The Motley Fool

フォルクスワーゲン、欧州排出ガス規制対応で2018年の利益減少

モトリーフール米国本社、2019年3月14日投稿記事より

フォルクスワーゲンAG(ティッカー:VWAGY、以下「VW」)は、3月12日に開催された年次株主総会で、2018年第4四半期決算を発表しました。

営業利益は前年同期比4.2%減の30億5,000万ユーロ(34億5,000万ドル)となりました。

欧州での新たな排出ガス規制のため、幾つかの欧州向け主要モデルの承認が遅れたことが響きました。

2018年第4四半期決算の概要

財務指標 2018年第4四半期 2017年第4四半期 前年同期比
売上高 612億7,000万ユーロ 594億9,000万ユーロ 3%
出荷台数(千台) 2,704 2,935 -7.9%
営業利益(特別損失を除く) 38億ユーロ 38億1,000万ユーロ -0.3%
営業利益率(特別損失を除く) 6.2% 6.4% -0.2%ポイント
特別損失 7億4,900万ユーロ 6億2,700万ユーロ
純利益 278万ユーロ 392万ユーロ -29.1%
自動車部門のオペレーティング・キャッシュフロー 36億ユーロ 36億5,000万ユーロ -1.3%

出典:フォルクスワーゲンAG。すべての財務結果はユーロで表示されています。 3月12日現在、1ユーロ=約1.13ドル。「出荷台数」には、中国の自動車メーカーのVWのジョイントベンチャーによって供給された自動車が含まれます。ジョイントベンチャーの財務実績は、VWの実績に含まれません。 「自動車部門のオペレーティング・キャッシュフロー」には、VWの金融サービス部門の実績を除外しています。

VWの第4四半期決算のハイライト

・第4四半期において中国の乗用車市場全体は前年同期比で28%減少しましたが、VWの中国での合弁事業の売上は、2.2%の減少にとどまり約108万台でした。

・中国市場の減速とメキシコでの数モデルの販売終了にもかかわらず、VWブランド乗用車の世界販売は前年同期比で2.2%増でした。

・南米におけるVWグループの売上高は、17.2%増と目覚ましいものでした。なお、同市場でVWのライバル(フォードモーター等)は極めて苦戦しています。

・上述のように、VWの第4四半期決算は、EUの新しい排出ガス規制であるWLTP車両テストプロトコルの導入に圧迫されました。VWは、2019年モデル投入の遅延を余儀なくされました。

・VWの高級車子会社であるアウディとポルシェは、特に打撃を受けました。

・アウディの販売台数は6%減の約36万台でした。営業利益は9.9%減の6億5,800万ユーロでした。

・ポルシェの販売台数は約62,000台で8.8%の減少となりました。営業利益は18%減の9億1,300万ユーロでした。

アウディとポルシェは、VWグループが販売する自動車台数全体のうち、比較的少ない割合(第4四半期で14.7%)しか占めていませんが、2つの子会社は、グループ営業利益で大きな部分を占めています。

そのため、2子会社の状況は、グループ財務に大きく響きます。

電気自動車への投資を拡大

CEOのハーバート・ディエスは、VWが電気自動車への投資を拡大していると述べました。

以前の計画では、電気自動車の新モデル50種を2028年までに投入でしたが、これを約70種に拡大しました。

そして、今から2028年までに約2,200万台の電気自動車を生産する見込みです。

VWは、電気自動車の最初の2種、アウディのe-tron SUVとポルシェのTaycanスポーツセダンで約2万台の予約を既に受けています。

同社はインフラ構築も無視していません。

来年までに欧州で400以上の急速充電ステーションを稼働させるためIonityと協力しており、米国でもElectrify Americaを通じて充電ステーションに多大の投資を行っています。

増配について

CFOのフランク・ウィッターは、年間配当を普通株式で4.80ユーロ(昨年は3.90ユーロ)に、優先株で4.86ユーロ(同3.96ユーロ)に引き上げると述べました。

その結果、VWの配当性向は昨年の17.6%から20.4%に上昇します。

長期目標である30%にはまだ達していませんが、それでも堅調な伸びを示しています。

今後の見通し

VWの2019年のガイダンスは以下の通りです。

・自動車出荷台数は、2018年合計を「わずかに上回る」

・売上高は、2018年実績から「最大5%」増加

・営業利益率は6.5%から7.5%の範囲

・自動車部門の投資リターンとキャッシュフローは、2018年合計から増加


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事