The Motley Fool

ビデオゲーム・ストリーミングの勝者を目指すハイテク企業

-マイクロソフト、ソニー、アルファベット、アマゾン、アップル等が「ビデオゲームのネットフリックス」を狙っています-

モトリーフール米国本社、2019年3月10日投稿記事より

ビデオゲーム業界は、ゲームがゲームセンターから家庭に移って以降、ほぼ同じビジネスモデルに依存してきました。

熱心なゲームユーザーは、ソニー(ティッカー:SNE)のPlayStation 4やマイクロソフト(ティッカー:MSFT)のXbox Oneやゲーム対応PCを購入し、そしてゲームソフトを買ってゲームを楽しんできました。

デジタルダウンロード等の変化はありましたが、最近までゲームソフトは個別に購入されてきました。しかし、そういった日々はもはや長くないかもしれません。

ビデオゲームにおいても、初のサブスクリプション・ストリーミングサービスが既に開始されています。

映画、テレビ、そして音楽のように、ビデオゲームもサブスクリプション・ストリーミングサービスの到来により、既存のビジネスモデルが崩壊しつつあります。

一部の企業は既にビデオゲームのストリーミングサービスを開始しており、また一部の企業はまだ計画段階にあります。

まだ早期の段階ですが、大手企業の中には、ビデオゲームのサブスクリプション・ストリーミングに大きく賭けています。どの企業がトップに躍り出るのでしょうか?

早期参入とプラットフォームサービスの相乗効果

一部のテクノロジー大手企業は、現在サブスクリプション・ストリーミングサービスを計画しているところですが、先頭企業に対して既に一歩遅れています。

エヌビディア(ティッカー:NVDA)は、GeForce Nowというビデオゲーム・ストリーミング・サービスを提供しています。

このサービスは、PC、Mac、そして同社独自のゲームおよびビデオストリーミング・デバイスであるNVIDIA Shield TVで利用できるようになっています。

ゲーム機の主要企業であるマイクロソフトとソニーも、ビデオゲーム・ストリーミングに参入している。

マイクロソフトのXbox Game PassとソニーのPlayStation Nowはそれぞれのゲーム機で利用できるようになっている。

PlayStaion NowはPCでも動くようになっている。

ビデオゲーム・ストリーミング・サービスのいち早いスタートは、どれだけ重要でしょうか?

ソニーとマイクロソフトがストリーミングサービスとゲーム機において確立した接続を考えると、これは重要かもしれません。

ソニーは、累計9,160万台のPlayStation 4を販売しており、PlayStaion Nowはこのゲーム機でのみ動きます。

ハードウェアにおけるソニーの優位性は、これまでのところストリーミング・サブスクリプションにおける優位性につながっています。

調査会社SuperDataによると、PlayStation Nowは、2018年第3四半期に1億4,300万ドルの売上をあげており、他社のビデオゲーム・ストリーミング・サービスの追随を許していません。

以上を念頭に置いて、任天堂にも注目する価値があります。

Switchは、2年前のデビュー以来3,200万台以上販売されています。史上、他のどのゲーム機よりも早く売れて、累計2,000万台に達しました。

任天堂のオンライン・サブスクリプション・ストリーミングサービスには、過去のゲーム機で使われたゲームのストリーミング版を幾つか提供しています。

任天堂が、新しいゲームをサポートするビデオゲーム・ストリーミング・サービスの構築を検討している可能性があります。

様子をうかがっている他のテクノロジー大手

ゲーム機プラットフォームを持つマイクロソフト、ソニー、任天堂には、明らかな強みがあります。

そして、PCゲーム向けハードウェアを持つエヌビディアも、その一群に入っています。しかし、他のテクノロジー大手企業が手をこまねいて見ているわけではありません。

アップル(ティッカー:AAPL)は、ビデオゲーム制作およびビデオゲーム・ストリーミング・サービスに取り組んでいると言われています。

アルファベットのグーグルは、「プロジェクト・ストリーム」と呼ばれるビデオゲーム・ストリーミング・サービスを開発中です。

そしてアマゾン(ティッカー:AMZN)も、ビデオゲーム・ストリーミング・サービスを開発していると言われています。

アマゾン、アップル、グーグルは、独自のゲーム機を持っていないかもしれませんが、ビデオゲーム・ストリーミング市場を攻略する上で別の選択肢があります。

たとえば、エヌビディアと同様に、ビデオゲーム・ストリーミングを十分に楽しめるような充実したハードウェア仕様のストリーミング・デバイスを提供することが可能です。

また、ワイヤレス転送プロトコルを利用して、ビデオゲームをコンピューターからストリーミング・デバイスに移すことができます。

たとえば、アップルの場合、MacBookでビデオゲーム・ストリーミング・サービスを実行後、AirPlayを使ってビデオゲームをApple TVに送信できます。

強みを持つのはどの企業か?

クラウドコンピューティングは、長期的には、独自のゲーム機を持つマイクロソフトやソニーの強みを低下させる可能性があります。

しかし、コンピューティング能力が全てを変えるわけではありません。マイクロソフトとソニーは、既存および潜在的なストリーミングサービスのユーザーを抱えています。

これは、両社が既にゲーム機をベースとした熱心なユーザー・ベースを持っているからです。

さらに両社は、社内にゲーム開発チームを擁しているので、コンテンツ制作コストを抑えることができます(これは任天堂にも当てはまるのですが、同社の場合、これまで日本国内でのみ真剣にストリーミングに取り組んできました)。

先行スタートと上述の強みを考慮すると、マイクロソフトとソニーが、現時点においては優位に立っていると考えられます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事