The Motley Fool

【米国個別株動向】イーベイ、予想を上回る好決算

モトリーフール米国本社、2019年4月23日投稿記事より

Eコマース大手のイーベイ(ティッカー:EBAY)は12日、アナリスト予想を上回る2019年第1四半期(1月~3月)決算を発表しました。

マーケットプレイス・プラットフォームの改善と広告および決済関連の成長が下支えとなっています。決算発表後、株価は約5%上昇しました。

第1四半期の概要

財務指標 2019年第1四半期 2018年第1四半期 前年同期比
売上高 26億4,300万ドル 25億8,000万ドル 2.4%
継続事業のGAAPベースの純利益 5億2,100万ドル 4億700万ドル 28%
GAAPベースの希薄化後1株当たり利益 0.57ドル 0.40ドル 42.5%

出典:イーベイ

・為替中立ベースの売上高は前年同期比4%増でした。

・非GAAPベースの調整後ベースでは、継続事業の純利益は10.9%増の6億800万ドルでした。調整後の1株当たり利益は26.4%増の0.67ドルでした。

・GMV(流通総額)は報告ベースで4%減、為替中立ベースで1%減の226億ドルでした。

・プラットフォーム全体のアクティブバイヤー数は、前年同期比4%増の1億8,000万人で、前四半期の1億7,900万人からも増加しています。

・マーケットプレイス・プラットフォームの売上高は3%増(通貨中立ベースでは4%増)の22億ドルでした。

・第1四半期に4,200万株を15億ドルで買い戻しましたが、自社株買いの資金枠は3月末時点でまだ57億ドル分残っています。

今後の見通し

2019年第2四半期についてイーベイは、26億4,000万ドル~26億9,000万ドルの売上高(為替中立ベースで前年同期比2%~4%増)と0.61ドル~0.63ドルの調整後1株当たり利益を予想しています。

2019年通年の見通しについては、108億3,000万ドル~109億3,000万ドルの売上高を予想しており、為替中立ベースのオーガニックな成長率2%~3%を見込んでいます。

これにより、通年の調整後1株当たり利益を2.64ドル~2.70ドルと予想しており、これは当初のガイダンスレンジよりも全体的に0.02ドル上昇しています。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者であるSteve Symingtonは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、イーベイ株を推奨しています。

最新記事