MENU

最も有効な不動産投資:英国の場合

モトリーフール・英国支局、2019年2月4日投稿記事より

不動産は、長年にわたって富を生み出してきた資産です。

それは、理想的な投資対象となりうる多くの利点があります。

一つには、不動産は有形資産だということです。不動産は、あなたが見て触れることができるものです。

これは、投資家にとっては投資していることを実感できるというメリットがあります。

また、不動産はインフレに対するヘッジ手段となります。

何世紀にもわたって、地価はインフレと連動してきました。この特性により、不動産資産を保有することにより、長期にわたってインフレによる富の減少を避けることができます。

現在、不動産に関する最大の問題は、平均的な投資家にとって不動産の購入が困難なレベルまで価格が上昇しているという点です。

不動産を購入するには、投資家は一般に多額の借入を行わなければなりません。

特に都心部での物件の価格は、賃貸料の値上げをはるかに超えて上昇しているため、不動産の潜在的な利回りとキャッシュフローに影響を与えます。

幸いなことに、不動産へ投資する方法は他にもあります。不動産投資信託(以下「REIT」)への投資はあなたに不動産へのエクスポージャーを与え、あなたに安定した収入を提供します。

一番のメリットは、あなたが自分で不動産を管理する必要がないということです。

あなたはただ座っているだけで、配当を受け取ることができます。

Granite REIT(ティッカー:GRT:UN、以下「Granite」)は、いくつかの理由から注目すべき価値のあるREITです。

Graniteは、米国およびヨーロッパで多くの工業不動産を所有および運営しています。

同REITを保有することで、ほとんどの投資家が合理的に管理できない地理的な多様性を得ることができます。

そして、平均的な投資家がアクセスできない工業不動産という分野への投資を可能にします。

同REITの最大のテナントは、世界有数の自動車部品メーカーであるマグナ・インターナショナルです。

Graniteにはさまざまな特性の他のテナントが存在しますが、その事業の大部分は自動車部品会社から来ていることを認識することが重要です。

一方、Graniteがマグナ・インターナショナルとの取引をやめると、問題が発生する可能性があります。

もちろん、問題が発生する可能性はほとんどないと思われますが、投資家はその事実を念頭に置く必要があります。

Graniteの収益は安定して推移していますが、それは同REITに組み込まれているテナントが安定しているためです。

2018年第3四半期に、Graniteは前年比でほぼ5%の増収を記録しました。

そして昨年、配当利回りを2.9%増やし、現在は4.6%となっています。

同REITは何年にもわたってその配当を拡大してきており、今後さらに配当の増加を見込むことができます。

不動産価格は非常に高くなっているので、不動産自体を購入することは困難な状況にあります。

しかし、REITを購入することで、不動産市場へのエクスポージャーを得ることができます。

そして、専門家に多様なポートフォリオを実行させることができます。

Graniteのように配当が増加傾向にあるREIT購入を通じて、不動産市場に参入するのが賢明な選択だと思われます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事