MENU

アンブレラファンドとは?個別銘柄投資に近い感覚の投資信託

アンブレラファンドは、投資信託における一つの商品であり、投資信託への投資をお考えであれば、是非一つの選択肢として考えて頂きたい商品となります。

とはいえ、

  • アンブレラファンドとは?
  • アンブレラファンドの仕組みは?

という疑問をお持ちの投資家の皆様も多いかと思います。

そこでこの記事では、そんなアンブレラファンドに対して疑問をお持ちの皆様のお悩みにお答えします。

具体的には、

  • アンブレラファンドとは?
  • アンブレラファンドの仕組み
  • アンブレラファンドとファンドオブファンズの違い
  • アンブレラファンドのメリット
  • アンブレラファンドのデメリット
  • まとめ

の順番に重要なポイントのみをご紹介いたします。

投資信託に投資を行う上で是非とも知って頂きたい知識となりますので、これを機会に理解を深めてみてください。

アンブレラファンドとは?

アンブレラファンドとは、サブファンドと呼ばれる投資信託が一つの投資信託の中に複数含まれている商品のことを言います。

この投資信託には、それぞれ性格の異なるサブファンドが組み込まれており、自らのライフプランや投資環境の変化に合わせて、それらをスイッチングすることにより、自分に合った運用を行うことができます。

また、日本において、アンブレラファンドは、選択型投資信託(セレクトファンド)と同じ意味の投資信託として考えられていますが、ヨーロッパにおけるアンブレラファンドの定義とは若干異なっています。

なお、この記事では、そうした若干の違いはあるものの、アンブレラファンドと選択型投資信託は、概念上近似しているため、便宜的に、選択型投資信託としての説明を用いながらアンブレラファンドについてのご紹介をしていきたいと思います。

アンブレラファンドの仕組み

アンブレラファンドは、単一の管理会社の下で、サブファンドと呼ばれる複数の投資信託が纏められ、一つのファンドグループを形成し運営・管理されている商品です。

アンブレラファンドの下で、それぞれのサブファンドは、異なる通貨や運用会社、様々な地域において運用・管理されており、投資家はサブファンド間のスイッチングを行うことも可能となります。

よって、通常の国内における株式型投資信託や外国における株式型投資信託などと比べて、投資家側の裁量の幅が大きな投資信託とも言えるのです。

投資家は、様々なサブファンドの中から、これから有望だと考えられる業種やテーマ、地域や通貨を選択して、それぞれに関連のある投資信託を購入することや、それらを組み合わせて購入することが出来ます。

例えば、今後、「鉄鋼分野」「IT」「中国」が伸びる分野だと考えたならば、それぞれの投資信託を購入して、一つの投資信託として保有することができるのです。

これは、投資信託を買うというよりも、株式の個別銘柄投資を行っているという感覚に近いと言えるかもしれません。

アンブレラファンドとファンドオブファンズの違い

ファンドオブファンズとは、名前の通り、複数の投資信託を組み合わせて運用をしていく投資信託のことです。

投資信託への分散投資!「ファンド・オブ・ファンズ」のメリット・デメリットについて

個々の投資信託は、複数の株式や債券を組み合わせて組成されていますが、ファンドオブファンズの場合、さらにその投資信託を集めて運用しているのです。

アンブレラファンドとファンドオブファンズの違いは、組み入れる投資信託の選択を、投資家自身が行うのか、それともファンドマネジャーと呼ばれる投資信託の運用者が行うかにあると言えるでしょう。

先で説明した通り、アンブレラファンドは、組み入れる銘柄を投資家自身で行えるのに対し、ファンドオブファンズの場合には、ファンドマネジャーによって銘柄の選別が行われているのです。

アンブレラファンドのメリット

アンブレラファンドのメリットの一つとして、スイッチングをする際の手数料の安さが挙げられます。

一般的に、投資信託を購入する際には、2〜3%の購入手数料がかかるものですが、アンブレラファンドの場合、これらの手数料が無料であるか、非常に安く設定されているのです。

アンブレラファンドのデメリット

アンブレラファンドの場合、投資家自身で組み入れる投資信託を選択するため、しっかりとした知識や経験が無いと、利益を上げるポートフォリオを組むことが難しいと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では、投資信託を購入する際の選択肢の一つとして、知っておいて頂きたいアンブレラファンドについての解説を行ってきました。

アンブレラファンドの仕組みやメリットなど、一見簡単に理解することが出来そうなのですが、間違った解釈をしてしまっている場合が多くなるところかと思います。

実際に投資信託への投資を行ったことがない場合には、理解することが難しくなると思いますが、アンブレラファンドの存在を知っていれば、投資信託の選択の幅が広がることと思いますので、今回を機会に是非理解を深めて頂ければと思います。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事