The Motley Fool

配当は贈り物を与え続ける

モトリーフール ・シンガポール支局、2019年1月14日投稿記事より

配当株投資家はクリスマスの時期でなくてもプレゼントをもらい続けているかのように感じることができます。

配当株投資をすることによって、毎月がクリスマスのようになります。

しかし、どれほどの配当が手に入れられるかは、どれほど株式の選択に成功したかどうかにかかっています。

約12か月前から、幅広いセクターを調べてきました。

しかし、すべてに共通しているものが1つあります。

慎重に株式を選択していれば、良い配当を手に入れることができる可能性があります。

これらのセクターを見ていきましょう。

REIT

不動産投資信託(REIT)は、利益の少なくとも90%を分配金として支払わなければならないため、配当を支払ってくれる投資先として信頼できると見なされることが多いです。 

2018年に最高のパフォーマンスを出したのは、キャピタランド・モール・トラスト(ティッカー:C38U)とメープルツリー・コマーシャル・トラスト(ティッカー:N2IU)でした。前者は12%のトータルリターンをあげ、そのうち半分はキャピタルゲインでした。 

2018年、銀行は安定した配当を支払っていましたが、株価の上昇には苦労しました。

しかしこれは、すでに魅力的だった配当利回りがさらに魅力的になる可能性があることを意味しています。

配当株投資家は、配当金額に対してどれだけ株式購入にかかるかを調べて配当株購入を検討すべきです。

一例はDBSグループ(ティッカー:D05)です。今年、株価はほとんど変動していませんが、再投資された配当は5%のトータルリターンをもたらしています。

航空会社

多くの投資家は航空会社の株を気に入っています。

しかし、営業レバレッジが大きいことからその人気の理由を理解することは難しいです。

航空会社は利益をあげ始めることができるようになる前に、諸経費にかかった費用を回収しなければスタートラインに立てません。

条件が良好であるとき、利益をあげることができるかもしれません。

しかし、逆風が吹くと、期待外れの結果になる可能性が大きいです。

チェックした約24の航空会社のうち、3つだけが2018年にプラスのトータルリターンをもたらしました。 

ホテルも営業レバレッジが大きい可能性があります。

しかし、資産評価の上昇、つまりホテルが建っている土地の恩恵を受ける可能性もあります。

2018年に最高のパフォーマンスを誇ったホテルは、香港で象徴的なペニンシュラホテルを所有する香港上海ホテルズ(ティッカー:0045)、およびシンガポールに上場しているマンダリン・オリエンタル(ティッカー:M04)でした。 

飲食

醸造企業は、全般的には2018年にディフェンシブな質を見せました。

マレーシア証券取引所に上場しているカールスバーグ・ブルワリー・マレーシア(ティッカー:2836.KL)とハイネケン・マレーシア(ティッカー:3255)には注目すべきです。

 カールスバーグとハイネケンの2018年のトータルリターンは、それぞれ35%と9.8%でした。

これまでの1年間で、カールスバーグ・ブルワリー・マレーシアは配当を417%増やしました。

食品小売業者は2018年の大半を通じて回復してきました。

おそらく、一部の投資家が食品に安らぎを求めるようになったのは、極端な市場の不安定さからでしょう。

また、おそらく食品小売業者がディフェンシブであると考えているためかもしれません。 

どのような理由であれ、シェン・ション(ティッカー:OV8)やデイリー・ファーム・インターナショナル(ティッカー:D01)を含むシンガポールの食料品企業は、2018年に最もパフォーマンスが良い株式となりました。

シェン・ションは21%、デイリー・ファーム・インターナショナルは15%のトータルリターンをあげ、株主に報いました。 

異なる視点

2018年は投資家にとって激動の年でした。

ストレーツ・タイムス指数は、12ヵ月間で数百ポイント以上を失いました。

しかし、配当株投資家にとって、安定したインカムの流れの方が株価上昇よりも重要です。

配当株投資家であるためには特別な考え方が必要です。

株式市場が下落した時は、低い価格でより多くの配当株を購入する機会と見なさなければいけません。

つまり、配当株投資家は株式市場の他の投資家とは少し異なる考え方をしています。

ポートフォリオの価値が変動する可能性があることを知り、購入時より価格が下落する可能性だってあります。

しかし、インカムの流れが引き続き強い場合、株式の市場価格は、いずれ回復するでしょう。

 誰もが落ち着いていて、配当株投資家のように考えられる気質を持っているわけではありません。

しかし、それができれば、年中クリスマスのように感じることも可能になります。

 手に入れた配当をまたすぐに再投資することを忘れないでください。

そうすることでより楽により早く配当を増やすことができます。 


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事