一部の合計時価総額の約60%とされています。

2019年2月末日の東証一部の時価総額は約606兆円のため、225社の合計時価総額は約363兆円。

全ての市場にある株式の合計時価総額は約629兆円のため、225社は全体の約57%になります。

一方でTOPIXは東証一部に上場している全ての株式を対象としているため、全体の96%をカバーしている事になります。

このように日経平均よりもTOPIXの方が日本経済を広くカバーしているため、日本経済全体の動向を知るにはTOPIXの方が正確だと言われています。

実際に日経平均と企業の動向を見比べても、一致する箇所は少ないです。

では、日経平均が何の役に立つかと言うと、どの分野の産業が伸びているのか、落ちているのかを知るのに役立ちます。

日経平均は日本の産業割合と一致するように225社を選別しています。

2000年に行われた大規模な入れ替えでは、新たにIT分野の企業が多く参加しました。

その後、ITバブルが弾けたことを受け、日経平均は大きく減少しました。

近年でも日経平均が大きく下落しましたが、米中貿易摩擦によって素材や技術が伸び悩んだ結果となります。

このように、日経平均は日本の各産業が安定しているかどうかを見極めるのに役立つ指標となります。

日経平均に投資するメリット

日経平均は株価指数のため、普通の株式のように投資する事は出来ません。

この場合は、225社に投資する事を指します。

日本経済新聞が選んだ225社はどれも優良株となり、短期間で大きく上昇する事は無くても、滅多な事で値崩れしない株式と言えます。

また、複数の産業が選ばれているため、分散投資がしやすいです。

しかし、日経平均の株はどれも購入する最低金額が高く、個人投資家が分散投資をするにはハードルが高いです。

インデックスファンドなら日経平均に丸ごと投資できる

そこでオススメなのが、インデックスファンドになります。

インデックスファンドとは日経平均やTOPIX、NYダウなどの株価指数に沿うように投資運用するファンドになります。

ファンドは個人投資家から資産を集める事で、より大きな投資運用を可能としており、個人投資家だけだと難しい日経平均の分散投資が可能となります。

日経平均のインデックスファンドの場合、225社の株式を購入する事で、日経平均の動きに沿った成績を上げます。

この事から、インデックスファンドを購入する事は市場を1つ持つとまで言われています。

インデックスファンドのメリットは、多くの株式を購入する事で、どれかが値崩れしても他でカバーできるため、損失を少なくできます。

また、インデックスファンドは一般的なファンドと比べて、コストが安いのも魅力です。

一般的なファンドはプロに運用を任せるため、高額な信託報酬が発生します。

しかし、インデックスファンドは株価指数に合わせるために、既に定められた計算式を元に売買するため信託報酬が安くなっています。

日経平均に投資できるインデックスファンド

日経平均に投資できるインデックスファンドは、いくつか種類があるため主なインデックスファンドについて紹介します。

野村インデックスファンド・日経225

Funds-i 日経225とも呼ばれる野村インデックスファンド・日経225は買付手数料が無料で、信託報酬が0.43%となっています。

純資産を順調に増やしており、利益を上げているため優良なファンドですが、基準価額が他と比べればやや高いです。

eMAXIS日経225インデックス

三菱UFJ国際投信が取り扱っているeMAXIS日経225インデックスは、買付手数料が無料で、信託報酬が0.43%となっています。

野村インデックスファンド・日経225ほどではありませんが、こちらも純資産を順調に増やしており、安定した利益を出しているファンドです。

ただし、こちらも基準価額が他と比べてやや高いです。

SMT日経225インデックス・オープン

三井住友トラスト・アセットマネジメントが扱うSMT 日経225インデックス・オープンも、買付手数料が無料で、信託報酬が0.39%となっています。

上記2つに比べれば純資産は少ないですが、それでも289億円と好調さをアピールしています。

しかし、上記2つよりも基準価額が高いです。

たわらノーロード日経225

名前の通りたわらがトレードマークのたわらノーロード 日経225は、買付手数料が無料で、信託報酬が0.18%です。

純資産は123億円と上記に比べれば少ないですが、好調な成績を残しています。

基準価格が上記の半分以下となっているため、人気が高いインデックスファンドです。

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

こちらも三菱UFJ国際投信が取り扱っているファンドになります。

買付手数料が無料で、信託報酬は今回紹介した中では最も低い0.16%となっています。

スタートしたのが2018年3月のため、純資産が16億円と少なく、基準価額も最も少ないため、これからが注目されるインデックスです。

インデックスファンドを購入する時の注意点

一般的な投資信託だと、定期的に分配金が発生しますが、インデックスファンドでは分配金は発生しません。

資産運用で出た利益は、全て原資に回されるため、インデックスファンドで利益を得るには自分が購入した時よりも高値の時に売る必要があります。

この時重要なのが、利益がコストを上回らないと損が出てしまうという事です。

インデックスファンドの場合、買付手数料などは無料ですが、信託報酬がコストとしてかかります。

このコストを事前に計算し、どのタイミングでいくら以上だったら損が出ないという計算を事前にしておきましょう。

また、日経平均に合わせて動くため、日経平均が冷え込めば運用成績が落ち込んで、元本割れを起こすリスクもあります。

まとめ

以上が日経平均とインデックスファンドの解説になります。

日経平均は分析が必要になりますが、日本のどの産業が好不調なのかを調べるのに役立つ指標です。

そして、インデックスファンドは株価指数を使った投資信託で、分散投資のメジャーな投資方法だと覚えておきましょう。

今回の記事を読んで、株式に対する知識が深まれば幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事