The Motley Fool

フリーランスで確定申告をする人が最低限必要な知識

「勢いでフリーランスになったけれど、確定申告についてはよく分からない」「そもそも私は確定申告をする必要があるの?」という方がいらっしゃると思います。

この記事では、確定申告の基本についてご説明します。

「自分は確定申告が必要なのか分からない」「もし確定申告をし忘れたら逮捕されるの?」と不安に思っている方はぜひご一読ください。

フリーランスで確定申告が必要なのは、20万円以上の収入がある人

給与所得以外で20万円以上の収入がある人は全員必要です。

例えば、家事手伝いをしながらフリーのイラストレーターをしているAさん。

年収はイラストレーターとしての50万円のみ。

この場合、給与以外の所得は50万円なので、確定申告の必要があります。

確定申告をしなかったらどうなるの?

のちのち自分が損をします。

理由は、税金を通常よりも多く納めなければいけない可能性が出てくるからです。

また、場合によっては脱税の意図があるのではないかと疑われてしまいます。

すぐに脱税容疑で逮捕、なんてことはありませんが、自分の負担が重くなります。

そもそも確定申告って何のために必要なの?

来年度に支払う税金や社会保険料を算出するために必要です。

毎年支払っている所得税や住民税、社会保険料は「前年の所得をもとに」算出されています。

フリーランスの場合は自分の所得、つまり自分が支払う税金を自己申告しなければいけないのです。

会社員(公務員)の場合はこれらの計算を経理の人がやってくれるので、副業や控除などの事情がない限り確定申告をする必要がありません。

確定申告は、税金や保険料を決めるために必要なのです。

期間:確定申告はいつ?

前年度の分を2月16日~3月15日に提出します。

例えば2018年1月1日~12月31日までの所得等は、2019年2月16日~3月15日の期間に提出しなければなりません。

提出した内容で2019年の納税額が決定します。

期間を過ぎてからの提出は認められませんので、早めに準備する必要があります。

方法:どうやって手続きするの?

必要書類を管轄の税務署に提出します。

白色申告か青色申告か、控除の証明書が必要かどうかによって提出書類が異なります。

必要書類は?

主な必要書類は下記の通りです。

  • 確定申告書B
  • 収支内訳票

この他にも給与所得の源泉徴収票や青色申告決算書など人によって必要書類が異なります。

自分に必要な書類については国税庁のホームページから確認できます。

参考:国税庁

提出方法は?

最終的には税務署に提出しますが、提出方法は3つあります。

  • 必要事項を用紙に記入または会計ソフト上で入力し、税務署に直接提出しに行く

提出期限間近は税務署が大変混み合いますので、余裕をもって提出することをおすすめします。

  • 必要事項を用紙に記入または会計ソフト上で入力し、税務署宛に郵送する

期間内であれば郵送でも受け付けてもらうことができます。

  • e-Taxを用いて電子申告する

事前にマイナンバーカード等で申請しなければいけませんが、電子申告も可能です。電子申告を希望される方は、前もって準備しておく必要があります。

電子証明書やそれを読み込むICカードリーダライタが必要です。

確定申告直前に電子申告を希望しても、間に合わない可能性がありますので気をつけましょう。

準備:必要なものは?

提出時には確定申告書Bや収支内訳票のほか、印鑑やマイナンバーカード、免許証などを準備する必要があります。

書類作成時はその年の収入や経費に使った金額を把握する必要がありますので、年収が分かるものや経費が分かるものを準備しなければ確定申告は進みません。

例えば、フリーのライターをしているAさんの場合を見てみましょう。

収入が分かるものには、以前のアルバイト先の源泉徴収票やクラウドソーシングの振込履歴、クライアントに送付した請求書などがあります。

経費が分かるものには、クレジットカードの明細や飲食店の領収書(レシート)などがあります。

これらの書類やデータは、青色申告の場合7年間保管しておく義務があります。

税務署の人が調査に来たときに収入や経費の証拠を見せられないと、「嘘をついているのでは?」と疑われる可能性があるためです。

確定申告が不安な方へ

フリーランスの人が増えていることもあり、インターネット上には確定申告の情報がたくさん無料公開されています。

しかし、「何が分からないのかすら分からない」という方もいらっしゃると思います。

「何が分からないのかすら分からない」という方はインターネットで検索をしても、情報の漏れがあるかもしれません。

確定申告について何も分からない方の対策として、次のようなものがあります。

税理士に任せる

確定申告の業務を丸々税理士にお願いすることができます。

収入や経費に関する情報を税理士に送付すると、期限までに書類作成をしてくれるのです。

個人事業主が税理士に頼んだ時の相場は10~15万円ほど。

「とにかく税務のことは考えたくない」という方におすすめです。

会計ソフト(freeeや弥生など)を使う

必要事項を入力するだけで簡単に書類作成ができるソフトがあります。

初心者でも分かりやすい言葉で書かれており、記入漏れも防げるため便利です。

税理士に相談しながら書類作成ができるプランもありますので、「自分で作業したいけど不安が多い」という方にはおすすめです。

初心者向けの確定申告関係の書籍を読む

「本当に何も分からない」という方は、まず書籍で最低限の知識を身につけることがおすすめです。

インターネット上にも役立つ情報は公開されていますが、どうしても情報が細切れになりがちです。

「経費について分かった!もう大丈夫!」と思っても、控除については何も知らないまま……ということも。

「何が分からないか分からない」という方は、書籍を1冊読むことをおすすめします。

確定申告の作業会や無料相談会に参加する

フリーランスが増えていることもあり、「確定申告が不安な人」は全国各地にいます。

税理士を呼んで作業会をしている人もいるようです。

知り合いのフリーランスを集めて、作業会を開催すると不安が軽減されますね。

確定申告のおさらい

  • 給与以外で年収20万円以上ある人は全員確定申告をする必要がある
  • 確定申告は納税額を決めるための手続き
  • 確定申告をしないと、多くの税金を支払って損する可能性がある
  • 確定申告の時期は2月16日~3月15日
  • 税理士に任せたり、会計ソフトを使ったりすることも可能
  • 領収書や所得のデータは7年間保管しなければならない

まとめ

はじめて確定申告をする時は分からないことが多く、強烈な不安に襲われるかもしれません。

分からないことは税務署の職員が教えてくれますので、不明点を洗い出し、早めに質問するようにしましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事