MENU

「経済的な堀」って何?バフェットも注目する投資の重要なポイント

出典:Getty Images

みなさんは「経済的な堀」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「経済的な堀」とは、特定の企業がもつ、その企業の競争力の強さや、その業界への参入障壁のことを指します。この「経済的な堀」は、投資においてよく見逃されるポイントの一つです。

投資家の多くはバリュエーション(株価が割安か否か)や株価チャートに注目しがちです。

確かに、これらの指標も投資を行う際に考慮すべき点ではありますが、実はこの「経済の堀」が長期的な成長のけん引役であり、これが株価にじわじわと好影響を与えるのです。

今回はこの「経済の堀」について解説します。

コスト競争力を通したシェア拡大

すべての事業には様々なリスクが存在しますが、コスト競争力という「経済の堀」を持つ企業は、同業他社と比較してリスクが軽減される傾向があります。

業界サイクルが下落局面でも、競争力のある企業は継続的に同業より高い利益を出しつつ生き残り、長期的に成長し続けることができます。

たとえば、ある銅山を所有する会社に、ライバル企業と比較して採掘コストが安いという「経済的な堀」があるとします。

これが意味するのは、銅市況の下落局面で銅採掘業界の利ざやが減少傾向にあるとき、この会社は他社より採掘コストが安いので、より多くの利ざやを確保することができるということです。

これにより、不況期に他社が脱落する中でこの会社は生き残ることができ、結果としてシェアを拡大し続けることができるのです。

シェアが拡大できると、その分規模の経済も働きやすきやすくなり、ライバルを突き放すための投資もでき、さらにシェアを拡大する下地ができます。その結果、投資家からの評価も高くなり、長期的に株価が上昇する傾向が見られます。

ブランドや技術力による価格支配力と事業展開力

ブランドや技術力の高い企業は、そうでない企業よりも高い収益性を持ちます。

そのような会社は、他企業と同じコストで生産しても、より高い価格で売ることができるので、より高い利幅を確保することができます。

長期的にみて、このことは事業にとって多くのメリットを生み出します。

例えば既存のブランドをてこに、海外進出や別のプロダクトカテゴリに進出することができます。

ブランド自体には新たな投資は必要ではないので、海外展開や事業の横展開でフリーキャッシュを増やし続けることができ、結果増配を続けやすくなります。そして、長期的には株価が上昇することが期待できるのです。

「経済的な堀」を持つ企業の特徴

みなさんもうお気づきかもしれませんが、このようにコスト競争力を持つ企業、ブランドや技術力を持ち価格支配力を持つ企業は、みなさんもご存知のような名だたる大企業に絞られてきます。

米国の企業で言えば、アップルやディズニーなどがその代表でしょうか。日本の企業ですと、ユニクロのファーストリテイリングなどがそれに該当するでしょう。

「経済的な堀」を持つ企業はまさに、深い堀を持つ城のように競合他社からの侵略を受けることもなく、安定的に業績を伸ばすことができます。

まとめ

コスト競争力やブランドといった経済の堀をもつ企業は、シェアの拡大や事業領域の拡大が他社よりも行いやすく、長期的には他社よりも高いキャッシュを創出でき、株価を引き上げる確度が高くなります。

好不況と言った経済サイクルを通して投資する長期投資家は、こういった経済的な堀をもつ企業の株を保有することをお勧めします。ここに確信を持てれば、短期の株価の上げ下げに右往左往しなくてすみます。

かの著名投資家のウォーレン・バフェット氏もこのような「経済の堀」を持つ企業を優先的に選定しています。長期的に大きく利益を伸ばしたいのであれば、こういった銘柄もポートフォリオの一部に加えて見てはいかがでしょうか。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事