The Motley Fool

少額から始められる『るいとう』とは?メリット・デメリットを交えて解説

「るいとう」は投資を始めたばかりの人や、コツコツと投資を続けられる人、あるいは投資運用に興味があるけど資産が少ない人に向いたやり方です。

効果が出るまでに長い時間がかかりますが、リスク分散を行えて、結果的にはお得になるというメリットもあります。

そこで今回は、るいとうとはどんな投資方法なのか解説していきます。

るいとうのメリット・デメリット、似たやり方のミニ株との違いにも触れていきます。

今回の記事を読めば、るいとうの知識が手に入り株式への興味が深まるはずです。

るいとうとは

るいとうとは、毎月定額で株式を購入する手法の事です。正式には株式累積投資と呼びます。

国内企業の株は1株当たりの株価が表示されていますが、大抵が100株や1000株とまとまった株数を1単元といった単位で売買します。

仮に、1株2000円で、1単元100株の株を購入するとなったら、必要になる資金は20万円です。

株を始めたばかりの初心者にとって、いきなり20万円の株を購入するのはハードルが高いです。

そこで登場するのが、るいとうです。

るいとうは証券会社から申し込む事で、毎月一定の金額で株式を購入します。

細かい部分は証券会社ごとに違いますが、金額は1銘柄に付き1万円以上1000円単位で、なおかつ月額100万円に満たない範囲なら自由に設定できます。

また、保有した株価が1単元以上になれば配当金の受け取りだけでなく、自分名義の口座にすれば株主優待を受け取る事も可能になります。

分かりやすく言えば、るいとうとは一単元分の株を分割して購入している投資になります。

るいとうのメリット

少額で投資をスタートできる

上記でも触れた様に、人気の高い株を購入するためにはまとまった数を一度に購入するため、それなりの資金を用意しないと始めにくいです。

しかし、るいとうなら少しの資金からでも人気の高い株を購入することが可能になります。

また、株価が暴落した時も少額しか投資していないためダメージを最小限に抑えられるというメリットがります。

資産運用計画を立てやすい

資産運用を始めるにあたり誰でも計画を立てます。

この200万円の内、半分は株式に使い、残りは積み立て投資に使い、とお金を分配していきますがキレイに計画を立てるのは難しいです。

というのも、株式の場合は株価が毎日変動しているため、用意した資産を過不足なく使い来いるのは難しいです。

しかし、るいとうなら金額を自分で設定して、月々の資産運用を行えます。毎月1万円と決めたら、ずっと1万円ずつ株を購入するため、将来を見据えた資産運用計画が立てやすいです。

配当金も投資に使える

るいとうで購入した株にも配当金が発生します。

ただし、配当金は自動的に全額再投資に回るため、手元に入りません。

その分、購入する株の数が増えます。

一度に購入するよりも、株価が安くなる

株価とは常に一定ではありません。

高い時もあれば安い時もあり、波のように乱高下を繰りかえします。

その中で一定の金額を投資していると、株価が高い時は株の数が少なく、株価が少ない時は株の数が多くなることになります。

すると、同じだけの金額を一度に使った投資家に比べて、株価が安くなる場合があります。

毎月一定の金額を投資に回し、中期的に投資を続ける手法をドル・コスト平均法と言います。

時間をかけて投資する事でリスクを分散できるうえに、最終的には購入した株の平均単価が安くなり、一度に買った投資家よりも利益が出る事もあります。

ただし、株価がずっと上昇し続けていれば、効果はあまり期待できません。

株価が上昇し続ければ最終的な平均単価が上がっていき、一度に買った投資家より高くつく恐れがあります。

るいとうのデメリット

取り扱える株が証券会社によって限定される

るいとうは大手証券会社を通じて申し込む投資方法です。

そのため、証券会社によって投資できる銘柄が限定されており、購入もネットからでは無く証券会社の窓口やコールセンターのみとなります。

手数料が高い

証券会社を通じて行う手法のため、どうしても手数料が発生します。

ネット証券の手数料は支払額によって違いますが、おおむね80円から990円です。

一方でるいとうの手数料は、100万円以下なら1.242%となります。

るいとうで100万円を支払えば約1万2千円の手数料が必要になる計算です。

自分のタイミングで投資できない

るいとうは証券会社を通じて行う投資方法のため、買付日が証券業者によって違います。

一月の間に2度、数日間にわたって買付執行日が定められており、その期間以外では購入できません。

今なら安い、と思ったとしても自分の思い通りに投資は出来ません。

また、購入も自動では無いため自分から手続きをしなければならず、買付執行日が平日だと難しい人もいます。

るいとうとミニ株の違いは?

ミニ株とは、定められている1単元の10分の1の数を購入できる投資方法です。

例えば、1単元が1000株と定められている株なら100株から、100株と定められている株なら10株から購入できます。

るいとうと同じく、少額からでも投資が出来る手法になりますが、幾つかの点が違っています。

ミニ株の最低売買単位は、単元の10分の1株と定められています。

そのため、株価の変動によっては毎月一定の金額を積み立てるという事は難しいです。

しかし、るいとうは投資額を毎月一定の金額に押さえる代わりに、株価によっては購入する株数が小数点になる場合があります。

毎月同じだけの株数を増やせるのがミニ株、毎月一定の金額に投資を抑えられるのがるいとうと覚えておきましょう。

コツコツ投資を行いたい方はるいとうも選択肢に

るいとうは投資の性格上、中期から長期にかけて運用する事で効果を発揮します。

そのため、長い時間をかけてコツコツと投資している人に向いています。

また、まとまった資産を必要としないこともあり、投資運用を始めたばかりの人や資産運用で余った少額を投資したい人などに向いています。

まとめ

以上が、るいとうの解説になります。

るいとうは資産運用を始めたばかりの人にとって、リスクを分散し長く続けられる投資法穂になります。

今回の記事を読んで、興味が出ましたら検討してみて下さい。

フリーレポート配信

今は冷え込んでいるものの、2021年には過熱する可能性がある米国バイオ株5銘柄を紹介します。

2021年に向けて期待の米国バイオ株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

最新記事