MENU

株の取引は前場・後場だけじゃない?時間外取引ができるPTSについて解説

株取引を始めたばかりの頃、取引時間が前場・後場だけだと勘違いして、思わぬ落とし穴にハマる場合があります。

それは、後場が終わった時間外でも株取引ができる、証券会社が独自に設けた取引所「PTS」と呼ばれる取引を知らずに起きるケースで、この特殊な仕組みを知っておくことで避けられるリスク、というものがあります。

特に日中忙しい投資家にとって、株の売買がより便利になるこの制度について、どんなメリット、デメリットがあるのかを把握しておくことが大切です。

今回は実際のPTS取引のケース・スタディなどを見ていきながら、市場で生き残る投資家に近づく、実践で役に立つ情報を詳しく解説していきます。

PTS(私設取引システム)とは?

PTSとは「Proprietary Trading System」の頭文字をとった呼称で、証券取引所が設けた私設取引システムのことです。

時間外取引も可能なこの仕組みのことをPTS取引と呼びます。

この私設取引所と東証などの証券取引所には大きな違いがあり、PTSという名前は知っていても、その仕組みを理解せずに損をするケースもあるので、しっかりとルールを把握することが大切です。

PTSの仕組み

PTSは証券会社が独自に作った私設取引所で、「ジャパンネクストPTS」や「チャイエックスPTS」という取引システムを使って取引が行われています。

このシステムによって従来は証券取引所が開いている時間、前場9時〜11時30分、後場12時30分〜15時の間しか株取引が出来なかったものが劇的に変化しました。

証券会社によって取引時間は異なるものの、PTSではデイタイム・セッションは8時〜16時まで、ナイトタイム・セッションは17時〜23時59までと、飛躍的に取引時間が拡大されました。

これにより、前場・後場の休憩時間や後場終了後の16時まで売買が可能となりました。

PTSを確認すると何がわかる?

PTSを確認することで、翌日の株式相場が予測できたり、欧米諸国の政策発表やFRB議長の発言による株式市場の反応がダイレクトに分かることがあります。

そもそも日本とは時差があるので、何か大きなニュースがあった場合でも、慌てることなく落ち着いて取引ができるメリットがあるのです。

またデイタイムセッション(昼間取引)では「取引所」と「PTS」、2つの市場を比較することが出来ます。

それにより、簡単に同じ株式でも株価を比べることによって、よりお得な取引所で株を購入できるようになります。

またPTS取引は取引所と比べると、売買の1株あたりの値段(呼び値)が最小1000分の1単位のため、きめ細やかな注文が実現可能です。

そして手数料も取引所より5%ほど安くなるのも大きなメリットです。

また企業の決算発表後は、通常、翌営業日に株価が上下に大きく動くことが多く、PTS取引であれば当日に売買が出来るのが大きなメリットです。

そしてPTS取引にはSOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文といって、売買注文をする際、最もお得に株を購入できる気配値のある取引所に、自動オーダーをしてくれる仕組みがあります。

実際、上場企業の株価が東証1部とPTSを比較したとき、PTSの方が1株10円安い場合、売買単位が100株単位の企業のケースだど1000円もの差が出ることになり、見逃すことが出来ない金額差です。

SOR注文をすることで、手動によるケアレスミスをなくすメリットがあるのです。

PTSを確認する際の注意点

PTSは証券会社が作った私設取引所であるため、東京証券取引所と比べると圧倒的に株の取引量が少ないです。

そのため、株価の振れ幅が大きくなる場合があり、それゆえ利益も損失も大きくなる可能性があることに注意が必要です。

反対に、取引量が少なく、売買のタイミングが訪れずに長期保有してしまう可能性もあるでしょう。

またナイトセッションによる取引は、翌営業日扱いとなるため、配当金や株主優待が目的で取引をする場合は、このルールを知っておくことが大切です。

PTSはどこで確認出来る?

現在、日本国内のPTSは2つで、「ジャパンネクストPTS」を SBIジャパンネクスト証券が運用し、「チャイエックスPTS」をチャイエックス・ジャパンが運用しています。

チャイエックス社はPTS市場で世界トップシェアを誇る欧州の会社で、2010年より日本市場へも参入しました。

その当時、東京証券取引所などは欧州からの「黒船」に強い警戒感を抱いていました。

現在、この2つのPTS市場があることで競争が生まれ、年々、認知度も広まり、結果的にPTS市場を牽引している存在といえるでしょう。

PTS取引が可能な証券会社

現在、国内ではSBI証券、楽天証券、松井証券の3社で取引が可能です。

またマネックス証券も2019年春以降にPTS取引に参入するなど、今後もPTS取引を導入する証券会社が増えていくことが予想されます。

それに伴いPTS市場は今後も成長市場として拡大していくことが予想されます。

まとめ

今回はPTS取引について解説していきました。

PTS取引のメリットは時間外取引を可能とし、投資の選択肢を広げたことです。

これにより、日中忙しいビジネスマンでも株式市場に参加しやすい環境が整いました。

また投資家にとって、企業からポジティブなニュースが出た日にPTS取引をしておいて、翌日、高値相場になった時に株を売り抜く手法をとることが出来ます。

他にもNYダウや円相場の動きをみながら、PTS取引を使って寄り付き前に株を売却することも可能です。

注意点をあげるとすれば、信用取引が出来ないので空売りは不可能なことを念頭に入れておきましょう。

PTS取引は上手に投資手法に取り入れることで、投資家にとって株式市場で生き残る手助けとなるはずです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事