The Motley Fool

元本払戻金とは?分配金との違いを正しく理解しよう

元本払戻金は、投資信託に投資をする上で必ず理解しておかなければならない仕組みの一つです。

とはいえ、

  • 元本払戻金とは?
  • 元本払戻金のメリットとは?

という疑問をお持ちの投資家の皆様も多いかと思います。

そこでこの記事では、そんな元本払戻金に対しての疑問をお持ちの皆様のお悩みにお答えします。

具体的には、

  • 元本払戻金とは?
  • 元本払戻金の仕組み
  • 投資家にとっての元本払戻金のメリット
  • 投資家にとっての元本払戻金のデメリット
  • 分配金の出る投資信託は元本払戻金に注意しよう
  • まとめ

の順番に重要なポイントのみをご紹介いたします。

投資信託に投資をする上で必須の知識になりますので、これを機会に理解を深めてみてください。

元本払戻金とは?

元本払戻金とは、読んで字の如く、投資元本から払い戻されたお金のことです。

以前は、特別分配金と呼ばれていました。

元本払戻金の仕組み

そもそも投資信託には、基準価額の値上がり益の一部として、分配金と呼ばれるものが投資家に還元される仕組みがあります。

これは、株式における配当金と同じようなものと考えていただくとわかりやすいかと思います。

そして、この分配金には、種類が二つあります。

一つは、値上がり益などの運用収益の一部を投資家に分配する「普通分配金」です。

二つ目が、先程登場した元本払戻金です。

こちらは、自らが投資した元本から払い戻される訳ですので、普通分配金のように運用収益から発生したものではありません。

ここでは、元本払戻金の仕組みを理解するために、普通分配金も含めて、投資信託の分配金が払われる仕組みを例に挙げて解説したいと思います。

例えば、

基準価額が、10500円の時に購入した投資信託があるとします。

この投資信託を、分配金の支払日である決算日まで保有していたところ、11000円まで値上がりしました。

そこで、決算日には、1000円分の分配金が投資家に分配されることになりました。

分配金が支払われた後の基準価額は、決算日までの基準価額であった11000円から分配金の1000円分を差し引いた10000円となります。

ここでよく考えて頂きたいのは、購入時の基準価額が10500円であり、決算日の基準価額である11000円である以上、実際には自分は、500円しか儲かっていないということです。

では、1000円分の分配金のうち、儲かった500円を差し引いた残りの500円はどこから来たのかというと、それがまさに自らの投資元本から取り崩した分の500円なのです。

つまり、1000円の分配金の中身は、利益分の500円と投資元本の500円の合計であるということです。

この場合、前者が普通分配金であり、後者が元本払戻金となります。

投資家にとっての元本払戻金のメリット

そもそも投資信託の分配金は、銀行の預貯金の利子とは異なるため、決められた時期に一定の額が必ず振り込まれるわけではありません。

運用成績によっては、分配金が支払われないことや、前回よりも分配金の額が下がることなどが有り得るのです。

これは逆にいえば、運用成績が非常に良かった場合には、これまで以上に多くの分配金が支払われる可能性もあるということです。

もし保有している投資信託が大きく値上がりした場合、その時点で分配金を受け取っていれば、たとえその後にその投資信託が大きく値下がりして含み損を出してしまったとしても、値上がり時の分配金の分だけは自分の利益として獲得することが出来ます。

しかし、同じように大きく値上がりして、その後に大きく値下がりしてしまった投資信託であっても、分配金が出ないタイプのものであれば、ただただ値下げ分の含み損が出るだけで、値上がり時の分配金の分の利益は獲得できないことになるのです。

これは、元本払戻金も含めた分配金のメリットであると言えると思います。

投資家にとっての元本払戻金のデメリット

投資家にとっての元本払戻金のデメリットは、複利効果による値上がりが期待できなくなることです。

もし元本払戻金として受け取る分配金を受け取らずに再投資した場合、複利効果によって、元本払戻金を受け取った場合よりも運用成績が良くなる場合があるのです。

この複利効果は、運用期間が長くなればなるほど、リターンも大きくなるため、投資信託の長期保有を考えている場合には、分配金を再投資するタイプの投資信託がおススメです。

分配金の出る投資信託は元本払戻金に注意しよう

これまで述べてきたように、投資信託には分配金の出るものと出ないものがあり、出る場合には、それぞれメリットとデメリットがあります。

中でも、元本払戻金は、運用収益からではなく、自らの投資元本から出されるものであり、複利効果が望めなくなるなどのデメリットがありますので、分配金の出る投資信託を購入する際には元本払戻金に注意して頂きたいと思います。

まとめ

今回の記事では、投資信託の投資を行う上で必ず理解しておかなければならない元本払戻金についての解説を行ってきました。

元本払戻金の仕組みやメリットなど、一見簡単に理解することが出来そうなのですが、間違った解釈をしてしまったり曖昧な場合が多くなるところかと思います。

実際に投資信託への投資を行ったことがない場合には理解することが難しくなると思いますが、元本払戻金の意味や仕組みは投資信託に投資をする上で役に立つことがありますので、今回を機会に是非理解を深めて頂ければと思います。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事