The Motley Fool

投資用語「ブル」「ベア」とは?語源や投資への活かし方を紹介

投資の世界では、専門の用語がたくさん飛びかいます。

「ブル」や「ベア」という単語も、投資を始めたばかりの方にはなじみの薄いものかもしれません。

「ブル」「ベア」はそれぞれ「上昇」「下落」という真逆の意味を持っている、対になっている単語です。

今回は「ベア」「ブル」をテーマに扱います。それぞれの語源や、投資スタンスのメリット・デメリット、具体的にどのようなシーンで利用することができるのかといった部分まで、解説していきます。

理解しておくことで、とりわけETFの投資先の選定といったシーンでも非常に参考になる考え方ですので、ぜひ今回の記事を読んで、基本を押さえておくようにしましょう。

投資におけるブル・ベアとは

投資におけるブル・ベアとは、相場の向きを表します。ブルが「上昇(強気)」、ベアが「下落(弱気)」を指します。

最初に聞いても、どちらがどちらなのかわからなくなりそうですが、語源を知れば混同することはないはずです。

それぞれが「ある動物」に由来した言葉です。

ブルの由来

ブルの由来は「牡牛」です。

牡牛が角を突き上げるような仕草から、相場が上昇している様を表す時にその象徴として用いられます。

ベアの由来

一方で、ベアの由来は「熊」です。

熊が前足を振り下ろすような仕草をすることから、下落相場を形容する単語として、「ベア」が使われています。

ブル・ベア投資はETFでも可能

ブル・ベアのそれぞれの単語の意味が分かったところで、投資にはどう活かすのか、イメージがつかないという方もいらっしゃるかもしれません。

もっともイメージがつきやすいのは、ETF投資に活かすことです。

ETFの中には「ブル」「ベア」という単語が含まれた商品が存在するのは見たことがあるのではないでしょうか?

それぞれが、ブルは上昇により利益を得ようとする商品、ベアが下落により利益を得ようとする商品です。

ブル、ベアという単語が含まれていなくても、「ブルファンド」「ベアファンド」は存在します。

また、「ダブル」「3.7ブル」などという名前が象徴するように、対象とする指数の値動きに対して、2倍、3.7倍といったようにレバレッジを利かせて投資を行うような商品も存在します。

ブル・ベア投資のメリット

ブル・ベア投資には、大きく分けて2つのメリットがあります。

1点目としては、上昇相場でも、下落相場でも利益をとることができるという点です。

上昇相場であれば、ブルファンドの購入、下落相場であれば、ベアファンドの購入という風に、それぞれを相場に応じて使い分けていくことによって、いずれの相場においても、正しい選択を取ることができれば、利益を得ることが可能です。

2点目として、レバレッジのかかったファンドを購入することによって、大きな利益をあげることも可能である点が挙げられます。

先ほど少し取り上げた、「2倍」「3倍」といったレバレッジですが、「その日の値動きの幅」に対してレバレッジがかかっています。

したがって、上昇、もしくは下落の相場が続いた時に、適切なポジションの商品を持っていることができれば、短期的に大きな利益をあげることが可能になります。

ブル・ベア投資のデメリット

一方で、ブル・ベア投資のデメリットとしては、以下2つのデメリットが上がります。

1点目は、選択を誤ることにより、どのような相場であっても大きな損失を出す可能性があります。

これはメリットを逆から言っているだけの話でもあるのですが、たとえば上昇相場において、ベアファンドを保有していれば、当然その分だけ資産価値は目減りします。

加えてそれが高いレバレッジのかかったものであった場合、上昇が続くとその損失は短期的に大きく膨らんでいきます。

2点目として、ボックス相場においてはリターンが狙いにくいという点です。

ブル・ベアとうしは上昇、下落どちらの相場でも利益を狙うことができますが、相場は上昇、もしくは下落の二択ではないということは認識しておかなければなりません。

特定の値幅の中で上下動を繰り返すレンジ相場の中では、ブル・ベアいずれのスタンスをとっていても大きな利益をあげることは難しいです。

かといって、見通しなく長期保有することも奨励はできません。

ETFには信託報酬が発生するため、値動きしないものを長期保有していると、その分だけ資産が目減りするリスクを抱えることになります。

ブル投資ができる代表的なETF

では、実際にブル投資ができる代表的なETFについていくつか見ていきます。

他にも数多くありますので、例として抑えてみてください。

1570 Next Funds 日経平均レバレッジ・インデックス連動上場投信

「日経レバレッジ指数ETF」とも呼ばれる1570 Next Funds 日経平均レバレッジ・インデックス連動上場投信は、野村アセットマネジメントが運営するETFです。

市場の中でも取引高の多い、人気の商品でもあります。

日経平均株価を指数とし、約2倍のレバレッジをかけて運用される商品です。

日経平均株価が上昇している相場において大きな利益が期待できます。

1579 シンプレクス 日経平均ブル2倍上場投信

シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社が運用するETFで、こちらも日経レバレッジ指数ETFと同様に、日経平均株価を指数とし、レバレッジ2倍を目標に運用されるファンドです。

信託報酬が比較的低く、信託財産留保額がかからないなど、手数料の面で優位性がありますが、購入に必要な資金がかかり、流動性が高くない商品です。

比較的資金に余裕がある投資家向けの商品です。

ベア投資ができる代表的ETF

続いて、ブル投資の代表的なETFについても例を挙げてみます。

1571 Next Funds 日経平均インバース・インデックス連動上場投信

先ほど出てきた、Next Funds日経平均レバレッジ・インデックス連動上場投信と名前が良く似ていますが、同じく野村アセットマネジメントの商品です。

「インバース」とは、反転の意味。

日経平均が下落した分だけ利益をあげられるよう設計された、シンプルなブルファンドの商品です。

1360 シンプレクス 日経平均ベア2倍上場投信

シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社のETFで、こちらも指数は日経平均株価です。

商品名に「2倍」と明記されている通り、日経平均の変動幅に対して2倍の変動を目指して運用されるようレバレッジのかかったベア商品です。

まとめ

投資以外のシーンで聞くことのないブル・ベア。

ブルは牡牛が角を突き上げる上昇相場。

ベアは熊が手を振り下ろす下落相場と、イメージを結びつければそれぞれを覚えるのは難しくないはずです。

この考え方をETF投資に活かす場合、上昇相場、下落相場、いずれでも対応しているETFを選択することで利益をあげることができる上、レバレッジをかけることで大きな利益も期待できます。

ただし、裏から言うと、それぞれの相場で損失を出す可能性があり、レバレッジをかけるだけ損失が拡大するリスクもあるので注意しましょう。

また、レンジ相場では信託報酬を支払っている分だけ損失リスクが高まる点も注意しなければなりません。

デメリットも理解しながら、投資の中に取り入れることによって、短期的に利益をあげたり、長期投資のリスクヘッジを行うことも可能なので、ぜひ抑えてみてください。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事