MENU

任天堂、「スイッチ」の中国販売報道を受けナスダックで上昇

モトリーフール米国本社、2019年4月18日投稿記事より

任天堂(ティッカー:NTDOY)の株価が18日木曜、ナスダックで一時13.6%上昇しました。

これは、同社がまもなく人気ゲーム機「スイッチ」を中国で販売できるようになる、との報道を受けたものです。

なお、任天堂が中国でゲーム機を直接に販売するわけではありません。

ロイターの中国規制当局に関する報道によれば、中国のゲーム大手のテンセント(ティッカー:TCEHY)に対して、「スイッチ」と「スーパーマリオ」ソフトのテストバージョンの販売が認可されました。

任天堂が「スイッチ」をグローバル展開(中国を除く)してから2年以上が経過しています。

中国への参入は難しく、同社は、複雑な規制に対処するためパートナーを探していました。

今後の見通し

なお、「スイッチ」の中国市場デビューはまだ確実なものではありません。

中国規制当局の発表によれば、テンセントへの認可は暫定的なものです。

4月24日まで経過期間で特に問題が浮上しなければ正式認可となり、任天堂およびテンセントなどの関係者にとって新たな収益源となるでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事