MENU

モトリーフールのESG投資フレームワークについて

モトリーフール米国本社、2019年4月9日投稿記事より

世界をより優しく、より健康的で、より安全なものにしようとしている企業への投資を検討していますか?

そのような企業は、持続可能でより良い社会の実現にも貢献するでしょう。

環境、社会、ガバナンス(ESG)投資は、進化する市場のリスクを軽減しながら、経済的利益と社会的責任の実現に貢献する優れた投資手法です。

モトリーフールのESGコンパウンダーチェックリストは、ESGプロファイル、および財務特性に基づいて企業をスコアリングするための投資フレームワークです。

これは、10項目のチェックリストで構成されます。「コンパウンダー」とは、本源的価値が高く、収益性の高い成長を長期に継続できる企業です。

その結果、そういった企業はROE(自己資本利益率)やFCF(フリーキャッシュフロー)の成長率が高くなる傾向にあります。

そして、ESG投資は堅実なリターンを上げることができ、場合によっては従来の投資よりも優れることがあります。

これは多くの研究によって裏付けられています。

10項目のチェックリストでスコアが高く、適正な価格で購入されている株式バスケットのパフォーマンスは、長期的に市場平均を上回ると考えられます。

初めの5つの質問はESG関連ですが、後半の5つは財務関連です。初めの5つの質問は、企業が世界に良い影響を与えているかを判断するものです。

後半の5つは、長期にわたり価値を拡大し続けることができる質の高い成長事業かを判断します。

ESGコンパウンダーチェックリスト

チェックリストに進みます。投資を検討している企業にこのフレームワークを適用し、以下の10の質問に「はい」または「いいえ」で答えてください。

1. 従業員への処遇は良好ですか?

これには、従業員の安全、公正な給与と福利厚生、訓練の機会などが入ります。

従業員は会社の生命線です。幸せで健康的で尊重されている従業員は、喜んで質の高い仕事をすることができ、熱心なブランドエバンジェリストになり、より良いサービスと解決策の追求のために創造性を発揮するでしょう。

従業員は、継続的に投資する価値のある資産と見なすべきです。

2. 環境に優しい企業ですか?

最近では、企業の環境面での責任ある行動とは、環境汚染対策を打つだけにとどまりません。

温暖化の傾向が顕著にある中で、必ずしも有害物質とは言えない二酸化炭素の排出量削減に務める必要があります。この観点から、ESGの投資枠組みにおいて検討する価値があります。

3. ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)を推進していますか?

ダイバーシティとインクルージョン(性別、人種、性的志向、宗教、出自、およびその他の特性に関係なく、すべての人々を受け入れること)は、ESGの観点から重要です。

ある調査によれば、性別、人種、民族のダイバーシティが上位4分の1の企業は、業界平均を上回るリターンを生み出す可能性が高かったとのことです。

4. コーポレートガバナンスの原則を尊重していますか?

コーポレートガバナンス分野で注目される点は、経営陣や取締役会の質と構成、そして投資家を含むステークホルダーへの対応が含まれます。

5. ビジネスモデルはESGの原則を推進していますか?

企業が、ステークホルダーにより良く対応するために内部プロセスを改善することが重要です。

しかし、さらに大事なことは、企業が実際にESG投資の目標達成に貢献する製品やサービスを追求することです。

6. 健全なバランスシートを維持していますか?

バランスシートは事業の構造的基盤です。

そして、弱い基盤の上には、ESG投資の対象となるような企業は成り立ちません。

7. 長期的な売上成長を実現していますか?

FCFが増えて、企業価値が向上する企業を見つけることに集中すべきでしょう。

FCFは、将来の投下資本利益率(ROIC)と売上高の伸びによって決定されるため、売上高の伸びは企業価値、そして最終的には株価を左右する要因です。

売上高成長率の加速は、企業が市場シェアを伸ばしていること、または企業が強力な価格設定力を持っていることを示している可能性もあります。

8. ビジネスはFCFを成長させ、高いROICを維持できていますか?

ROICは、事業の収益性の尺度です。

ROIC指標は、企業の売上高成長率、収益性、FCF、およびバランスシートをつなぐ重要な要素です。

9. 経営陣は、長期的な利益成長の推進に注力していますか。

この目標は、経営陣が、企業価値向上のための施策を理解し、売上高、利益、FCFの成長のバランスを取りながらビジネスを成長させているかを判断します。

経営幹部の能力分析が重要です。

10. 事業等のリスクをチェックしていますか?

投資家は、リスクを軽減するため、以下の項目をチェックすべきです。

多額の債務

弱いマネジメントおよび貧弱なリーダーシップ

財務の悪化

ビジネスモデルのリスク

低い参入障壁

業界の逆風

事業の陳腐化の可能性

1つの得意先または供給元への過度の依存

一貫して弱い収益

貧弱な顧客サービス

不健全な企業文化

データプライバシーの欠如

経営透明性の欠如

短期的な利益の追求

ブランドまたはリピュテーションに関するリスク


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事