The Motley Fool

普通社債よりも利回りが高め?劣後債の魅力をお伝えします

投資家の皆さんの多くは、預金、債券、株式とバランスよく投資することの大切さを知っている方も多いでしょう。

その中でも預金と株式については馴染みがありますが、債券について詳しく知っている人は少ないのが現状です。

そのような債券の中に劣後債というものがあるのをご存知でしょうか?

実は劣後債は普通社債や個人向け国債に比べリターンが高いのが特徴です。

そこでこの記事では、

  • 劣後債とは
  • 劣後債に投資するメリット
  • 劣後債に投資するリスク
  • 劣後債を購入するには?

以上についてお伝えしていきます。

この記事を読んで頂ければ、劣後債について理解でき、今後のポートフォリオ設計に大いに役立てることが可能になるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

劣後債とは

企業が事業拡大のために資金調達をする際、銀行からの借り入れ、株式の発行、そして社債の発行という3つの手段が存在します。

銀行からの借り入れと株式の発行には馴染みのある方も多いかと思いますが、社債の発行を理解している人は少ないのではないでしょうか。

その社債の一つの種類として劣後債があります。

劣後債とは企業が発行する社債のうち、元本や利息の支払い順位が低い社債のことを指します。

債務不履行のリスクが大きいため、利回りが相対的に高く設定されることが特徴です。

参考:野村證券

劣後債は債券の一部ですが、そもそも債券の特徴としては、

  • 発行体が破綻しない限り元本が全額返ってくる
  • 利回りも約束され、安定した運用ができる
  • リスクが低い分、リターンも低い

このような特徴があります。

企業が発行する、と聞くと株式をイメージされることが多いかと思いますが、実は債券も発行できるのです。

そしてその企業が発行できるものとして以下のようなものがあります。

  1. 普通社債
  2. 劣後債
  3. 普通株式

普通社債や劣後債など社債と、普通株式はよく混同されますが特徴は大きく異なります。

大きな違いとして、

  1. 株式の配当は売上や利益によって左右されるが、普通社債や劣後債は発行時にあらかじめ決められている
  2. 株主総会などでの議決権が与えられない

株式と同様に企業が発行するもので変わりないのですが、このように特徴も違います。

両社の違いをしっかりと理解しておくことが重要です。

劣後債の位置づけや特徴をお伝えしてきましたが、さらに深く見ていくため以下ではメリットについて解説していきます。

劣後債に投資するメリット

  • 劣後債のメリットは以下の通りです。
  • 株式よりもリスクが低く安定した利回りを期待できる
  • 普通社債よりもリターンが高い

株式よりもリスクが低く安定した利回りを期待できる

企業に投資をする、と聞くと真っ先に思い浮かべることが株式かと思います。

しかし株式は価格変動が激しくリスクも高いです。

株式と同じように企業が発行するものとして、普通社債や劣後債があることは前述させて頂きました。

劣後債は債券であるため、基本的な仕組みは他の債券と同じです。

つまり、株式は元本が戻ってくる保証はないですが、劣後債などの社債は発行企業が破綻しない限り、元本が返ってきます。

また利回りも購入時に約束されており、運用計画も立てやすい特徴があります。

普通社債よりもリターンが高い

企業の発行する債券の中でも普通社債に比べ劣後債の方がリターンが相対的に高くなります。

なぜならば仮に企業が破綻した場合、弁済義務が普通社債よりも劣後債の方が低くなるからです。

企業が破綻した際の弁済義務が低いというリスクを背負うため、必然的にリターンも高くなります。

どのくらい高いかというと、

(バンクオブアメリカの例)

  • 普通社債⇒税引き前利回り:年3.72%
  • 劣後債⇒税引き前利回り:年4.02%
  • 株式⇒配当利回り:年1.9%

参考:ダイヤモンドZAI

株式の配当利回りに比べてもかなりの利回りが約束されています。

そもそもなぜ企業がこのような利回りの高い劣後債を発行するかというと、劣後債には一定の条件のもと、自己資本比率規制において資本として計上することができます。

金融機関等では特にこの自己資本比率規制が厳しいことから、資本増強策として利用されることがあるからです。

また株式は買収される可能性もあることや、株主からの要望にも応えなければならず自由な経営ができないことがあります。

それらを踏まえると、企業が資金調達の手段として少し高めの利回りを約束しても劣後債を発行するメリットがあるのです。

株式よりもリスクが低く、普通社債よりもリターンが大きい劣後債ですが、デメリットやリスクはないのでしょうか。

以下では劣後債のリスクについて見ていくことにしましょう。

劣後債に投資するリスク

企業が発行できるものとして、普通社債、劣後債、普通株式があることは、前述しました。

これらの違いとして前章でも少し触れましたが、企業が破綻した場合の弁済順位が違います。

弁済順位は以下の通りです。

高 普通社債 < 劣後債 < 普通株式 低 

劣後債は企業が破綻した場合、普通社債よりも弁済順位が低くくなります。

この場合、普通社債は額面の何割かが償還される可能性がありますが、劣後債はほとんどゼロと考えてもいいでしょう。

しかし企業が破綻した場合、企業の資金がゼロになることはほとんどありません。

そこで、その場合残された資金を債権者の間で分けることになります。

劣後債は企業が破綻した場合に、他の債権者よりも債権の回収が後回しになってしまうのです。

そのため利回りも普通社債に比べ高く設定されています。

また劣後債には、繰上償還延期リスク、利息・配当繰延(停止)リスクなど特有のリスクがあります。

このようなリスクを負うため、相対的に利回りが高くなるのは納得できるかと思います。

リスクを取ってこそのリターンは投資の鉄則でもあるため、このようにリスクをしっかり理解した上で劣後債に投資する必要があります。

それではこの劣後債はどこで、どのように買うことができるのでしょうか。

以下で詳しく見ていきましょう。

劣後債を購入するには?

基本的に劣後債は証券会社で買うことが可能です。

しかし注意点として、証券会社によって扱う劣後債が異なります。

A証券会社では販売されていて、B証券会社では販売されていない、ということはよくあることです。

また、人気の劣後債はすぐに売り切れてしまいます。

中には抽選を行う場合もありますので、日々どこの企業が劣後債を発行するかチェックが必要となります。

最近は手数料も比較的に割安な証券会社も多く存在します。

投資において手数料はとても重要ですので、これから証券口座を開設される方は比較的手数料の安いネット証券を開設されることをお勧めします。

ネット証券の場合、HPに「株式」、「投資信託」などと並び、「債券」という欄があります。

そこから劣後債を購入することが可能です。

しかし劣後債は常に販売されているものではありません。

どの企業が劣後債を発行し、いつ販売されるのかを事前にリサーチしておく必要があります。

まとめ

劣後債について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の記事のポイントは、

  • 劣後債のリスクは普通株式と普通社債の中間
  • 普通社債に比べて債権回収の弁済順位が後になる
  • 普通株式よりも安定的に利回りを得ることができる

でした。

普通株式よりもリスクが低く、利回りも安定している劣後債はとても魅力的に映りますが、仕組みが複雑でわかりにくいことがあります。

しっかりと中身を理解し、劣後債投資をするようにしてください。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事