The Motley Fool

主婦が株で利益を出すと扶養から外れる?株で得た利益と税金のお話

最近は主婦の間でも、スマホやパソコンから投資を始める人が増えてきました。

興味本位で株を始めてみたら、あっという間に利益が出てしまい「内心ホクホク」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、主婦が株式投資を始めるにあたって「あること」に注意をしておかなければ、損をしてしまう可能性があるのです。

そこで、この記事では主婦が株式投資を始める時の注意点やどうすれば損をしなくて済むのかなどを解説しています。

せっかく得た利益をムダにしないためにもぜひチェックしてみてください。

主婦が株式投資を始める時の注意点

主婦が株式投資を始めるにあたり、注意しなければならないことは株式投資で得た利益にかかる税金と夫の扶養との関係です。

まず理解しておかなければならないのは、所得が38万円を超えたりしてしまうと夫の扶養から外れてしまうという点です。

所得とは、収入から必要経費を引いた残りが所得になります。

夫の扶養に入ると、夫は「配偶者控除」という所得控除が受けられますので、納めるべき税金が少なくなります。

妻のパートの年収が103万円を超えると扶養から外れると言われていますよね。

所得38万円、103万円との違いがよくわからなくなってきましたね。

少し解説すると、パートで働くに行くためには服や靴など「業務に必要な経費」がかかっていますよね?

それを、国が「給与所得控除」という名目にし、「年間65万円くらいはかかっている」ことにして、パートの年収103万円の中から65万円を控除してくれているのです。

103万円(年収)- 65万円(必要経費)=38万円(税法上の利益)になりますね。

よって、パートの年収が103万円を超えてしまうと扶養から外れてしまうことになるのです。

株の利益で配偶者や扶養から外れてしまうことはある?

実は株の利益が38万円を超えると扶養から外れてしまいます。

株の利益はパートの年収のように給与ではないので、服や靴などの必要経費「給与所得控除65万円」が残念ながら適用されません。

利益がそのまま所得とみなされ扶養から外れてしまうのです。

年間で株式の利益が38万円を超える場合は注意

株の利益が年間で38万円を超えると、利益に対して20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)の税金を納めなければなりません。

そもそも、株式投資で得た利益には、株を保有することで得られる配当金、そして株を売却することによって得られる利益の2種類があります。

株の配当金は、企業が得た利益の一部を株主に還元するものです。

そして、その配当金は振り込まれた時点ですでに源泉徴収されているため、再度確定申告をする必要がありません。

要するに入金になった時点で、すでに20.315%の税金が引かれているわけです。

注意が必要なのは、株を売却した際に得た売却益です。

売却益 = 売却代金 -(株の取得費 + 手数料)で計算して求めたものが38万円を超えていると、その利益に対する税金を納めるために確定申告が必要になります。

確定申告をすると、その利益は所得とみなされますから38万円以上の利益が出てしまった場合は、扶養から外れてしまうのです。

特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば安心

では、売却益が出てしまうと夫の扶養から外れてしまうのでしょうか。

夫の扶養のままでいるには株を辞めるしかないのでしょうか。

実は、株の売却益が38万円を超えても、特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば扶養から外れなくても大丈夫なのです。

証券会社で口座を開いた時に、3つの口座が選べたのを覚えていますか。

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座

一般口座と特定口座の違いとそれぞれのメリット、デメリット

特定口座(源泉徴収あり)を選んで口座を開設しておくと、その口座で得た利益は配当金と同じように、20.315%の税金を差し引いて入金されます。

つまり、38万円を超える利益が出ても、すでに税金を納めていることになるので確定申告が不要になり、いくら高い売却益が出ても扶養から外れることがなくなるのです。

ちょっと思い出してください。

銀行の定期預金でコツコツと貯めたお金に利息がつきますよね。

極端な話、その利息が100万円だったとしても、扶養から外れてしまうと心配していましたか。

定期預金のお金を下ろす時に、すでに利息分の税金は源泉徴収されていましたので、確定申告はしなかったはずです。

それと同じことが特定口座(源泉徴収あり)で出来るのです。

特に理由がない限り、特定口座(源泉徴収あり)で取引を始めましょう

特定口座(源泉徴収あり)を選べば扶養から外れることもなく、株の利益がいくら出ても怖くないですよね。

特定口座(源泉徴収あり)を選べば、税金は証券会社が本人に代わって納めてくれますので楽チンです。

特に理由がない限り、特定口座(源泉徴収あり)で取引を始められることをオススメします。

しかし、実は特定口座(源泉徴収あり)を選ぶデメリットがあります。

それは株の利益が38万円以下でも、20.315%の税金がかかってくること。

そもそも所得が38万円以下なら基礎控除がありますので非課税のはずです。それなのに税金が引かれてしまうのです。

「株で年間38万円もの利益を出せるのはまだまだ先の話」というのなら、特定口座(源泉徴収なし)を選んでおくと、一律20.315%の税金が引かれることがありませんので、それも選択肢のひとつでしょう。

ただ、38万円以上の利益が出てしまうと、扶養から外れてしまう危険性があることだけはお忘れなく。

まとめ

扶養から外れてしまうと、夫は配偶者控除が受けられなくなり税金が高くなってしまいますが、特別口座(源泉徴収あり)を選んでおけば、株で100万円利益が出ようが、1,000万円出ようが扶養のままでいられます。

税金や扶養控除のしくみを知って賢く資産運用していきましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事